記述二元論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

記述二元論(きじゅつにげんろん、: Predicate Dualism)とは、物事の記述の仕方が二通り以上あって、かつそれらが互いに還元不可能な場合がある、という考え[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]