同一説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

同一説(どういつせつ、: Identity theory)は、心身問題に関する立場の一つで、心の状態や思考プロセスとは、脳の状態やプロセスそのもののことだ、という考え方のこと(英語圏では一般に "Mind is Brain" といった形で、be動詞を強調することによって同一説の持つ考えを提示する)。心脳同一説とも呼ばれる。心の哲学という分野において、物理主義(物的一元論)の一種として、二元論一般と対立する文脈で語られる。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

日本語のオープンアクセス文献

  • 米沢克夫「科学的唯物論と意識:心脳同一説の検討」『科学基礎論研究』第12巻第2号、科学基礎論学会、1975年、 71-78頁、 doi:10.4288/kisoron1954.12.71ISSN 0022-7668NAID 130001433632
  • 鈴木登「クリプキの同一説批判」『哲学』第1984巻第34号、日本哲学会、1984年、 173-183頁、 doi:10.11439/philosophy1952.1984.173ISSN 0387-3358NAID 130003661145
  • 田所重紀「「空脳論」序説 : 新しいタイプ同一説の試み」『哲学・科学史論叢』第17号、東京大学教養学部哲学・科学史部会、2015年1月、 17-39頁、 doi:10.15083/00035844ISSN 13446185NAID 120005539363

外部リンク[編集]