テトラドラクマ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テトラドラクマ
Tetradrachm NHK Mile Cup 2018.jpg
NHKマイルカップ 2018.5.6
欧字表記 Tetradrachm[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2015年2月16日(4歳)
ルーラーシップ
リビングプルーフ
母の父 ファルブラヴ
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 吉田勝己
調教師 小西一男美浦
競走成績
生涯成績 10戦2勝
獲得賞金 4508万1000円
(2019年6月23日現在)
 
勝ち鞍
GIII クイーンカップ 2018年
テンプレートを表示

テトラドラクマ(Tetradrachm[1])は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2018年クイーンカップ(GIII)。馬名の意味は「古代ギリシャの銀貨の名称。母名からの連想」[2]

戦績[編集]

デビュー前[編集]

2015年2月16日、北海道安平町ノーザンファームで誕生。共有馬主システム「社台グループオーナーズ」から「リビングプルーフの15」として総額1,400万円(1口140万円×10口)で募集され[2]、過去にショウナンパンドラなどを育成したノーザンファーム空港牧場のC-6厩舎で育成された[3]

2歳(2017年)[編集]

美浦小西一男厩舎に入厩。7月22日に福島競馬場の新馬戦(芝1200)でデビュー。1番人気に支持されるが、出遅れが響き9着に敗れた。距離をマイルに伸ばした未勝利戦では最後にプリモシーンに競り落とされて2着となったが、3着馬には5馬身の差をつけた[4]。3戦目は単勝1.3倍の断然人気に推され、2着に5馬身差をつける圧勝で初勝利を挙げた。勝ち時計も1分33秒9と高水準だった[5]

3歳(2018年)[編集]

フェアリーステークス(GIII)では未勝利戦で敗れたプリモシーンを抑えて1番人気に推されたが、最初のコーナーで他馬と接触し、ペースが落ち着いたところで捲くられるなど流れに乗れず、6着に敗れた[6]。次戦のクイーンカップ(GIII)では積極的に先手を奪い、後続の追撃を封じて重賞初制覇を飾った。1000m通過57秒8という速いペースで押し切る強い競馬、小西師も「普通ならバテるペースでしょう」と舌を巻いた。しかし、レース後に疲れが出たため、桜花賞(GI)は回避することになった[7]

NHKマイルカップ(GI)は牡馬相手ながら3番人気に推される。しかし、前走のような粘りは発揮できず、14着に沈んだ[8]。約半年間の休養を経てオーロカップ(OP)で復帰したが、11着だった[9]

4歳(2019年)[編集]

東京新聞杯から始動したが、直線で失速して12着に終わった。休養を挟み、谷川岳ステークスで復帰して5着。次走のパラダイスステークスでは2番人気に推されたが13着と大敗を喫した[9]

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.comの情報[9]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2017.07.22 福島 2歳新馬 芝1200m(良) 16 1 2 004.60(1人) 09着 R1:12.6(36.0) -1.6 0内田博幸 54 ラインギャラント 468
0000.10.09 東京 2歳未勝利 芝1600m(良) 13 6 9 018.20(6人) 02着 R1:34.2(34.0) -0.0 0石橋脩 54 プリモシーン 468
0000.11.19 東京 2歳未勝利 芝1600m(良) 18 6 12 001.30(1人) 01着 R1:33.9(34.6) -0.8 0戸崎圭太 54 (ジョブックコメン) 468
2018.01.07 中山 フェアリーS GIII 芝1600m(良) 16 8 16 003.60(1人) 06着 R1.35.1(35.2) -0.5 0石橋脩 54 プリモシーン 468
0000.02.12 東京 クイーンC GIII 芝1600m(良) 16 3 6 005.60(3人) 01着 R1:33.7(35.9) -0.1 0田辺裕信 54 (フィニフティ) 462
0000.05.06 東京 NHKマイルC GI 芝1600m(良) 18 2 3 007.50(3人) 14着 R1:33.9(35.9) -1.5 0田辺裕信 55 ケイアイノーテック 458
0000.11.11 東京 オーロC OP 芝1400m(良) 16 3 6 006.00(4人) 06着 R1:20.7(33.8) -0.5 0石川裕紀人 53 ロワアブソリュー 476
2018.02.03 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 15 2 3 029.90(7人) 12着 R1:32.7(34.9) -0.8 0田辺裕信 54 インディチャンプ 476
0000.05.05 新潟 谷川岳S L 芝1600m(良) 16 4 7 009.00(3人) 05着 R1.32.5(33.2) -0.2 0丸山元気 54 ハーレムライン 474
0000.06.23 東京 パラダイスS L 芝1400m(稍) 13 1 1 006.40(2人) 10着 R1.22.0(34.1) -0.7 0津村明秀 54 ショウナンライズ 466
  • 競走成績は2019年6月23日現在

血統表[編集]

テトラドラクマ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 キングマンボ系
[§ 2]

ルーラーシップ
2007 鹿毛
父の父
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
父の母
エアグルーヴ
1993 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール *ノーザンテースト
シャダイフェザー

リビングプルーフ
2007 鹿毛
*ファルブラヴ
Falbrav
1998 鹿毛
Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Gift of the Night Slewpy
Little Nana
母の母
プルーフオブラヴ
2000 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ページプルーフ Seattle Slew
*バーブスボールド
母系(F-No.) 17号族(FN:17-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Seattle Slew5×4=9.38%、Northern Dancer5×4=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ テトラドラクマ 5代血統表 2018年5月4日閲覧
  2. ^ テトラドラクマ 5代血統表 2018年5月4日閲覧
  3. ^ テトラドラクマ 5代血統表 2018年5月4日閲覧
  4. ^ テトラドラクマ 5代血統表 2018年5月4日閲覧

出典[編集]

  1. ^ a b テトラドラクマ JBISサーチ
  2. ^ a b Shadai Group Owners 社台グループオーナーズ 2018年5月4日閲覧
  3. ^ クイーンC G3 | 重賞ウイナーレポート 競走馬のふるさと案内所 2018年5月4日閲覧
  4. ^ 2歳未勝利|2017年10月09日 netkeiba.com 2018年5月4日閲覧
  5. ^ 【東京2歳未勝利】1番人気のテトラドラクマが5馬身差圧勝 戸崎「レースセンスがある」 スポーツ報知 2017年11月19日付 2018年5月4日閲覧
  6. ^ 【フェアリーS】1番人気テトラドラクマはリズム崩して6着 石橋「きつい競馬になってしまった」 スポーツ報知 2018年1月7日付 2018年5月4日閲覧
  7. ^ 【NHKマイルC】テトラドラクマ、休養効果抜群!史上6頭目の牝馬V狙う スポーツ報知 2018年5月2日付
  8. ^ 【NHKマイルC】逃げたテトラドラクマ、直線失速で14着 田辺「GIは甘くない」 スポーツ報知 2018年5月6日閲覧 2018年5月8日閲覧
  9. ^ a b c テトラドラクマ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年5月4日閲覧。
  10. ^ リビングプルーフの15 社台グループオーナーズ 2018年5月4日閲覧(PDF)

外部リンク[編集]