ダラス・バイヤーズクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダラス・バイヤーズクラブ
Dallas Buyers Club
Dallas Buyers Club logo.png
監督 ジャン=マルク・ヴァレ
脚本 クレイグ・ボーテン
メリッサ・ウォーラック
製作 ロビー・ブレナー英語版
レイチェル・ウィンター
製作総指揮 デヴィッド・L・ブシェル
ニコラス・シャルティエ
カシアン・エルウィズ
ゼヴ・フォアマン
ローガン・レヴィ
ジョー・ニューカム
Tony Notargiacomo
ネイサン・ロス
ホリー・ウィーアズマ
出演者 マシュー・マコノヒー
ジェニファー・ガーナー
ジャレッド・レト
撮影 イヴ・ベランジェ
編集 ジャン=マルク・ヴァレ
マーティン・ペンサ
製作会社 Truth Entertainment
Voltage Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ[1]
日本の旗 ファインフィルムズ
公開 カナダの旗 2013年9月TIFF
アメリカ合衆国の旗 2013年11月1日
日本の旗 2014年2月22日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000
興行収入 $27,298,285アメリカ合衆国の旗
$55,198,285世界の旗[2]
テンプレートを表示

ダラス・バイヤーズクラブ』(Dallas Buyers Club)は、ジャン=マルク・ヴァレ監督、マシュー・マコノヒージャレッド・レトジェニファー・ガーナースティーヴ・ザーン出演による2013年アメリカ合衆国ドラマ映画英語版である。1992年に『ダラス・モーニングニュース』の記事で取り上げられたロン・ウッドルーフ英語版の実話が基となっている[3]

あらすじ[編集]

1985年ダラス、電気技師でロデオ・カウボーイのロン・ウッドルーフは「エイズで余命30日」と宣告される。当時まだエイズは「ゲイ特有の病気」だと一般的には思い込まれており、無類の女好きであるロンは診断結果を信じようとしなかったが、詳しく調べるうち、異性との性交渉でも感染することを知る。しかし友人や同僚たちに疎んじられ、居場所を失ってゆく。

治療薬のAZTは、当時臨床試験が開始されたばかりだった。AZTの存在を知ったロンは主治医のイヴ・サックスに処方してくれと迫るが、イヴは藁にもすがりたい患者の思いを知りつつも、「安全性が確認されていない薬を処方することはできない」と突っぱねる。その治験に協力していたのが、トランスジェンダーのレイヨンだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作過程[編集]

主要撮影は2012年半ばにルイジアナ州ニューオーリンズで始まった[5]

2012年11月、本作が映画デビューとなる[4]ブラッドフォード・コックス英語版が、ジャレッド・レトの恋人役を務めることが発表された。

A profile picture of a middle-aged man with green eyes and light beard.
ジャレッド・レトはトランスジェンダーのレイヨンを演じた。

役作りのためにレトは30ポンド、マコノヒーは38ポンド減量した[6][7]

配給[編集]

マーケティング[編集]

1本目の予告編は2013年8月27日に公開された[8]

公開[編集]

プレミア上映は2013年9月に第38回トロント国際映画祭で行われた[9]

アメリカ合衆国では2013年11月1日より劇場公開が始まった[10]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは228件のレビューで支持率は93%となっている[11]Metacriticでは38件のレビューで加重平均値は84/100となっている[12]

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
ハリウッド映画賞英語版[13][14] 男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
ブレイクスルー男優賞 ジャレッド・レト 受賞
ゴッサム賞 男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
ミルバレー映画祭英語版 スポットライト賞 マシュー・マコノヒー 受賞
ローマ映画祭 作品賞 ノミネート
主演男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
サン・セバスティアン国際映画祭[14] セバスティアン賞英語版 ジャン=マルク・ヴァレ 受賞
第29回インディペンデント・スピリット賞 主演男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第79回ニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第2回ボストン・オンライン映画批評家協会賞 助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第39回ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第7回デトロイト映画批評家協会賞 主演男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第11回アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞 助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第10回セントルイス映画批評家協会賞 主演男優賞 マシュー・マコノヒー 次点
助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第2回ノースカロライナ映画批評家協会賞 主演男優賞 マシュー・マコノヒー ノミネート
助演男優賞 ジャレッド・レト ノミネート
第71回ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) マシュー・マコノヒー 受賞
助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
第20回全米映画俳優組合賞 主演男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
キャスト賞 ノミネート
第86回アカデミー賞 主演男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞
メイク・ヘアスタイリング賞 アドルシア・リー / ロビン・マシューズ 受賞
脚本賞 クレイグ・ボーテン / メリッサ・ウォーラック ノミネート
編集賞 ジョン・マック・マクマーフィー / マーティン・ペンサ ノミネート
作品賞 ノミネート
第10回おおさかシネマフェスティバル[15][16] 主演男優賞 マシュー・マコノヒー 受賞
助演男優賞 ジャレッド・レト 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ "Focus Features Acquires HIV/AIDS Drama ‘Dallas Buyers Club’ Starring Matthew McConaughey." Deadline.com (April 22, 2013).
  2. ^ Dallas Buyers Club”. Box Office Mojo. 2013年11月4日閲覧。
  3. ^ http://www.buyersclubdallas.com
  4. ^ a b Pelly, Jenn (2012年11月27日). “Bradford Cox to Play Jared Leto's Lover in New Movie”. Pitchfork Media. 2012年11月27日閲覧。
  5. ^ Kit, Borys (2012年11月6日). “Jared Leto Returning to Acting with 'Dallas Buyer's Club'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/jared-leto-returning-acting-dallas-386911 2012年11月27日閲覧。 
  6. ^ 'My organs shrank!' Jared Leto admits he 'didn't eat' to lose 30lbs for The Dallas Buyers Club as he shows off healthier frame”. Daily Mail (2013年3月14日). 2013年4月16日閲覧。
  7. ^ Ellwood, Gregory (2012年11月14日). “Matthew McConaughey reveals how he lost 38 pounds and ponders a 'Magic Mike' sequel”. 2013年4月16日閲覧。
  8. ^ http://www.nme.com/filmandtv/news/first-trailer-for-dallas-buyers-club-starring-matthew/318229
  9. ^ Nelson Mandela biopic to have world premiere at Toronto”. BBC News. 2013年7月24日閲覧。
  10. ^ http://www.comingsoon.net/films.php?id=45705
  11. ^ Dallas Buyers Club (2013)”. Rotten Tomatoes. 2013年11月11日閲覧。
  12. ^ Dallas Buyers Club (2013)”. Metacritic. 2013年11月11日閲覧。
  13. ^ Herndon, Jessica (2013年10月22日). “17th Annual Hollywood Film Awards Honor Julia Roberts, Matthew McConaughey, Sandra Bullock”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2013/10/22/17th-annual-hollywood-film-awards-julia-roberts-sandra-bullock_n_4142933.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+thr%2Fhuffingtonpost+%28The+Hollywood+Reporter+-+Huffington+Post+Entertainment+Inbound%29 2013年10月22日閲覧。 
  14. ^ a b “Dallas Buyers Club — Awards”. http://www.imdb.com/title/tt0790636/awards?ref_=tt_awd 
  15. ^ “「そこのみにて光輝く」6部門制す おおさかシネフェス”. 大阪日日新聞. (2015年1月31日). オリジナル2015年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150203093835/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150131/20150131035.html 2015年2月4日閲覧。 
  16. ^ 第10回おおさかシネマフェスティバル受賞者決定!!”. おおさかシネマフェスティバル実行委員会. 2015年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]