ダニエル・アレヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダニエル・アレヴィDaniel Halévy1872年12月12日 - 1962年2月4日)は、フランスパリ出身の歴史家評論家

ユダヤ人作家、歴史家のリュドヴィク・アレヴィフランス語版[1]哲学者、歴史家のエリ・アレヴィフランス語版、友人にマルセル・プルーストアンリ・バルビュスがいる。

生涯[編集]

1872年12月12日、フランスのパリにリュドヴィクの息子として生まれる。ダニエルの両親はプロテスタントで、ダニエルもプロテスタントとして育つ。その後、リセ・コンドルセフランス語版に進学し、プルーストやバルビュスらと同人誌『饗宴』(1892-1893)を創刊した。なお、ダニエルはフランス国立東洋言語文化研究所に進学した。

1894年に起きたドレフュス事件に関しては冤罪事件の容疑にかけられた同国の軍人アルフレッド・ドレフュス派に属した[2]1900年、ドレフュス事件を機に詩人・劇作家のシャルル・ペギーにより創刊された雑誌『半月手帖フランス語版』に協力し[2]、『われわれの過去のための弁明』(Apologie pour notre passé, 1910)を発表した。

また、カイエ・ヴェール叢書の編集者として、作家や批評家に大きな影響力を持ち[1]、そのサロンにアンドレ・マルローなど多くの若い文学者を集めた。1962年2月4日、パリで亡くなる。

作品[編集]

ダニエルは当時の政治、労働、農民問題に関心を持った。なお作品は下記の参考文献に邦題があったもののみとする。

脚注[編集]

  1. ^ a b 桜井成夫. “アレビー(Daniel Halévy)”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク). 2019年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 万有百科大事典 1973, p. 31.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]