フランス国立東洋言語文化研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランス国立東洋言語文化学院 2015

フランス国立東洋言語文化学院フランス語: Institut national des langues et civilisations orientales、略称: INALCO)はフランスパリにある研究機関、高等教育機関であり、国立東洋言語文化大学と訳されることもある。西ヨーロッパ起源以外(アフリカアジア東ヨーロッパオセアニア)の言語と文明についての研究および教育を行っている。1971年に現在の名称となった。略称のINALCO は、「イナルコ」のように読む。 Langues O' ([lɑ̃ɡ.z‿o])「ラング・ゾー」とも呼称される[1]

概要[編集]

フランスの教育法では、大学とは別の特別高等教育機関フランス語版英語版(ランデタブリッスマン)の一つであるが、フランスで最も名門とされるグランゼコールには全く含まれず、グランゼコールのような超難関の個別入学試験も一切なく、バカロレアを取得したものであれば誰でも入学が可能である。位置付けは大学と全く同等である。

大学」に和訳されるが、文字通り、「イナルコ」の「イ」とは「アンシティテュー」(Institut)の略字で、「学院」の意味がある。 要するに、イナルコというのはフランスの法律上では大学(ユーニヴェルシテー Université)ではない。中世のキリスト教会によって設立されたソルボンヌなどの大学と違って、イナルコは近世のフランス絶対王政の高等教育機関として設立されたのである。ルイ14世(在位1643-1715)親政下の財務総監のジャン=バティスト・コルベール (Colbert) が重商主義政策を推進すると、「東洋」市場の開拓と東洋の国家との交流を発展させるため、イナルコの前身であった「王立若手言語学校」(École des jeunes de langues)が設立された(1669年)。トルコ語アラビア語の翻訳・通訳できる人材の育成がその使命であった。

フランス革命が起こると、また別の同類の教育機関の東洋言語特別学校(École spéciale des langues orientales)が設立された(1795年)。 1873年にその二つの学校が合併した。 1914年に、国立東洋言語学校(École nationale des langues orientales)になった。 1971年に、東洋言語文化学院(Institut national des langues et civilisations orientales)になり、1984年まではパリ第3大学(新ソルボンヌ大学)に所属し日本語中国語など言語によってはパリ大学の学生は INALCOで学ぶことになっていた。ディプロム(卒業証書、Diplôme)などもパリ第3大学の印が使われた。

1984年から完全に独立し、グランデタブリッスマンとして公認されている。

従来、本部はパリ6区に立地しキャンパスごとに分散していたが、2011年パリ13区Pôle des Langues et Civilisations du Monde(〈世界の言語と文化〉拠点地区)にBULACフランス語版(大学間共同利用言語・文化図書館)[2]などとともに集約され移転した[1]

日本では明治大学立教大学早稲田大学などと国際交流協定を結んでいる。

研究部門[編集]

  • アフリカ研究
  • ネイティブアメリカンの言語と文明研究
  • アラビア研究
  • 南アジア研究
  • 東南アジア研究
  • 中央ヨーロッパ・東ヨーロッパ研究
  • 中国研究
  • ユーラシア研究
  • 日本の言語と文明研究
  • ユダヤの言語と文明研究
  • ロシア研究

脚注・参照[編集]

  1. ^ a b INALCO 日本学科への 日本人交換留学生の受け入れ態勢について
  2. ^ CA1822 - 大学間共同利用言語・文化図書館(BULAC)-欧州随一の言語・文化図書館- / Clotilde Monteiro | カレントアウェアネス・ポータル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]