ダイヤモンドプリンセス (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイヤモンドプリンセス
D princess234.jpg
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 2004-2014 バミューダ諸島の旗 バミューダ諸島 ハミルトン
2014-現在 イギリスの旗 イギリス ロンドン
所有者 P&O
運用者 プリンセス・クルーズ
建造所 三菱重工業長崎造船所
姉妹船 サファイアプリンセス
建造費 5億米ドル
航行区域 日本、アジア
船級 ロイド船級協会[1]
信号符字 2HFZ7
IMO番号 9228198
MMSI番号 235103359
経歴
竣工 2004年2月26日[1]
就航 2004年3月13日
現況 就航中
要目
総トン数 115,875 トン
全長 約290 m[1]
全幅 37.50 m[1]
高さ 54 m(水面上)[1]
喫水 8.05 m[1]
デッキ数 18
機関方式 統合電気推進
主機関 ディーゼル
バルチラ 9L46C(9,450 kW[1]) 2基
バルチラ 8L46C(8,400 kW[1]) 2基
ガスタービン
LM2500+ (25,000 kW[1]) 1基
推進器 電動ポッド推進器(20,000 kW) 2基[1]
航海速力 22ノット
旅客定員 2,706名
乗組員 1,238名
テンプレートを表示

ダイヤモンドプリンセス(Diamond Princess)とはイギリスP&O社が所有し、アメリカに本拠地を置くカーニバル・コーポレーションCarnival Corporation & PLC)の傘下、プリンセス・クルーズに所属している外航クルーズ客船。主に夏季はアジア、冬季はオーストラリアでクルーズを開始。

概要[編集]

日本国内で建造された中ではアイーダ・プリマとアイーダ・ペルラに次いで、最大クラスの客船。1337室のうち72%の960室はいわゆる「オーシャンビュー」とし、56%の748室には専用バルコニーを具備し、バリアフリーに配慮した客室が29室ある[1]レストランは乗客の好みに応じるため7つ、24時間営業のものもある[2]

環境規制の厳しいアラスカ水域での運航に配慮した排気・排水対策のため、ガスタービンの採用や最新鋭の排水処理システムを採用している[3]

2014年に日本マーケット向けに大規模なリノベーションを行い、展望浴場や寿司バーなどが新設された。また、船籍をバミューダから英国(ロンドン)へと変更した。2017年のドライドックにて、船体前方部にプリンセスのロゴマークであるシーウィッチが追加塗装された。

2014年4月~10月は日本に配船され、20本の横浜発着クルーズを行った。その後2015年以降主に4月から10月にかけて日本発着クルーズを毎年行い、2019年からは2月からの開始に延長される予定。

2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行の際に、神奈川県横浜市の大黒ふ頭に寄港。感染者が乗船している可能性が高く、事態を憂慮した日本国政府は即座に各国と連携。乗船者の自国への帰国を提案した。

これに対し、アメリカ政府からは、早期の下船あるいは帰国を促すよりも、船内に留まることが感染拡大を防ぐための最善の方法であるとの提案を受けた。日本国防衛大臣の2020年2月8日付のツイートから、その提案を受け入れたことが明らかとなっている。また、国立感染症研究所の報告書[4]によると、船内感染は横浜寄港前から始まっていたことが判明しており、プリンセス・クルーズ社の初動対応に問題があった可能性が指摘されている。

その後、各国政府は日本の対応を高く評価し、公式に謝意を表明した。

コンテンツ[編集]

デッキ名 設備
1 - 3 - 非公開
4 ガラ・デッキ 医務室
5 プラザ・デッキ 客室、ランドリー、アートギャラリー、ライブラリー、ツアーデスク、リピーターデスク、アトリウム[5]、インターネットコーナー、クルーズデスク、カフェ、バー、メインダイニング×2
6 フィエスタ・デッキ シアター(1F)[5]、シガーラウンジ、客室、チャペル、バー×2、カジノ[5]、フロント、ショップ×2、メインダイニング[5]×3
7 プロムナード・デッキ シアター(2F)[5]、バー×4、ショップ×3、ラウンジ、フォトショップ、寿司レストラン、イタリアンレストラン
8 エメラルド・デッキ 客室、ランドリー
9 ドルフィン・デッキ 客室、ランドリー
10 カリブ・デッキ 客室、ランドリー
11 バハ・デッキ 客室、ランドリー
12 アロハ・デッキ 客室、ランドリー、プール(屋外)
14 リド・デッキ 操舵室、客室、バー×3、ピザスタンド、ハンバーガースタンド、プール(屋内・屋外)、ジャグジー(屋内・屋外)、アイスクリームスタンド、ビュッフェレストラン、ステーキハウス
15 サン・デッキ フィットネスセンター、エアロビクススタジオ、スパ、プール、美容室、サウナ、バー、屋外スクリーン、ソラリウム、卓球、子供向け施設、展望大浴場
16 スポーツ・デッキ サンクチュアリ(野外リラクゼーションスペース)、フォトスタジオ、ミニゴルフ、シャッフルボード、デッキチェス、バー、ジャグジー
17/18 スカイ・デッキ スポーツコート(バスケットボール、パドルテニス)、ディスコ、バー

※デッキ13は欠番

出来事[編集]

建造中の火災事故[編集]

2002年10月1日、午後5時50分頃、長崎市飽の浦町の三菱重工業長崎造船所内にて造船所2180番船として艤装工事中のダイヤモンドプリンセスが火災を起こした。出火時に船内では約1000名の従業員が作業をしていたが全員すぐに避難して怪我人などは出なかった。稲佐消防署の発表では出火場所は船体中央部付近で全14デッキ(甲板)のうちの下から5番目のデッキ付近から出火したと見られている。施主であるP&Oに対する納入期限が2003年7月に迫っていたため、同時に建造していた2番船(造船所2181番船・サファイアプリンセス)を急遽、新「ダイヤモンドプリンセス」として改修し[6]、2004年2月に(ダイヤモンドプリンセスとしては)7ヶ月遅れながらも納入にこぎつけた。なお炎上した造船所2180番船は造船所の香焼工場に移されて焼損部分を完全に撤去し、新サファイアプリンセスとして改修され2004年5月にデビューを果たしている。

2020年新型コロナウイルス[編集]

2020年1月20日に横浜を出発するクルーズに参加し、1月25日に香港で下船した乗客が2019新型コロナウイルスに感染していることが判明した[7]。当初2月4日横浜帰港の予定であったが、日程を早めて3日に横浜に戻り、2月4日に横浜港沖にて273名に再検疫を行い、結果の出た31名中の10名に陽性反応があると判明、病院に収容された[8]。2月5日の早朝まで船内での行動は制限されておらず、またショーなどのイベントも通常通り開催していた[9]。2月5日早朝以降、症状が発生していない乗員・乗客合わせて約3,700人は14日間、船内で待機することとなった[10]

乗客のうち330人のアメリカ人については、当初は日本政府が早期下船と帰国を提案したもののアメリカ政府が船内に留めることを要請し、2020年2月15日になってアメリカ政府が帰国方針に変えたことが明らかになっている[11]

乗客は基本的に船室待機で、2月6日より7階や15階のデッキ左舷側に1時間ほど交代で出られるようになった。[要出典]2月9日、運航会社プリンセス・クルーズは全乗客の旅行代金等を払い戻し、無料とするコメントを発表した[12]

WHOはダイヤモンドプリンセス船内で発生した感染者について、日本国内で発生した感染者として計上していない。日本政府もWHOの方針に沿って日本国内で発生した感染者として計上していない[13]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]