カーニバル・コーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーニバル・コーポレーション & PLC
企業形態 株式会社 (NYSECCL,LSECCL, NYSECUK)
業種 娯楽
設立 1972
本社 カーニバル Corp.: 法人組織:パナマ、本社:アメリカ合衆国マイアミ
イギリスロンドン
主要人物 ミッキー・アリソン, 会長 & CEO
Howard S. Frank, 副会長 & COO
売上高 16,389 百万ドル(2016)
営業利益 3,071 百万ドル(2016)
2,779 百万ドル (2016)
ウェブサイト www.carnivalcorp.com
テンプレートを表示

カーニバル(Carnival Corporation./Carnival plc)は世界最大のクルーズ客船の運航会社。

概要[編集]

10のクルーズブランドを抱える。業績不振に陥った会社を次々に傘下に収め、現在の地位を築く。 カーニバル社は2007年、ウィンドスターをアンバサダーインターナショナルクルーズグループに、スワン ヘレニックをロード スターリング社に売却した。

同社は二元上場会社マイアミロンドンに本社を置く。

主な船舶[編集]

傘下の企業・ブランド[編集]

傘下のクルーズブランド[編集]

かつて傘下であったクルーズブランド[編集]

  • ウィンドスター クルーズ
  • シーバーン クルーズ ライン
  • スワン ヘレニック
  • オーシャン ヴィレッジ

かつて傘下であった企業[編集]

  • カーニバル航空

不法投棄問題[編集]

2017年、アメリカの裁判所から廃油を含む汚水を不法投棄した行為で4,000万ドルの罰金執行猶予5年)命じられたが、執行猶予中にも関わらずバハマ海などでゴミの不法投棄を継続。2019年、裁判所から改めて不法投棄や環境破壊に対して2000万ドルの罰金に加え、査察の受け入れを要求。今後、会社側は環境面でのコンプライアンスの遵守や、使い捨てプラスチックの使用量の削減を行う。これら条件を破った場合、1日あたり100万ドルから1000万ドルの追加の罰金が科される。裁判官は、会社が今後も態度を改めない場合は、カーニバルのクルーズ船をアメリカの港から締め出すと宣告した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 海にゴミを捨てまくる「豪華クルーズ船」企業の呆れた実態”. Forbes japan (2019年6月15日). 2019年7月20日閲覧。
  2. ^ クルーズ船大手カーニバル、海上にプラスチック廃棄物を不法投棄。22億円罰金”. sustainablejapan (2019年6月18日). 2019年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]