カーニバルクルーズライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Carnival Cruise Lines
企業形態 子会社
業種 旅行
設立 1972 (テッド・アリソンによって)
本社 アメリカ合衆国フロリダ州
主要人物 Gerry Cahill, President & CEO
Jim Berra, Executive VP of Marketing
John Heald, Senior Cruise Director & Brand Ambassador
Ruben Rodriguez, SVP of Marketing
製品 クルーズ
売上高 増加 US$10.9 billion (FY 2011)
営業利益 増加 US$2.3 billion (FY 2011)
増加 US$1.9 billion (FY 2011)
資産総額 増加 US$35 billion (FY 2011)
純資産額 増加 US$13.4 billion (FY 2011)
従業員数 3,900 - 陸上[1]
33,500 - 海上[1]
親会社 カーニバル・コーポレーション
ウェブサイト www.carnival.com
注釈/脚注
年間乗客数、収益、保有船舶数において世界最大のクルーズ会社[1]
カーニバル・クルーズ・ラインのハウスフラッグ
テンプレートを表示

カーニバルクルーズライン(Carnival Cruise Lines、CCL)はアメリカマイアミに本拠を置くクルーズ会社。カリブ海を拠点に大衆向けのクルーズを行う会社で、カーニバルグループの中核企業である。

概要[編集]

カーニバルクルーズといえば豪華客船クルーズの代名詞ともいえる存在である。「ファンシップ」(Funship)という言葉(楽しい船)を商標登録しているように、お祭りムードを最大限に押し出しているのが特徴で、富裕層ではなく若年層のカップルやファミリーを客層にしている。エンターテイメント大国のアメリカを代表するクルーズ会社なので安価ではあるがサービスも素晴らしく良く、食事もおいしい。

3泊4日、4泊5日など短めのショートクルーズ、一般的な7泊8日の設定もある。

運航海域はカリブ海を中心に、アメリカ東海岸(ニューヨークカナダ)、西海岸(サンディエゴメキシコ)、ハワイ、地中海などがある。

船隊[編集]

2010年現在、カーニバル・ドリーム級、カーニバル・コンクェスト級、カーニバル・デスティニー級、カーニバル・スピリット級、ファンタジー級から成り、引き続きカーニバル・ドリーム級を建造中である。 ファンタジー級より小型で古い1980年代建造のホリデー級、トロピカールや、更に古い中古改造船はすでに他船社へ移籍・売却される等して淘汰された。

白い船体に赤と青に塗り分けられた T字型の煙突が特徴で、一目で同社の船だとわかる。近年のクルーズ専用船は「船体にティッシュボックスを載せたような形状」と形容されるが、同社の船隊は特にその特徴が際だっている。船としての性能特に荒天時の凌波性には問題があるが、同じ排水量で有償スペースを最大化できる設計のため収益力は極めて高い。

世界初の10万トン客船を就航させたり、世界で初めて客船にアジポッドを使用したりと革新的なアイデアを採用している会社であるが、RCIが仕掛けている大型化競争には付き合わず、デスティニー級、スピリット級等の大量配備に努めている。同社の設計を傘下のコスタ・クルーズホランド・アメリカ・ラインでも踏襲することで建造コストを引き下げることに成功している。

ホリデー(他船社へ移籍)では本物のバスを船内に入れて、バス停周辺の情景を再現していたが、それ以降の船でもホリデーほどではないが、船にテーマを設け、それに則った内装を施しているのが特徴である。

コンセプトは、いわば洋上のラスベガスであり、乗船料金の安さをカジノを筆頭とする船内施設からの収益で補うビジネスモデルを採っている。

どの船もガラスや原色を多用したインテリアで、プールサイドに設けられたウォータースライダーもブランドをイメージつけるアイテムである。

客室のカテゴリーは少ないが、スタンダードでも18m2とクルーズ業界では最大級の広さを誇っている。

2020年8月に就航する18万トンクラスのマルディグラは世界初の船上にジェットコースターを搭載する船となり注目を浴びている。

船舶[編集]

カーニバル・XLクラス[編集]

就航年 重量 母港 造船所 Flag 長さ 高さ 速度 乗客 クルー Notes 写真
マルディグラ 2020

180,500 GT

ポートカナベル Meyer Turk パナマの旗 パナマ 344m 42m 23ノット 6338人 1745人 ジェットコースターを搭載している。
TBA 2022

185,000 GT

マイアミ Meyer Turk パナマの旗 パナマ
(Option) TBD

185,000 GT

TBD[2] Meyer Turk パナマの旗 パナマ


カーニバル・ヴィスタクラス[編集]

13万3500グロス総トン

  • カーニバル・ヴィスタ(Carnival Vista)(2016年竣工)
  • カーニバル・ホライズン(Carnival Horizon) (2018年竣工)
  • カーニバル・パノラマ(Carnival Panorama)(2019年就航)

カーニバル・ドリームクラス[編集]

12万8251総トン

カーニバル・コンクェストクラス[編集]

11万0239総トン

  • カーニバル・コンクェスト(Carnival Conquest)(2002年竣工)
  • カーニバル・グローリー(Carnival Glory)(2003年竣工)
  • カーニバル・ヴァラー(Carnival Valor)(2004年竣工)
  • カーニバル・リバティ(Carnival Liberty)(2005年竣工)
  • カーニバル・フリーダム(Carnival Freedom)(2007年竣工)
  • カーニバル・スプレンダー(Carnival Splendor)(2008年竣工)

カーニバル・デスティニークラス[編集]

10万1353総トン

カーニバル・スピリットクラス[編集]

8万5920総トン

  • カーニバル・スピリット(Carnival Spirit)(2001年竣工)
  • カーニバル・プライド(Carnival Pride)(2001年竣工)
  • カーニバル・レジェンド(Carnival Legend)(2002年竣工)
  • カーニバル・ミラクル(Carnival Miracle)(2004年竣工)

ファンタジー級クラス[編集]

7万0367総トン

  • カーニバル・ファンタジー(Carnival Fantasy)(1990年竣工)
  • カーニバル・エクスタシー(Carnival Ecstasy)(1991年竣工)
  • カーニバル・センセーション(Carnival Sensation)(1993年竣工)
  • カーニバル・ファシネーション(Carnival Fascination)(1994年竣工)
  • カーニバル・イマジネーション(Carnival Imagination)(1995年竣工)
  • カーニバル・インスピレーション(Carnival Inspiration)(1996年竣工)
  • カーニバル・イレーション(Carnival Elation)(1998年竣工)
  • カーニバル・パラダイス(Carnival Paradise)(1998年竣工)

退役船[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Carnival Cruise Lines Fact Sheet. Carnival Cruise Lines. Retrieved 31 May 2010
  2. ^ Carnival to Expand Terminal F at PortMiami to Accommodate 2022 Newbuild” (英語). www.cruiseindustrynews.com (2019年9月19日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク[編集]