タイワンヒノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイワンヒノキ
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 VU.svg
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: ヒノキ科 Cupressaceae
: ヒノキ属 Chamaecyparis
: ヒノキ C. obtusa
変種 : タイワンヒノキ var. formosana
学名
Chamaecyparis obtusa Sieb. & Zucc. var. formosana (Hayata) Hayata
和名
タイワンヒノキ(台湾檜)

タイワンヒノキ(台湾檜、学名Chamaecyparis obtusa var. formosana)は、ヒノキ科の常緑針葉樹。中国語では「台灣扁柏」と称する。

分布[編集]

台湾北回帰線以北の海抜約1,300〜2,800mの高山地帯。比較的海抜の低いところではタイワンベニヒノキとの混交林となり、高いところでは単独林をなすことが多い。

利用[編集]

木材として利用される。日本のヒノキより高級、寺社建築で広く利用される。心材は黄褐色である。綺麗な木目のあるものが化粧材として利用される。

地理上、近くに有した琉球王国でも建築材として用いられており、首里城に用いられた多くの柱の中にはタイワンヒノキなどが使用されている[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]