スキン・ダイアモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スキン・ダイアモンド
Skin Diamond
2012年
2012年
プロフィール
別名 Raylin Joy
Skin
生年月日 1987年2月18日
現年齢 35歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ベンチュラ
瞳の色 ブラウン
毛髪の色 ブルネット
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 165 cm / 50 kg
BMI 18.4(低体重)
スリーサイズ 81 - 64 - 89 cm
ブラのサイズ Bカップ(米国サイズ)
単位系換算
身長 / 体重 5 6 / 110 lb
スリーサイズ 32 - 25 - 35 in
活動
出演期間 2009-2019年
テンプレート | カテゴリ

スキン・ダイアモンドSkin Diamond1987年2月18日 - )は、アメリカ合衆国の元ポルノ女優[2]

ポルノ映画界で人気を博したが、シンガーソングライターや一般作品への出演、モデルなどに興味が移り、アダルト産業から引退してレイリン・ジョイRaylin Joy)の名で活動している[3]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ベンチュラで生まれる[4]。両親が宣教師として移り住んだスコットランドダンファームリンで育った。父親はエチオピア系、母親はデンマーク、チェコ、ユーゴスラビア、ドイツの血をひいている[5][6]

経歴[編集]

GodsGirls(カリフォルニアを拠点とするソフトコアポルノサイト)の代替モデルとしてデビューを果した後、ヨーロッパ及びアメリカの写真家に向けた美術モデルフェティッシュ・モデルに手を広げた。個性的なルックスは、多くの写真家から注目を集めた[7]

2009年、ビザール英語版誌初の「Cover Girl Search」コンテストで優勝し、同誌の表紙を飾った[8]。その後、ロンドンを拠点とするモデルエージェンシー、ガール・マネジメントと契約を結んだ。2009年にはポルノ映画業界にも参入し、ジョアンナ・エンジェルのバーニング・エンジェル・スタジオの作品で、初めてエンジェルとレズビアンシーンを、ジェームズ・ディーン英語版と男女のセックスシーンを演じ、アナルセックスシーンも経験した[4]

2011年、i-Dマガジンの「露出症特集 312号」のキャンペーンでルイ・ヴィトンアメリカンアパレルを着て、撮影のためのポーズをとった[9][10][11]

2012年、コミックアーティストのデイヴィッド・W・マック英語版によるマーベル・コミックのミニシリーズ『Daredevil: End of Days』に登場する「エコー英語版」のモデルとなった[12]

ダイアモンドは2013年の楽曲及びミュージック・ビデオ「Sexin a Slaughter House」で、初めて音楽業界に進出した[13]。曲はブラザーズ(Brazzers)のシーンの一部として書かれたものであった。

2014年、アメリカのヒップホップアーティストB.o.Bプリシラ・ルネア英語版をフィーチャーした自身の曲「John Doe」のミュージック・ビデオに、アリー・ヘイズと共に主演した。

2014年7月、ペントハウス誌のペントハウス・ペットに選ばれた[14][15]。同年デヴィアント・エンターテインメント社の『Skin Diamond's Dollhouse』で監督デビューを果した[14]。2015年、ペントハウス・ペット・オブ・ザ・イヤーの選考では準優勝に留まった[16]

2016年、BDSMテーマを探求するShowtimeのテレビミニシリーズ[2]、『Submission』にディラン・クイン役でキャスティングされた後[17]、一般映像作品への出演と歌に全ての時間を注ぎ込むために最後のポルノ映画出演を果した[2]。最初のシングルとミュージック・ビデオ「ファイア」("Fire" - ベン・コールのプロデュース)を本名「レイリン・ジョイ」でリリースし、音楽プロジェクトを立ち上げたのもこの時期である。2019年、ペントハウス誌のためにデクライスト・スタジオで一時的に撮影に応じた[18][19]

2020年4月、ダイアモンドと他の11人の現役/元ポルノ女優がジー・イージーの曲「Still Be Friends」のミュージック・ビデオに出演した[20]

パーソナル[編集]

へそに2ヵ所、右の鼻孔に1ヵ所のピアスを開けている[21]。片側を剃毛した独特のヘアスタイルで有名であるため、雑誌COSMOPOLITANの「Beauty Showdown」のコラムで紹介された[22]。ポルノ映画界にデビューした当時は、髪をピンク色に染めていた。バイセクシュアルである[4]

主な出演作[編集]

官能映像[編集]

  • 2016年: Submission (テレビシリーズ) : Dylan (レイリン・ジョイ名義)

ポルノ映画[編集]

  • 2009年: Joanna Angel and James Deen's European Vacation
  • 2010年: Cvrbongirl
  • 2011年: Lesbian Slumber Party
  • 2011年: Only Pussy Please
  • 2012年: Belladonna's Fucking Girls 7
  • 2012年: Women Seeking Women 89
  • 2012年: Dani
  • 2012年: Interracial Lesbian Romance
  • 2012年: Girls Kissing Girls 9
  • 2012年: Girls Kissing Girls 11
  • 2013年: Deep Pussy
  • 2013年: Lesbian Anal POV 3
  • 2013年: I Am Kirsten Price
  • 2014年: Dani Daniels: Girl Perversions
  • 2014年: Belladonna: Fetish Fanatic 15
  • 2015年: 065 Angela White X Skin Diamond
  • 2015年: Anal Paradise
  • 2016年: Bonnie Rotten Loves Bitches
  • 2016年: Dani is a Lesbian
  • 2017年: Mothers and Daughters
  • 2017年: Pussy Grabbers
  • 2018年: Horny and All Alone 3
  • 2018年: Vivid's Strap-On Sluts (compilation)

受賞とノミネーション[編集]

結果 部門 作品
2012 AVNアワード ノミネート Best New Starlet[23] N/A
ノミネート Best Oral Sex Scene (アサ・アキラと)[23] Orgasmic Oralists
ノミネート Best POV Sex Scene (ジョアンナ・エンジェルジェームズ・ディーン英語版と)[23] POV Punx 4
ノミネート Best Three-Way Sex Scene (G/B/B) (ミスター・ピート英語版、マーク・ウッドと)[23] Shut Up and Fuck
ノミネート Best Three-Way Sex Scene (G/G/B) (リリー・カーター、クリス・ストロークスと)[23] Slut Puppies 5
アーバンXアワード 受賞 Female Performer of the Year[24] N/A
ノミネート Orgasmic Oralist[25] N/A
ノミネート Best 3 Way Sex Scene (ベラ・モレッティミスター・マーカスと)[25] Hitch Hikers 2
ノミネート Best Anal Sex Scene (レイラニ・リーン、マイク・アドリアーノと)[25] Black Anal Addiction
ノミネート Best Couple Sex Scene (ショーン・マイケルズと)[25] Black Diamonds
ノミネート Best Couple Sex Scene (レキシントン・スティールと)[25] Porn's Top Black Models 3
XBIZアワード ノミネート New Starlet of the Year[26] N/A
2013 AVNアワード ノミネート Best All-Girl Group Sex Scene (ボニー・ロッテン英語版、アスフィキシア・ノアールと)[27] Meet Bonnie
ノミネート Best All-Girl Group Sex Scene (エイドリアナ・ルナ、セレステ・スターと)[27] Mind Fuck
ノミネート Best Anal Sex Scene (ナチョ・ビダルと)[27] Nacho Vidal: The Sexual Messiah
ノミネート Best Girl/Girl Sex Scene (リリー・カーターと)[27] Interracial Lesbian Romance
ノミネート Best Group Sex Scene (ミカ・タンスペイン語版ブルックリン・リーミスティ・ストーン
ジェームズ・ディーン、デーン・クロス、アレックス・ゴンツと)
[27]
Official The Hangover Parody
ノミネート Best Three-Way Sex Scene (G/G/B) (ジョアンナ・エンジェルラモン・ノマー)[27] Joanna Angel: Filthy Whore
ノミネート Female Performer of the Year[27] N/A
XBIZアワード ノミネート Female Performer of the Year[28] N/A
受賞 Best Supporting Actress[29] Revenge of the Petites
XRCOアワード ノミネート Female Performer of the Year[30] N/A
ノミネート Orgasmic Analist[30] N/A
2014 AVNアワード ノミネート Female Performer of the Year[31] N/A
ノミネート Best Boy/Girl Sex Scene (プリンス・ヤシュア英語版と)[31] Deep Pussy
ノミネート Best Girl/Girl Sex Scene (クレイオ・ヴァレンティエン英語版と)[31] The Walking Dead
ノミネート Best Group Sex Scene (サラ・シーヴォンアイデン・スタースペイン語版デイナ・デアーモンド
ヴェルカ・ジェームズ、ジェームズ・ディーン、ジョン・ジョン、ミスター・ピート、トミー・ピストルと)
[31]
Orgy University
ノミネート Best Group Sex Scene (ビリー・グライド、ジョン・ストロング、マーク・ウッド、トミー・ピストル、
ウィル・パワーズと)
[31]
Skin Diamond: No Limits
ノミネート Best Anal Sex Scene (L.T.と)[31] Skin
受賞 Best Double Penetration Sex Scene (マルコ・バンデラス、プリンス・ヤシュアと)[32]
受賞 Best Oral Sex Scene[32]
XBIZアワード ノミネート Best Scene – Non-Feature Release (マルコ・バンデラス、プリンス・ヤシュアと)[33]
ノミネート Female Performer of the Year[33] N/A
XRCOアワード ノミネート Female Performer of the Year[34] N/A
ノミネート Superslut[34] N/A
ノミネート Orgasmic Oralist[34] N/A
ノミネート Orgasmic Analist[34] N/A
2015 AVNアワード ノミネート Best All-Girl Group Sex Scene (アレクシス・テキサスアサ・アキラダニ・ダニエルズと)[35] Alexis & Asa
ノミネート Best Anal Sex Scene (ロッコ・シフレディと)[35] Rocco's Coming in America
ノミネート Best Double Penetration Sex Scene (ジェームズ・ディーン、ミスター・ピートと)[35] Performers of the Year 2014
ノミネート Best Supporting Actress[35] The Doctor Whore Porn Parody
ノミネート Best Three-Way Sex Scene (G/G/B) (マディ・オライリー
エリック・エヴァーハード英語版と)
[35]
Maddy O'Reilly Is Slutwoman
ノミネート Performer of the Year[35] N/A
ノミネート Mainstream Star of the Year[35] N/A
ノミネート Most Outrageous Sex Scene (ライアン・マディソンと)[35] Dark Perversions 3
ノミネート Most Outrageous Sex Scene (ロキシー・レイスペイン語版ストーヤリー・レクシススペイン語版
ウルフ・ハドソンポーランド語版ロッコ・シフレディと)
[35]
Voracious: Season 2 Volume 4
XBIZアワード ノミネート Female Performer of the Year[36] N/A
ノミネート Best Actress—Feature Movie[36] Killers
ノミネート Best Scene – Feature Movie (ザンダー・コルヴァスと)[36]
ノミネート Best Scene – All-Girl (エミリー・アディソンスペイン語版と)[36]
ノミネート Best Scene – Couples-Themed Release (ニック・マニング英語版と)[36] White Witch
XRCOアワード ノミネート Orgasmic Analist[37] N/A
ノミネート Mainstream Adult Media Favorite[37] N/A

脚注[編集]

  1. ^ Skin Diamond - インターネット・アダルト・フィルム・データベース(英語)2020年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c Saul, Heather (2016年12月10日). “Conversations with porn stars: My life after leaving the industry”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/people/conversations-with-porn-stars-life-after-leaving-the-industry-a7464161.html 2020年10月10日閲覧。 
  3. ^ Pia Glenn (2016年8月29日). “How Raylin Joy went from Porn Actress to Singer without denying her past”. xoJane. 2017年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  4. ^ a b c Chris Thorne. “Skin Diamond Interview”. XCritic. 2020年10月10日閲覧。
  5. ^ https://twitter.com/skin_diamond/status/254055241136340992” (英語). Twitter. 2020年10月10日閲覧。
  6. ^ https://twitter.com/skin_diamond/status/4151793669” (英語). Twitter. 2020年10月10日閲覧。
  7. ^ GodsGirl Skin”. GodsGirls.com. 2020年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  8. ^ “Sexy alternative model Skins Bizarre Magazine shoot”. Bizarre. (October 29, 2009). https://www.youtube.com/watch?v=pywoGfyb454/ 2017年2月7日閲覧。. 
  9. ^ Jesse Capps (2012年3月28日). “Exclusive Interview: Skin Diamond”. Rock Confidential. オリジナルの2012年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121225104730/http://www.rockconfidential.com/inside/interviews/exclusive-interview-skin-diamond/ 2020年10月10日閲覧。 
  10. ^ Paul Tamburro (2012年5月4日). “Talkin' Sex With Skin Diamond”. CraveOnline. オリジナルの2016年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161031201057/http://www.craveonline.com/site/188017-talkin-sex-with-skin-diamond 2020年10月10日閲覧。 
  11. ^ Jessica P. Ogilvie (2013年3月26日). “10 Porn Stars Who Could Be the Next Jenna Jameson”. LA Weekly. http://blogs.laweekly.com/arts/2013/03/porn_stars_young_san_fernando_valley.php?page=8 2020年10月10日閲覧。 
  12. ^ Rich Johnston. “Posing For David Mack”. Bleeding Cool. http://www.bleedingcool.com/2012/12/15/posing-for-david-mack/ 2020年10月10日閲覧。 
  13. ^ Skin Diamond – Sex In a Slaughter House”. YouTube. 2020年10月10日閲覧。
  14. ^ a b Peter Warren (2014-06-30). “Skin Diamond Makes Directorial Debut for Deviant”. AVN. http://business.avn.com/articles/video/Skin-Diamond-Makes-Directorial-Debut-for-Deviant-565408.html 2020年10月10日閲覧。. 
  15. ^ Skin Diamond: Penthouse Pet of the Month July 2014”. penthousegold.com. 2020年10月10日閲覧。
  16. ^ TRPWL-Sean (2015年4月13日). “Penthouse magazine names Skin Diamond as Penthouse Pet of the Year runner-up”. 2020年10月10日閲覧。
  17. ^ Raylin Joy talks about how she got into the porn industry + transitioning to music”. Sway Calloway (2016年6月27日). 2020年10月10日閲覧。
  18. ^ Raylin Joy – Fire”. YouTube (2015年5月23日). 2020年10月10日閲覧。
  19. ^ Natasha Sydor (2016年6月). “Skin Diamond is Raylin Joy”. Filthy.com. 2020年10月10日閲覧。
  20. ^ G-Eazy - Still Be Friends (Official Video) ft. Tory Lanez, Tyga
  21. ^ Skin Diamond profile”. Model Mayhem. 2020年10月10日閲覧。
  22. ^ "Beauty Showdown", COSMOPOLITAN, US Issue, N.6, June 2012, p.102
  23. ^ a b c d e AVN AWARDS 2012 – NOMINATIONS”. 2020年10月10日閲覧。
  24. ^ “Urban X Awards Announces 2012 Winners”. AVN. (2012年7月22日). http://business.avn.com/articles/video/Urban-X-Awards-Announces-2012-Winners-482109.html 2020年10月10日閲覧。 
  25. ^ a b c d e “2012 Urban X Awards Nominations”. オリジナルの2013年4月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130428232721/http://www.urbanxawards.com/awards/index.php?option=com_content&view=article&id=13:complete-nominees-list-including-movies-and-talent&catid=1:awards 2020年10月10日閲覧。 
  26. ^ “2012 Nominees”. オリジナルの2012年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120131025101/http://xbizawards.xbiz.com/nominees.php 2020年10月10日閲覧。 
  27. ^ a b c d e f g 2013 AVN Awards Nominees”. AVN Awards. 2013年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  28. ^ Dan C (2012年11月18日). “2013 XBIZ AWARDS – XBIZ Award Nominees Announced”. die-screaming.com. 2020年10月10日閲覧。
  29. ^ Dan Miller (2013年1月12日). “2013 XBIZ Award Winners Announced”. XBIZ. http://www.xbiz.com/news/158425 2020年10月10日閲覧。 
  30. ^ a b XRCO Announces 2013 Nominations 28th Annual XRCO Awards”. AIPdaily.com (2013年2月15日). 2018年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  31. ^ a b c d e f 2014 AVN Award Nominees (NSFW)”. cltampa.com (2013年12月3日). 2020年10月10日閲覧。
  32. ^ a b AVN – AVN Announces the Winners of the 2014 AVN Awards”. Business.avn.com (2014年1月21日). 2020年10月10日閲覧。
  33. ^ a b 2014 XBIZ Award Nominees Announced”. die-screaming.com (2013年11月20日). 2020年10月10日閲覧。
  34. ^ a b c d Bob Johnson (2014年2月20日). “XRCO Awards Nominations Announced”. XBIZ. 2020年10月10日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i 2015 AVN Award Nominees”. avn.com. AVN. 2014年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  36. ^ a b c d e Gray, Lila (2014年11月12日). “XBIZ Announces Movies & Production Nominees for 2015 XBIZ Awards - XBIZ.com”. XBIZ. Adnet Media. 2020年10月10日閲覧。
  37. ^ a b Dan Miller (2015年3月3日). “2015 XRCO Award Nominees Announced”. XBIZ. 2020年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]