ダニ・ダニエルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニ・ダニエルズ
Dani Daniels
2016年、AVNエキスポにて
2016年、AVNエキスポにて
プロフィール
生年月日 1989年9月23日
現年齢 31歳
出身地 カリフォルニア州オレンジ郡
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 170 cm / 55 kg
BMI 19(普通体重)
スリーサイズ 86 - 61 - 91 cm
ブラのサイズ D(米国サイズ)
活動
デビュー 2011年
出演期間 2011-2016年
その他の記録
ペントハウス2012年1月号のペントハウス・ペット
テンプレート | カテゴリ

ダニ・ダニエルズDani Daniels1989年9月23日 - )は、アメリカ合衆国のポルノ女優、ポルノ映画監督[1]ストリッパー、ビジュアルアーティスト[2][3]

生い立ち[編集]

出生名キラ・リー・オーサグ(Kira Lee Orsag)として[2]カリフォルニア州オレンジ郡で生まれる[4]。チェコ、イングランド、ドイツ系の血をひいている[1]。2人の母親に育てられ[5]、約2年間美術学校に通っていたが中退した[6]

経歴[編集]

ポルノ業界に入る以前には美術学校の借金を返済するためストリップクラブで働いていた[6][7]。彼女の芸名は、元ボーイフレンドへの復讐として彼の名に由来している[6][8]。2011年1月にポルノ業界入りし、エージェンシーのOCモデリングと契約した[9]。デビュー作はリアリティ・キングス英語版スタジオの作品であった[8]。当初はレズビアンものにしか出演していなかったが、男性との共演作も増えていった[10]。初の男性との4回に及ぶセックスシーンは、エレガント・エンジェル英語版の映画『Dani Daniels: Dare』で撮られた[10]。またエレガント・エンジェルは、あらゆるシーンにダニエルズが登場する『Dani』というレズビアン映画を制作した[11]。『Dani』は2013年AVNアワードの「Best All-Girl Release」を受賞した[12]。フィリー・フィルム、ペントハウス・スタジオ、ブラザーズ英語版、リアリティ・キングスなどのプロダクションで監督も務めている[13][14]

2011年7月、Twistysのトリート・オブ・ザ・マンスに[15]、2012年1月にはペントハウス・ペット・オブ・ザ・マンス[4]、2014年3月にはエレガント・エンジェルのガール・オブ・ザ・マンスに選出された[16]。同月、ブラザーズは彼女を『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のポルノ版パロディーである5部構成のシリーズ『ホア(娼婦)・オブ・ウォールストリート』の主役にキャスティングした[17]

2014年に出演した『Dani Daniels Deeper』が[18]、2015年にAVNアワードの「Best Interracial Release」と[19]XBIZアワードの「Interracial Release of the Year」を受賞した[20]。2015年、彼女はDoc Johnsonと協力して一連の大人のおもちゃを作成し、2016年のAVN Fan Award for Most Amazing SexToyを受賞しました。2015年、ドック・ジョンソン英語版と協力して大人のおもちゃのシリーズを制作し[21]、2016年のAVNファン・アワードの「Most Amazing Sex Toy」を受賞した[22]

2014年[23]と2015年[24]CNBCの「The Dirty Dozen: Porn's Most Popular Stars」(最も人気のあるポルノスター12人)に掲載された。2018年7月、インドケーララ州を移動するバスの側面に、ダニエルズ他数人の有名ポルノスターの画像が描かれた[25][26]画像は大学のツーリングの後押しを目的としたマーケティングキャンペーンの一環であった[25]

トーク番組とポッドキャスト[編集]

2018年後半、ダニエルズはAmazonプライム・ビデオで自身の新しいトーク番組『Dinner With Dani』を公開した[27]。番組には同僚のアダルト業界のスターやその他のゲストが出演した。注目すべきゲストとしては、アサ・アキラアレクシス・テキサスクリスティ・マック英語版ジュリア・アンローレン・フィリップス英語版ジョニー・シンズ英語版ミア・マルコヴァリッチ・ボス英語版クーリオギルバート・ゴットフリードなどがいる[28]。番組は2019年3月に最初のシーズンを締めくくった。

2019年8月、夫のヴィクター・チッポラとともに、ポッドキャストで週に1度のセックストーク番組『The Two Onions』の司会を開始した[29]

私生活[編集]

2017年にテレビプロデューサーのヴィクター・チッポラと結婚[2]。彼女はブロガーで画家でもあり[3]、「キラ・リー」の名前でアートワークを作成し[21]点描の技法を用いている[6]。2016年1月より航空学校に通う[3]。彼女はバイセクシャルを自認しているが、主に自身をレズビアンのアダルトモデルと見なしている[10]

詐欺師がダニエルズの写真を悪用し、ソーシャルメディアのアカウントになりすまして、ファンをだまし続けてきた。2018年、ある男性がダニエルズが1,785ドルを彼から騙し取ったと主張し、小額裁判所英語版に訴状を提出した。ダニエルズは、申立人が彼女と対話するために事件を調停に持ち込もうとしたと主張して反訴した。男性は後に訴訟を取り下げた[2]

出演作の一部[編集]

  • 2011年: Seduced By A Real Lesbian 11
  • 2011年: Inari Loves Girls
  • 2011年: Dani Daniels' The Yoga Instructor
  • 2012年: Women Seeking Women 79
  • 2012年: We Live Together.com 23
  • 2012年: Tomb Raider XXX
  • 2012年: Molly's Life 16
  • 2012年: Meow! 2
  • 2012年: Me and My Girlfriend 1
  • 2012年: Me and My Girlfriend 2 avec Bree Daniels
  • 2012年: Lesbian Seductions - Older/Younger 39
  • 2012年: Lesbian Adventures: Wet Panties Trib 3
  • 2012年: Lesbian Adventures: Strap-On Specialists 4
  • 2012年: Lesbian Adventures: Older Women Younger Girls 2
  • 2012年: Dani Daniels' Fantasy Girls
  • 2012年: Dani Daniels: Dare
  • 2012年: Dani avec Georgia Jones
  • 2012年: All Natural: Glamour Solos 2
  • 2013年: We Live Together.com 25
  • 2013年: We Live Together.com 27
  • 2013年: We Live Together.com 28
  • 2013年: Top Bottoms
  • 2013年: Skin Tight
  • 2013年: Sexxxploitation: Dani Daniels
  • 2013年: Secretary's Day 6
  • 2013年: OMG... It's the Dirty Dancing XXX Parody
  • 2013年: Molly's Life 20
  • 2013年: Me and My Girlfriend 4
  • 2013年: Me and My Girlfriend 5
  • 2013年: Harry Sparks' The Vampire Mistress
  • 2013年: Girls Kissing Girls 13
  • 2013年: Dani Loves Girls
  • 2013年: Chance Encounters
  • 2013年: Alexis and Asa
  • 2014年: Whore Of Wall Street
  • 2014年: We Live Together.com 31
  • 2014年: We Live Together.com 32
  • 2014年: We Live Together.com 34
  • 2014年: Seduction 4
  • 2014年: Manuel Ferrara's Reverse Gangbang 2
  • 2014年: Lesbian Adventures: Strap-On Specialists 07
  • 2014年: King James
  • 2014年: Girls Kissing Girls 16
  • 2014年: Dani Daniels: Girl Perversions
  • 2014年: Dani Daniels Deeper
  • 2014年: Crave
  • 2014年: Baron's Whores
  • 2014年: Anikka 2
  • 2015年: I Like Girls
  • 2015年: We Live Together 36
  • 2015年: True Erotica
  • 2015年: Sisterhood
  • 2015年: Orgy Masters 7
  • 2015年: Bree Daniels Experience
  • 2015年: Chanel Movie One
  • 2015年: Let's Play Doctor 1
  • 2015年: Women Seeking Women 116
  • 2015年: Women Seeking Women 118
  • 2015年: We Live Together 37
  • 2015年: We Live Together 39
  • 2015年: We Live Together 41
  • 2015年: We Live Together 42
  • 2016年: Women Seeking Women 125
  • 2016年: We Live Together 43
  • 2016年: Dani Is A Lesbian
  • 2016年: Women Seeking Women 131
  • 2016年: Women Seeking Women 132
  • 2017年: Dani Daniels' Lesbian Chats
  • 2017年: Girls Only
  • 2017年: Hot Art With Dani Daniels
  • 2017年: Lick It Good 3
  • 2017年: Sweet Taste of Pussy
  • 2018年: Dani Loves Pussy
  • 2018年: Making Her Drip (II)

受賞とノミネーション[編集]

AVNアワード
結果 部門 作品 脚注
2013 ノミネート Best All-Girl Group Sex Scene (シャネル・プレストングレイシー・グラムと) Tomb Raider XXX:
  An Exquisite Films Parody
[30]
2013 ノミネート Best New Starlet N/A [30]
2013 ノミネート Best Solo Sex Scene All Natural Glamour Solos 2 [30]
2013 ノミネート Best Tease Performance Dani Daniels: Dare [30]
2013 ノミネート Best Three-Way Sex Scene (B/B/G) (ミック・ブルー英語版ジェームズ・ディーン英語版と) Dani Daniels: Dare [30]
2013 ノミネート Best Three-Way Sex Scene (G/G/B) (カーリー・モンタナスペイン語版マニュエル・フェラーラと) Dani Daniels: Dare [30]
2013 ノミネート Best Boy/Girl Sex Scene (エリック・エヴァーハード英語版と) Dani Daniels: Dare [30]
2013 受賞 Best Girl/Girl Sex Scene (シン・セージと) Dani Daniels: Dare [12][30]
2014 ノミネート Best Boy/Girl Sex Scene (ジェームズ・ディーンと) Skin Tight [31]
2014 ノミネート Best Solo Sex Scene SeXXXploitation of Dani Daniels [31]
2014 ノミネート Best Tease Performance Top Bottoms [31]
2014 ノミネート Best Three-Way Sex Scene – G/G/B (エイプリル・オニール、エリック・エヴァーハードと) Chance Encounters [31]
2014 ノミネート Female Performer of the Year N/A [31]
2015 ノミネート Best All-Girl Group Sex Scene (アレクシス・テキサスアサ・アキラスキン・ダイアモンドと) Alexis & Asa [32]
2015 受賞 Best All-Girl Group Sex Scene (アニッカ・オーブレット、カーリー・モンタナと) Anikka 2 [19][32]
2015 受賞 Best Solo/Tease Performance (アニッカ・オーブレット、カーリー・モンタナと) Anikka 2 [19]
2015 ノミネート Best Girl/Girl Sex Scene (カプリ・キャヴァンニスペイン語版と) The Whore of Wall Street [32]
2015 ノミネート Best Group Sex Scene (ジェームズ・ディーン、ヴェルーカ・ジェームズスペイン語版、カーリー・モンタナ、
マディ・オライリーペニー・パックス英語版と)
King James [32]
2015 ノミネート Best Group Sex Scene (with Carter Cruiseキャンディス・デアスペイン語版エイドラ・フォックススペイン語版
ジェリアン・ジェンソンマニュエル・フェラーラと)
Manuel Ferrara's Reverse Gangbang 2 [32]
2015 ノミネート Best Three-Way Sex Scene – B/B/G (ラモン・ノマートニ・リバース英語版と) Seduction 4 [32]
2015 受賞 Best Three-Way Sex Scene – G/G/B (アニッカ・オーブレットロブ・パイパースペイン語版と) Dani Daniels Deeper [19][32]
2015 ノミネート Female Performer of the Year N/A [32]
2015 受賞 Social Media Star (Fan Award) N/A [19]
2016 ノミネート Best Actress Sisterhood [33]
2016 ノミネート Best All-Girl Group Sex Scene (シャネル・プレストンダリア・スカイスペイン語版と) Chanel Movie One [33]
2016 ノミネート Best All-Girl Group Sex Scene (アニッカ・オーブレットレクシー・ベルメルセデス・カレラスペイン語版
マディ・オライリー、アッシュ・ハリウッドアナ・フォックスケイシャ・グレイ英語版
ライアン・ライアンズスペイン語版と)
Sisterhood [33]
2016 ノミネート Best Boy/Girl Sex Scene (ラモン・ノマーと) True Erotica [33]
2016 ノミネート Best Group Sex Scene (with アドリアナ・チェチック、エイドラ・フォックス、カーリー・グレイスペイン語版
ペータ・ジェンセンスペイン語版、ジェームズ・ディーン、エリック・エヴァーハード、ミック・ブルーと)
Orgy Masters 7 [33]
2016 ノミネート Best Sex Scene in a Foreign-Shot Production (ティファニー・ドールスペイン語版、マイク・アンジェロ、
ビリー・キング、ヤニック・シャフト英語版と)
The Baron's Whores [33]
2016 ノミネート Female Performer of the Year N/A [33]
XBIZアワード
結果 部門 作品 脚注
2013 ノミネート Best New Starlet N/A [34]
2014 ノミネート Girl/Girl Performer of the Year N/A [35]
2014 ノミネート Best Actress – Parody Release OMG...It's the Dirty Dancing XXX Parody [35]
2014 受賞 Best Actress – All-Girl Release The Vampire Mistress [35][36]
2014 ノミネート Best Scene – All-Girl (リリー・ラボー、フェイス・リー・センツと) The Vampire Mistress [35]
2014 ノミネート Best Scene – Vignette Release (トニ・リバースと) Secretary's Day 6 [35]
2014 ノミネート Best Scene – Couples-Themed Release (エイプリル・オニール、エリック・エヴァーハードと) Chance Encounters [35]
2015 ノミネート Female Performer of the Year N/A [37]
2015 ノミネート Best Actress – Parody Release The Whore of Wall Street [37]
2015 ノミネート Best Scene – Parody Release (カプリ・キャヴァンニ、ケイラン・リー英語版と) The Whore of Wall Street [37]
2015 ノミネート Best Scene – Couples-Themed Release (ザンダー・コルヴァスと) Crave [37]
2016 受賞 Female Performer of the Year N/A [38]
2016 受賞 Best Sex Scene – Vignette Release (ルナ・スタースペイン語版ジョニー・シンズ英語版と) Let's Play Doctor [38]
2017 受賞 XBIZ Award for Crossover Star of the Year N/A [39]
XRCOアワード
結果 部門 作品 脚注
2015 ノミネート Female Performer of the Year N/A [40]
2015 ノミネート Orgasmic Oralist N/A [40]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Dani Daniels - インターネット・アダルト・フィルム・データベース(英語)
  2. ^ a b c d Hitt, Tarpley (2018年9月14日). “The Curious Case of the Porn Star Catfishers Use to Scam People Online”. The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/the-curious-case-of-the-porn-star-catfishers-use-to-scam-people-online 2020年10月18日閲覧。 
  3. ^ a b c Alejandro Freixes (2016年1月29日). “Q&A: XBIZ Female Performer of the Year Dani Daniels Dominates Adult”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  4. ^ a b America's Porn Paradise”. OC Weekly (2013年2月14日). 2017年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  5. ^ 14 things you didn't know about artist turned porn star Dani Daniels”. The Daily Dot (2017年9月10日). 2020年10月18日閲覧。
  6. ^ a b c d Paulie K (2015年3月2日). “FLYING HIGH WITH DANI DANIELS”. Xtreme. 2016年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  7. ^ Apache Warrior. “Dani Daniels interview”. XCritic. 2020年10月18日閲覧。
  8. ^ a b Captain Jack (2013年12月24日). “Captain Jack interviews Dani Daniels”. Adult DVD Talk. 2020年10月18日閲覧。
  9. ^ Peter (2011年5月18日). “Dani Daniels Interview For Barelist”. Barelist. 2020年10月18日閲覧。
  10. ^ a b c Dani Daniels Does First B/G Scenes”. AVN. 2020年10月18日閲覧。
  11. ^ Ayala, Nelson (2012年5月19日). “Elegant Angel to Release Dani Daniels Showcase”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  12. ^ a b And Now... The 2013 AVN Award Winners!”. AVN (2013年1月23日). 2020年10月18日閲覧。
  13. ^ Fresh Faces 2012: This Year's Models”. AVN (2012年6月29日). 2020年10月18日閲覧。
  14. ^ Pardon, Rhett (2015年12月8日). “Dani Daniels Now Directing for Brazzers”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  15. ^ Dani Daniels Named Twistys Treat of the Month”. AVN (2011年7月5日). 2020年10月18日閲覧。
  16. ^ Sanford, John (2014年3月3日). “Dani Daniels Named Elegant Angel 'Girl of the Month'”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  17. ^ Pardon, Rhett (2014年3月25日). “Brazzers' 5-Part 'The Whore of Wall Street' Debuts”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  18. ^ Smithberg, Allen (2014年8月27日). “Blacked.com Unveils Trailer for 'Dani Daniels Deeper'”. AVN. 2020年10月18日閲覧。
  19. ^ a b c d e AVN Announces the Winners of the 2015 AVN Awards”. AVN (2015年1月24日). 2020年10月18日閲覧。
  20. ^ Miller, Dan (2015年1月16日). “2015 XBIZ Award Winners Announced”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  21. ^ a b Smithberg, Allen (2015年4月3日). “Doc Johnson Announces Collaboration With Dani Daniels”. AVN. 2020年10月18日閲覧。
  22. ^ AVN Announces the Winners of the 2016 AVN Awards”. AVN (2016年1月23日). 2020年10月18日閲覧。
  23. ^ Morris, Chris (2014年1月13日). “The Dirty Dozen 2014”. CNBC. 2020年10月18日閲覧。
  24. ^ Morris, Chris (2015年1月16日). “The Dirty Dozen: Porn's biggest stars”. CNBC. 2020年10月18日閲覧。
  25. ^ a b Raj Gatty, Harsha (2018年7月3日). “Porn-stars are part of pop culture, says owner of Kerala’s very adult bus for teens”. The News Minute. 2020年10月18日閲覧。
  26. ^ Paul, Cithara (2018年7月4日). “Kerala's 'pornstar bus': Hot on trail with Mia Khalifa and Sunny Leone”. The Week. 2020年10月18日閲覧。
  27. ^ Serie Simili | The best TV Shows like Dinner with Dani (2018)” (英語). Serie Simili. 2020年10月18日閲覧。
  28. ^ (英語) Dinner With Dani, https://www.tvtime.com/en/show/355208 2020年10月18日閲覧。 
  29. ^ The Two Onions Podcast by Dani Daniels”. thetwoonions.com. 2020年10月18日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h 2013 Nominations”. AVN Awards. 2013年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  31. ^ a b c d e 2014 AVN Award Nominees”. AVN Awards. 2014年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g h 2015 AVN Award Nominees”. AVN Awards. 2014年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g 2016 AVN AWARD NOMINATIONS”. AVN Awards. 2015年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  34. ^ 2013 Nominees”. XBIZ Awards. 2012年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  35. ^ a b c d e f Nominees”. XBIZ Awards. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  36. ^ Miller, Dan (2014年1月24日). “2014 XBIZ Award Winners Announced”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  37. ^ a b c d Gray, Lila (2014年11月12日). “XBIZ Announces Movies & Production Nominees for 2015 XBIZ Awards”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  38. ^ a b Pardon, Rhett (2016年1月16日). “2016 XBIZ Award Winners Announced”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。
  39. ^ 2017 XBIZ Awards Winners Announced”. XBIZ (2017年1月13日). 2020年10月18日閲覧。
  40. ^ a b Miller, Dan (2015年3月3日). “2015 XRCO Award Nominees Announced”. XBIZ. 2020年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]