エマヌエル・スヴェーデンボリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スウェデンボルグから転送)
移動: 案内検索
Emanuel Swedenborg
エマヌエル・スヴェーデンボリ
エマヌエル・スヴェーデンボリ
生誕 1688年1月29日
死没 1772年3月29日(満84歳没)
時代 18世紀
地域 スウェーデン
研究分野 キリスト教神秘主義
テンプレートを表示

エマーヌエル・スヴェーデンボーリ(Emanuel Swedenborg, 1688年1月29日 - 1772年3月29日)はスウェーデン王国出身の科学者神学者神秘主義思想家スヱデンボルグとも。しかし多くはスウェーデンボルグと表記される。生きながら霊界を見て来たと言う霊的体験に基づく大量の著述で知られ、その多くが大英博物館に保管されている。スヴェーデンボリは貴族に叙された後の名。

生涯[編集]

父イェスペル・スヴェードバリ(Jesper Swedberg)は、ルーテル教会牧師であり、スウェーデン語訳の聖書を最初に刊行した人物である。その次男としてストックホルムで生まれる。11歳のときウプサラ大学入学。22歳で大学卒業後イギリスフランスオランダへ遊学。28歳のときカール12世により王立鉱山局の監督官になる。31歳のとき貴族に叙され、スヴェーデンボリと改姓。数々の発明、研究を行ないイギリス、オランダなど頻繁にでかける。

1745年イエス・キリストにかかわる霊的体験が始まり、以後神秘主義的な重要な著作物を当初匿名で、続いて本名で多量に出版した。ただし、スウェーデン・ルーテル派教会をはじめ、当時のキリスト教会からは異端視され、異端宣告を受ける直前にまで事態は発展するが、王室の庇護により、回避された。神秘主義者への転向はあったものの、その後国会議員にまでなった。

スヴェーデンボリは神学の書籍の発刊をはじめてからしばしばイギリスに滞在した。1771年の夏にロンドンに旅し、その地で翌1772年3月29日に没した。

神学・神秘主義思想[編集]

スヴェーデンボリの神学論は伝統的な三位一体を「三神論」であるとして退け、キリスト教では異端とされるサベリウス派に近い、父が子なる神イエス・キリストとなり受難した、とするものである。但し聖霊を非人格的に解釈する点でサベリウス派と異なる。神の汎神論性を唱え、その人格性を大幅に後退させており、旧来のキリスト教とは性格的・構造的に相違がある。聖書の範囲に関しても、正統信仰と大幅に異なる独自の解釈で知られる。

スヴェーデンボリが生前公開しなかった『霊界日記』において、聖書中の主要な登場人物使徒パウロ地獄に堕ちていると主張したり[1]ダビデを「ドラゴン」と呼び彼も地獄に堕ちているとしたり[2]、同様にプロテスタントの著名な創始者の一人フィリップ・メランヒトンが地獄に堕ちたと主張した。だが、非公開の日記であるので、スヴェーデンボリが自身で刊行した本の内容との相違点も多い。この日記はスヴェーデンボリがこの世にいながら霊界に出入りするようになった最初の時期の日記である為、この日記には、文章の乱れや、思考の混乱等も見られる。主イエスの母マリアはその日記[3]に白衣を着た天国の天使としてあらわれており、「現在、私は彼(イエス)を神として礼拝している。」と発言している。

スヴェーデンボリが霊能力を発揮した事件は公式に二件程存在し、一つは、ストックホルム大火事件、もう一つはスウェーデン王室のユルリカ王妃に関する事件である。

スヴェーデンボリは聖書中に予言された「最後の審判」を1757年に目撃した、と主張した。然し現実世界の政治・宗教・神学上で、その年を境になんらかの変化が起こったとは言えないため、「安直である」と彼を批判する声もある。

スウェーデンボリによる霊界の描写は、現代人に起こる臨死体験と共通点が多いとされる。両者に共通する点は、広大なトンネルを抜ける体験や光体験、人生回顧や時空を超えた領域を訪れる体験などである。[4]

自然科学[編集]

1714年のノートに残されたグライダーのスケッチ

スヴェーデンボリは当時、ヨーロッパ有数の学者として知られ、彼が精通した学問は、数学物理学天文学宇宙科学鉱物学化学冶金学解剖学生理学地質学自然史学結晶学などである。結晶学についてはスヴェーデンボリが開拓者の一人である。

動力さえあれば実際に飛行可能と思えるような飛行機械の設計図を歴史上はじめて書いたのはスヴェーデンボリが26歳の時であり、現在アメリカ合衆国スミソニアン博物館に、この設計図が展示保管されている。

霊界では地球人の他に火星人や、金星人、土星人や月人が存在し、月人は月の大気が薄いため、胸部では無く腹腔部に溜めた空気によって言葉を発するなどといった、現代人からすれば荒唐無稽な部分も多い。

評価[編集]

スヴェーデンボリへの反応は当時の知識人の中にも散見され、例えば哲学者イマヌエル・カントは『視霊者の夢』中で彼について多数の批判を試みている。一方で、限定的に「スヴェーデンボリの考え方はこの点において崇高である。霊界は特別な、実在的宇宙を構成しており、この実在的宇宙は感性界から区別されねばならない英知界である」(K・ ペーリツ編『カントの形而上学講義』から)と評価も下している。また、哲学者ラルフ・ワルド・エマソンは、スヴェーデンボリを霊的に巨大と評価し、他にフリードリヒ・シェリングの『クラーラ』など、スヴェーデンボリの霊的体験を扱った思想書も存在する。

また、ヘレン・ケラーは「私にとってスヴェーデンボリの神学教義がない人生など考えられない。もしそれが可能であるとすれば、心臓がなくても生きていられる人間肉体を想像する事ができよう。」と発言し、他に影響を受けた著名人としては、ゲーテオノレ・ド・バルザックフョードル・ドストエフスキーヴィクトル・ユーゴーエドガー・アラン・ポーストリントベリホルヘ・ルイス・ボルヘスなど挙げられ、特にバルザックは、その母親ともに熱心なスヴェーデンボリ神学の読者であった。

反面、スヴェーデンボリの存命時から彼を異端視する向きもあり、例えば、スヴェーデンボリの生前の生き方が聖人的ではない、という批判があり、一例として彼は自分より15歳年下の15歳の少女に対して求婚して、父親の発明家ポルヘムを通して婚姻届まで取り付けておきながら少女に拒絶されている。 スヴェーデンボリは生涯独身であったが、若い頃ロンドン愛人と暮らしていた時期がある、ともされている。さらに、スヴェーデンボリは著作『結婚愛』の中で未婚の男性の買春、すなわち必要悪としての公娼がいる現状を消極的に認める記述をしている。倫理的にベストとはいえないかもしれないが、基本的にスヴェーデンボリは「姦淫」を一切認めておらず、一夫多妻制などは言語道断であり、キリスト教徒の間では絶対に許されないとその著述に書いている。

また、ジョナサン・ブラックは、英国の時計商ジョン・ポール・ブロックマーが目撃した話として、1744年7月、ロンドンで、普段は物静かで立派な人に見えるスヴェーデンボリが、髪を逆立て口から泡を吹き、わけのわからないことを言いながらメシアを自称している光景を紹介している。彼によると、その日、スヴェーデンボリは医者にかかるよう説得されるも、スウェーデン大使館に駆け込もうとして断られ、排水溝の中に走って行き、自ら服を脱いで転げ回り、群衆に金銭を投げた、とする。彼はスヴェーデンボリが精神的に異常であったと推論しており、論拠として、マーシャ・キース・シュハードが、スヴェーデンボリはある種の性的技法を実践し、精神的に極度の変性意識状態にあったことを明らかにした、ことを取り上げている。[5](なお、Christian News Wireの報道によると、2011年に後述する新教会の関係者で熱心なスヴェーデンボリ信奉者の医師らが主催したセミナーでは、主催者の一名にタントリックセックスの指導をする医師が混じっている。[6])

日本においては、仏教学者、学者の鈴木大拙がスヴェーデンボリから影響を受け、明治42年から大正4年まで数年の間、スヴェーデンボリの主著『天国と地獄』などの主要な著作を日本語に翻訳出版しているが、その後はスヴェーデンボリに対して言及することはほとんどなくなった。しかし岩波書店より出版された彼の全集には、スヴェーデンボリの著作の日本語翻訳文が入っている。

ニューエイジ運動関係者、神道系の信者ら[7]の中にある程度の支持者層があり、その経典中で言及されることも多く、キリスト教関係者では、内村鑑三もスヴェーデンボリの著作物を読んでいる。

一方で、東京神学校助教授・牧師の尾形守は、『ニューエイジムーブメントの危険』の中で、キリスト教的には異端、思想的にはニューエイジムーブメントのはしりとしてスヴェーデンボリの千里眼事件を批判的に紹介し[8]、「霊だからといって、みな信じてはいけません、それが神からのものかどうか試しなさい」(Ⅰヨハネ4‐1)、「あなたがたは霊媒や口寄せに心を移してはならない。彼らを求めて、彼らに汚されてはならない。」(レビ記19・31)等、新約聖書の字句を引用して、こうした傾向全体をキリスト教的には不健全で危険な発想と評し、悪霊による影響の可能性を指摘している。[9]

また、米国の福音派キリスト教弁護団体であるCARMは、スヴェーデンボリを危険な非キリスト教的神秘主義であると評し、その特徴として、三位一体やキリスト教で言う聖霊の働き、キリストの十字架の贖罪の否定を挙げている。[10]

なお、思想体系としての現代への影響を見るなら、このスヴェーデンボリとメスメルの思想を背景として、19世紀にはスピリチュアル思想が起こり、これはブラヴァツキー夫人霊媒論や神智学と相互に影響を授受し合いながら、現代のさまざまなオカルトや新しい宗教の源泉となった。[11]

スヴェーデンボリ主義教会[編集]

スヴェーデンボリの死後、彼の思想への共鳴者が集まり、新エルサレム教会(新教会 New Church とも)を創設した。新エルサレム教会はイギリスやアメリカに現存し、日本においても東京の世田谷区に存在する。また、別系統の団体としてジェネラルチャーチというグループが存在し、日本では東京グループが活動している。[12]

日本キリスト教団の沖縄における前身である沖縄キリスト教団では、スウェーデンボルグ主義の影響を濃厚に受けた牧師(戦時中の日本政府のキリスト教諸教会統合政策の影響からこの時期には少数名いた)が、戦後になって教団統一の信仰告白文を作ろうとしたところ、米国派遣のメソジスト派監督牧師から異端として削除を命じられ、実際削除されるような事件も起きている。[13][14]

なお、スヴェーデンボリの著作を主に出版するところとして、日本ではアルカナ出版があり、2006年にそこの主筆・翻訳者が逝去したが、出版社は逝去・死去したとは書かず、霊界入りしてしまった、とホームページに表記して事実を伝えた。[15]

また、統一協会の被害者訴訟によると、統一協会は、統一原理の講義をする前に、スヴェーデンボリの漫画を見せて意識を啓発する、と訴面には記されている。[16]

フリーメーソン[編集]

また、フリーメーソンリーの友愛組合の一つとして、スウェーデンボルグ儀礼が存在する。これはスヴェーデンボリの教えを基に設立された、とされており、その組織は徒弟、職工仲間、新しい親方、光輝な神智論者、青の兄弟、赤の兄弟、の計6つの位階からなる。[17] (なお、現代のジェネラルチャーチにおいても、最高聖職者(第三位階)は赤のストールを身に着け、次点の者(第二位階)は青のストールを、それに次ぐ司祭(第一位階)は白のストールを身に着ける。[18]

1773年、マーカス・デ・ソーンによってアヴィニョンに設立され、当初は当時のフリーメーソンリーの悪評に対する権利を主張する目的を持った政治色のある組織であったが[19]、最初の10年のうちに廃れてしまった。

1870年になるとこの儀礼はヘルメス主義組織として復活したが、1908年頃には次第に衰退をしていった。[20] が、1982年にこの儀礼の免状は、大英博物館の居室において、英国メーソンのデズモンド・バークによって、メーソンの作家であるミカエル・モラマルコに伝達され、彼はそれをアンティコ・リコ・ノアチタというイタリア儀礼の伝統の復古したような形に再編集した。

またスウェーデンにおいても、スヴェーデンボリの思想は、セーデルマンランド男爵に大きな影響を与え、彼は現地のフリーメーソンリー(Svenska Frimurare Orden)のグランドマスターとして、独自の位階制度を作り、その儀典を執筆した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本スウェーデンボルグ協会・編『スウェーデンボルグを読み解く』春風社、2007年 ISBN 978-4861101304

脚注[編集]

  1. ^ 4412番(角川文庫『霊界日記』151頁)
  2. ^ 4111番
  3. ^ 5834番(角川文庫『霊界日記』163頁)
  4. ^ マイケル・タルボット『投影された宇宙』春秋社
  5. ^ ジョナサン・ブラック著、松田和也訳『秘密結社版 世界の歴史』早川書房、2009年
  6. ^ Rick Warren Teams up with Swedenborg Cult Follower Dr. Oz Christian News Wire
  7. ^ 文理書院版の訳書の翻訳者・笹岡康男は元大本信者である(『スウェーデンボルグを読み解く』288頁)『天界と地獄』6-7頁につけた註の中では一柱の創造主と天之御中主神を結び付け、日本神話の神を三つの位格に当てはめて対応させている。
  8. ^ 尾形守『ニューエイジムーブメントの危険-その問題点を探る』プレイズ出版、p.56
  9. ^ 尾形守『ニューエイジムーブメントの危険-その問題点を探る』プレイズ出版
  10. ^ Swedenborgianism ,Christian Apologetics and Research Ministry
  11. ^ 教皇庁文化評議会・宗教対話評議会『ニューエイジについてのキリスト教的考察』カトリック中央協議会、p.123
  12. ^ ジェネラルチャーチ東京
  13. ^ 沖縄の「復帰」とキリスト教(3) 「小林紀由研究室」
  14. ^ 古澤健太郎「信仰告白制定の経緯に見る 「沖縄キリスト教会」の特質」同志社大学
  15. ^ 翻訳者紹介-アルカナ出版
  16. ^ 信仰の自由侵害回復請求訴訟(第一次)-郷路征記弁護士
  17. ^ Albert Gallatin Mackey and H. L. Haywood, Encyclopedia of Freemasonry Vol. 2, p. 997 reprinted by Kessinger Publishing, 2003 ISBN 0-7661-4720-7
  18. ^ ジェネラルチャーチ 東京グループ
  19. ^ Augustus Row (1868). “Illuminati of Avignon or Swedenborg Rite”. Masonic Biography and Dictionary. Philadelphia: J.P. Lippincott & CO.. pp. 139. 
  20. ^ R. A. Gilbert (1995-09-14). "Chaos Out of Order: The Rise and Fall of the Swedenborgian Rite". Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A. M.

外部リンク[編集]