ジャスティン・グリーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャスティン・グリーニング
Justine Greening
Official portrait of Justine Greening crop 2.jpg
生年月日 (1969-04-30) 1969年4月30日(52歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドサウス・ヨークシャーロザラム
出身校 サウサンプトン大学
ロンドン・ビジネス・スクール
前職 プライスウォーターハウス・クーパース会計士兼財務責任者
グラクソ・スミス・クライン会計士兼財務責任者
セントリカ会計士兼財務責任者
所属政党 無所属 (2019年から)
保守党 (2019年まで)
公式サイト [公式ウェブサイト ]

内閣 第1次メイ内閣
第2次メイ内閣    
在任期間 2016年7月14日 - 2018年1月8日

内閣 第1次メイ内閣
第2次メイ内閣    
在任期間 2016年7月14日 - 2018年1月8日

内閣 第1次キャメロン内閣
第2次キャメロン内閣
在任期間 2012年9月4日 - 2016年7月14日

内閣 第1次キャメロン内閣
在任期間 2011年10月14日 - 2012年9月4日

内閣 第1次キャメロン内閣
在任期間 2010年5月13日 - 2011年10月14日

その他の職歴
イギリスの旗 影のロンドン担当大臣英語版
(2009年1月19日 - 2010年5月13日)
イギリスの旗 パトニー選挙区英語版選出庶民院議員
(2005年5月5日 - 2019年11月6日)
テンプレートを表示

ジャスティン・グリーニング(Justine Greening, 1969年4月30日 - )は、2016年から2018年まで教育大臣を務め、2005年イギリス総選挙から2019年イギリス総選挙までパトニー選挙区英語版選出庶民院議員を務めたイギリスの前政治家。初め保守党から議員になったが、2019年9月3日に保守党の院内幹事から除名英語版され無所属議員となった。

略歴[編集]

2015年10月22日、マララ・ユスフザイと会談

サウス・ヨークシャーロザラムで生まれ育つ。大学卒業後、プライスウォーターハウスクーパース及びグラクソ・スミスクラインにて会計士として働く。

2005年、パットニー選挙区の労働党議員を僅差で破り、庶民院議員となる。パットニー選挙区は、ロンドン・ヒースロー空港への発着航路に入る地域で、2010年の総選挙前には、グリーニングはヒースロー空港の第三滑走路反対運動のリーダとして活動し、この総選挙では、労働党候補に大差をつけて勝った[1]

閣僚として[編集]

2011年10月デーヴィッド・キャメロン首相によっては運輸大臣に任命され、2012年9月の改造では国際開発大臣に就任した。

2016年7月中旬にテリーザ・メイ首相の下、教育大臣女性・平等担当大臣に就任した。

私生活 [編集]

2016年6月、ツイッター同性愛者レズビアン)であることを公表し、女性のパートナーがいることを明らかにした[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
トニー・コールマン英語版
パットニー選挙区英語版選出庶民院議員
2005年2019年
次代:
フルー・アンダーソン英語版
公職
先代:
イアン・ピアソン英語版
経済担当副大臣英語版
2010年–2011年
次代:
クロエ・スミス英語版
先代:
フィリップ・ハモンド
運輸大臣英語版
2011年–2012年
次代:
パトリック・マクローリン英語版
先代:
アンドルー・ミッチェル英語版
国際開発大臣英語版
2012年–2016年
次代:
プリティ・パテル
先代:
ニッキー・モーガン英語版
教育大臣英語版
2016年–2018年
次代:
ダミアン・ヒンズ英語版
女性・平等大臣英語版
2016年–2018年
次代:
アンバー・ラッド