シー・エフ・デー販売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メルコホールディングス > シー・エフ・デー販売
シー・エフ・デー販売株式会社
CFD SALES INC.
Akamondori-Building.JPG
シー・エフ・デー販売が入居する赤門通ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 CFD販売
本社所在地 日本の旗 日本
457-8520
愛知県名古屋市中区大須三丁目30番20号
赤門通ビル
北緯35度9分36.1秒
東経136度54分20.8秒
座標: 北緯35度9分36.1秒 東経136度54分20.8秒
設立 1974年昭和49年)1月[1]
業種 電気機器
法人番号 1180001051148
事業内容 パソコン部品および周辺機器の製造販売[1]
代表者 中村智仁(代表取締役社長)[1]
資本金 1億33百万円[1]
売上高 111億39百万円(2017年3月期)[2]
経常利益 1億59百万円(2017年3月期)[2]
純利益 1億09百万円(2017年3月期)[2]
純資産 2億99百万円(2017年3月期)[2]
総資産 30億10百万円(2017年3月期)[2]
従業員数 30名(2016年3月現在)[1]
主要株主 株式会社メルコホールディングス 100%[2]
外部リンク http://www.cfd.co.jp/
テンプレートを表示

シー・エフ・デー販売株式会社CFD販売株式会社、シー・エフ・デーはんばい、CFD SALES INC.)は、愛知県名古屋市中区に本社を置くパソコン部品および周辺機器の製造販売を行うメルコグループの企業である。

概要[編集]

旧社名は「近畿システィムサービス株式会社」で、本社は大阪市にあった。1992年(平成4年)に事業の一つであったオムロン製自動改札機、ATM、両替機の受託保守業務を、「近畿フィールドエンジニアリング株式会社」(現・オムロンフィールドエンジニアリング近畿株式会社)に分社したのち、1996年(平成8年)10月に株式会社メルコ(現・株式会社バッファロー)が株式の50.3%を取得し、同社の子会社となった[3]。その後「シー・エフ・デー販売株式会社」に商号を変更し、2004年(平成16年)3月より持株会社である株式会社メルコホールディングスの100%子会社となっている。

主な事業はメモリストレージなどパソコン部品開発製造のほか、「玄人志向」のブランド名で自作パーツなどの販売も行っており、玄人志向のビデオカードは2016年度に13年連続BCNシェアNo,1を達成している。

また、海外メーカー各社の正規販売代理店でもあり、AMDAsrockGIGABYTEなどCPU、マザーボード、ビデオカード取扱いの他、WesternDigitalSeagate東芝など大手ストレージメーカー製品、さらに、国内トップシェアのCFDブランドメモリなど、取扱いメーカー及び製品ラインナップは多岐にわたる。

近年はドローンで最大手のDJI、性能に定評のあるSamsungCrucialのメモリ/SSD、台湾ASUSのグループ企業であるASUSTOR、映像放送機器分野で成長しているBlackmagic Designなどの取扱いも開始しており、「玄人志向ブランドの専門販売会社」から「IT製品の総合商社」へ業態変化が進んでいる。

メルコグループ内ではバッファローに次ぎ、第2位の売上高を占める。

「CFD」の「D」は、「ディー」ではなく「デー」が正しい発音となる。

主な製品[編集]

ほか

事業所[編集]

関連会社[編集]

他メルコグループ各社

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 会社概要”. シー・エフ・デー販売株式会社. 2017年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f メルコホールディングス 有価証券報告書-第31期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)”. EDINET. 2017年12月4日閲覧。
  3. ^ メルコ、近畿システィムサービスを子会社に加えるPC Watch、1996年10月28日)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]