シンガポール華僑虐殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンガポール華僑虐殺事件(シンガポールかきょうぎゃくさつじけん)とは、太平洋戦争大東亜戦争)中の1942年(昭和17年)2月に、日本軍イギリス植民地であったシンガポールを守備するイギリス軍との戦い(シンガポールの戦い)に勝利した後に、約1ヶ月にわたって「親連合国」と目された一部の中国系住民(華人華僑)を殺害した事件。中国語では粛清sook ching)と呼ぶ。また、シンガポール大検証などともいう。

概要[編集]

1942年(昭和17年)2月15日日本軍は、イギリス植民地であるシンガポールを占領したが、その際第25軍の司令官の山下奉文の指揮の下、中華民国国民政府蒋介石政権)やシンガポールを植民地としたイギリスなどの連合国側を支持していた中国系住民をゲリラまたは反日分子として殺害する挙に出たとされる。背景としては、1937年7月の蘆溝橋事件以後日中間の戦争状態が拡大する中で、東南アジア各地の華僑による抗日運動が盛んとなり、シンガポールの華僑がその中心となったこと、イギリス当局の要請もあって星州華僑抗敵動員総会を発足させるなど、シンガポールの華僑を抗日的と日本軍が見なしたことが挙げられる[1]

具体的には、日本軍は各所に検問所を設け、18歳~50歳の成年男子を漏れなく取り締まり、好ましからざる分子を重点的に検証したうえで抗日分子として選抜・処刑した。好ましからざる分子とは、華僑義勇軍、共産党員、抗日団体に所属する者、蒋介石政権への献金者・抗日軍への資金援助者のことである。しかし、選抜を短期間に行うという無茶な命令のため、実際の抗日分子かどうかの選別は極めて杜撰なものであり、服装がこぎれいなインテリである等のいいかげんな理由で無実であるにも関わらず選抜された人が数多い。選別後は集団でトラックに乗せて海岸で機銃掃射する等の手荒な方法によって、多くの無実のシンガポール華僑が虐殺された[2][3]

戦後に首相となったリー・クアンユーは自らの回顧録で、自身も当時、日本軍のトラックに乗せられかけたときに、機転を利かせて逃げたため、危うく虐殺を逃れたと述べている[4] [5]

この無茶な命令の発信元、つまり日本軍の虐殺の責任は、シンガポール方面軍である第25軍の司令官の山下奉文とその作戦参謀だった辻政信にあるとされる。第25軍の幹部会議では華僑虐殺命令が討議された記録や証言はいっさいないが、多くの証拠や旧軍の関係者の証言から、辻の独断による決定を軍司令官の山下が黙認ないし追認したとされる[6]。辻は粛清の各現場に一人で出かけ「シンガポールの人口を半分に減らすくらいの気持ちでやれ!」と怒鳴り散らして命令していたという。[7]この事件は、華僑のみならずマレー人やインド人などにも日本軍に対する恐怖と不信を植え付け、日本が如何に植民地からの解放者と主張しても信用されなくなる原因を作った。[要出典]

戦後の戦争犯罪の裁判のとき、辻は逃亡していて、その裁判を免れた。そのため、虐殺命令にむしろ反対した[8]昭南警備司令官河村参郎中将や野戦憲兵隊長大石正幸中佐が、命令に従わざるを得ない立場であったために実行責任を負わされたうえで、有罪となり処刑された。結局、最高責任者である辻は、ずっと後に世間に再登場し、逃亡の体験記で国民の人気を得て国会議員にも当選した。国会議員であった頃の辻の戦争責任や虐殺の実態はうやむやとなる。そして、辻が1961年にラオスで失踪してから、ようやく国会では何度もシンガポール華僑虐殺事件について論議された。国会ではシンガポールで実際に虐殺を目撃した堀昌雄の証言などがおこなわれた。

なお、犠牲者数は数万人という説(シンガポール側)や、多くても数千人台(日本側)との説がある。

参考文献[編集]

  • 井伏鱒二『徴用中のこと』中央公論新社 中公文庫 2005年8月 ISBN 4122045703
  • 河村参郎『十三階段を上る』 亜東書房 1952年
  • 篠崎護『シンガポール占領秘録―戦争とその人間像』1976年
  • 田々宮英太郎『参謀辻政信・伝奇』芙蓉書房出版 1986年
  • 林博史『シンガポール華僑粛清』 高文研 2007年
  • 藤原岩市『F機関』原書房 1966年
  • リー・クアンユー『私の履歴書』日本経済新聞社 1999年1月
  • リー・クアンユー『リー・クアンユー回顧録(上)』日本経済新聞社 2000年 
  • 渡辺望『蒋介石の密使 辻政信』祥伝社新書 2013年

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 林博史『シンガポール華僑粛清』高文研、2007年
  2. ^ 篠崎護『シンガポール占領秘録―戦争とその人間像』原書房、1976年
  3. ^ 『リー・クアンユー回顧録(上)』日本経済新聞社 2000年
  4. ^ 『リー・クアンユー回顧録(上)』日本経済新聞社、2000年
  5. ^ 『私の履歴書』日本経済新聞社、1999年1月
  6. ^ 田々宮英太郎『参謀辻政信・伝奇』芙蓉書房出版、1986年
  7. ^ 渡辺望『蒋介石の密使 辻政信』祥伝社祥伝社新書〉、2013年
  8. ^ 河村参郎『十三階段を上る』亜東書房、1952年

外部リンク[編集]