シボレー・トラバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トラバース (TRAVERSE)は、GM が製造、シボレーブランドで販売している自動車である。

歴代モデル[編集]

初代 (2008–2017年)[編集]

トラバース
前期型
Chevrolet Traverse LS 1 -- 11-13-2009.jpg
後期型
2013 Chevrolet Traverse LTZ -- 2012 NYIAS 1.JPG
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2008–2017年
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 3.6L V6
駆動方式 FWD
AWD
変速機 6AT
全長 5,205mm (08-12)
5,175mm (13-17)
全幅 1,990mm
全高 1,770mm (09)
1,790mm (10-12)
1,850mm (13-17)
ホイールベース 3,020mm
車両重量 2,136kg
先代 シボレー・トレイルブレイザー
シボレー・アップランダー
-自動車のスペック表-

2008年シカゴオートショーで発表。同年秋から発売を開始。ミニバンアップランダーおよびSUVトレイルブレイザーの後継車種である。プラットフォームビュイック・アンクレイブGMC・アカディアと同じGMラムダプラットフォームを採用する。これらラムダプラットフォーム車の生産はランシングのランシング・デルタ・タウンシップ組立工場にて行われている。

エンジンは直噴 3.6L V6エンジンを搭載し、これに6速ATが組み合わせられる。駆動方式はFWDAWDの2種類がラインナップされている。

2012年4月、ニューヨーク国際オートショーにてフェイスリフトを受けた2013年モデルが発表された[1]。フロントマスクは従来の上下二分割のボウタイグリルを捨て、新たに三本線のアッパーグリルと二本線のロワーグリルの組み合わせが採用された。また、ヘッドライトやフォグランプのデザインも一新された。リアエンドはテールランプやバンパーが一新され、ライセンスプレートの位置がリフトゲートに移された。インテリアはインストゥルメンタルパネルなどが刷新され、センタースタックには6.5インチのカラータッチラジオとシボレーの新しいインフォテインメントシステムであるMyLinkが搭載された。また、ビュイック・アンクレイブと同様に世界初のフロントセンターエアバッグ標準装備車種となる。

なお、日本では三井物産オートモーティブによって2009年から輸入販売されていた(日本仕様は自動車法規に基づき、サイドアンダーミラーを採用していた)が、同社が2011年11月1日付でディストリビュータ契約をゼネラルモーターズ・ジャパンに譲渡した事に伴い、販売を終了した。


初代 (2017年-)[編集]

トラバース
2018 Chevrolet Traverse front 3.17.18.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2017年-
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 3.6L V6
2.0L I4
駆動方式 FWD
AWD
変速機 9AT
全長 5,190mm
全幅 1,995mm
全高 1,795mm
ホイールベース 3,070mm
-自動車のスペック表-

2017年1月、北米国際オートショーにて発表され[2]、同年7月から発売を開始した。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013 Chevy Traverse Gives Families New Gathering Space”. GM Media Online (2012年3月28日). 2012年4月5日閲覧。
  2. ^ [1]

外部リンク[編集]