サム・ブラウンバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サム・ブラウンバック
Sam Brownback official portrait 3.jpg
第46代 カンザス州知事
任期
2011年1月10日 – 2018年1月30日
副知事 ジェフ・コリアー
前任者 マーク・パーキンソン
後任者 ジェフ・コリアー
アメリカ合衆国上院議員
カンザス州選出
任期
1996年11月7日 – 2011年1月3日
前任者 シェイラ・フラウム
後任者 ジェリー・モラン
アメリカ合衆国下院議員
カンザス州第2区選出
任期
1995年1月3日 – 1996年11月7日
前任者 ジム・スラッタリー
後任者 ジム・ライアン
個人情報
生誕 (1956-09-12) 1956年9月12日(61歳)
カンザス州ガーネット
政党 共和党
配偶者 メリー・ブラウンバック
住居 カンザス州トピカ
出身校 カンザス州立大学, カンザス大学
職業 弁護士, 農家
宗教 ローマカトリック
署名

サミュエル・デール・"サム"・ブラウンバックSamuel Dale "Sam" Brownback1956年9月12日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州出身の政治家カンザス州知事(2011年-)。連邦下院議員(1995年-1996年)、連邦上院議員(1996年-2011年)を歴任。2008年アメリカ大統領選挙で共和党の予備選にも出馬した。共和党所属で政界きっての保守派で、ローマ・カトリックの信者である。

半生・政治キャリア[編集]

カンザス州ガーネットの農家に、ドイツ系ユダヤ系ドイツ人移民の両親の間に生まれる。

地元のカンザス州立大学で学士号を取得した後、カンザス大学で修士号を取得。その後通商代表部ホワイトハウスでの勤務を経て、後に下院議長となるニュート・ギングリッチの保守革命・アメリカとの契約に賛同、1994年の中間選挙で同州2区から下院議員に初当選を果たす。だが、当選後2年も経たないうちに、同じカンザス州選出の上院議員、ボブ・ドールが大統領選出馬のため議員を辞職すると、補欠選挙に出馬。上院議員に初当選する。1998年、2004年の選挙でも圧勝し2011年まで3期約14年連邦上院議員を務めた。

社会的には、妊娠中絶、同性結婚に反対している。外交・安全保障では、孤立主義の傾向が強いキリスト教原理主義者にあって、介入主義的である。9・11後のアフガン攻撃終息後は、ジョー・リーバーマンジェシー・ヘルムズら9人の議員と共に、イラク対テロ戦争第二幕にするよう、ブッシュ大統領に提案。2003年のイラク戦争開戦のきっかけを作る。イラク占領後は民主党のジョセフ・バイデン議員と共にイラクをシーア派スンニ派クルド人に分割し連邦国家として統治させる法案に賛同している。

また、北朝鮮の独裁体制と人権侵害を厳しく批判している政治家でもあり、拉致問題の国民大集会にもVTRで参加したこともある。

2007年1月20日2008年アメリカ合衆国大統領選挙への出馬を表明したが、イラク戦争開戦を支持した一方で、2007年1月10日ジョージ・ブッシュ大統領が断行したイラクへの当初計画・陸軍5個旅団・2万人規模(最終的規模は3万人に増大)の米軍増派に対しては一転して反対するブレを見せたため、支持拡大にはつながらず、同年10月19日に大統領選からの撤退を表明。11月にはイラク政策など安全保障政策を共有するジョン・マケイン上院議員の支持に回る。また、2007年に論議となった不法移民合法化法案には賛成票を投じている(最終的に廃案)。2008年の共和党大会では最終日に登壇、マケインへの支持を呼びかけた。

同月には、訪米した平沼赳夫経産相家族会のメンバーらと面会、ブッシュ政権が推し進める北朝鮮テロ支援国家指定解除の動きを批判。指定解除を阻止する法案提出の意向を示し、12月10日ジョー・リーバーマンジョン・カイルらと共に、北朝鮮のテロ支援国家指定解除に反対する決議を上院に提出した。同決議案では、指定解除には拉致問題の解決、イランシリアなどへの核拡散の防止などが盛り込まれており、先の平沼赳夫との会談の中身が実行された形である。北朝鮮に対する融和姿勢を理由にクリストファー・ヒル国務次官補の駐イラク大使就任にも、ジョン・マケインらとともに異を唱えている。

2010年の中間選挙においてカンザス州知事選に出馬、民主党トム・ホランド候補を大差で破って当選。2011年1月3日に連邦上院議員を任期満了に伴い退任。1月10日、カンザス州知事に就任した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
マーク・パーキンソン
カンザス州知事
2011年 -
次代:
アメリカ合衆国下院
先代:
ジム・スラッタリー
カンザス州選出下院議員
カンザス州第2選挙区

1995 - 1996
次代:
ジム・ライアン
先代:
シェイラ・フラウム
カンザス州選出上院議員(第3部)
1996 - 2011
同職:ナンシー・ランドン・カセバウム, パット・ロバーツ
次代:
ジェリー・モラン
党職
先代:
ボブ・ドール
カンザス州選出上院議員(第3部)
共和党候補

1996, 1998, 2004
次代:
ジェリー・モラン
先代:
ジム・バネット
カンザス州知事
共和党候補

2010
次代:
-