ゴールドウイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴールドウィンから転送)
移動先: 案内検索
株式会社ゴールドウイン
Goldwin Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8111
1991年12月上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-8517
東京都渋谷区松濤2-20-6
本店所在地 932-0112
富山県小矢部市清沢210
設立 1951年12月22日
業種 繊維製品
法人番号 3230001008974
事業内容 スポーツウェア・スポーツ用品の製造販売
代表者 代表取締役社長 西田明男
資本金 104億16百万円
(2012年3月31日現在)
売上高 単体421億円
連結486億41百万円
(2012年3月期)
純資産 単体127億42百万円
連結176億20百万円
(2012年3月31日現在)
総資産 単体351億37百万円
連結434億44百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 単体1,199人、連結1,942人
(2012年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 シービーエイチケイ コリアセキュリティーズ デポジトリー9.77%
三井物産9.28%
北陸銀行4.21%
丸紅4.08%
(2012年3月31日現在)
外部リンク http://www.goldwin.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ゴールドウインは、スポーツウェア、スポーツ用品の製造販売を行う会社。

概要[編集]

社名と同じ自社ブランドの「GOLDWIN」の他、ライセンスとして「エレッセ」、「ザ・ノース・フェイス」、「カンタベリー・オブ・ニュージーランド」「ヘリーハンセン」等の有力ブランドのスポーツウェア、スポーツ用品を製造販売している。

総合スポーツ用品メーカーとしてはミズノアシックスデサントに次ぐ4位の規模であるが、事業をアスレチック、アウトドア、アクティブの3本体制とし、競技スポーツの他にアウトドア製品が充実していることが特徴である。

社名は、古代オリンピックの勝者を「ゴールド・ウイナー」と呼ぶことに由来し、競技者に栄冠がもたらされるようにとの願いが込められている。

2007年6月、水着事業を自社ブランドに切り替えたミズノから「SPEEDO」ブランドを三井物産とともに実質譲り受け、製造・輸入・販売を開始。当初は「日本水泳連盟指定」の壁に阻まれたが、「レーザー・レーサー」によって一気に形勢を逆転した。 また、かつて スズキ・エスクードとのタイアップでゴールドウインの名を冠した自動車を販売していたことで知られる。

沿革[編集]

関係会社[編集]

連結子会社[編集]

  • ゴールドウインテクニカルセンター(富山県小矢部市)(スポーツ用品関連事業)
  • ゴールドウインロジテム(富山県小矢部市)(スポーツ用品関連事業)
  • ゴールドウインエンタープライズ(富山県小矢部市)(スポーツ施設・スポーツ情報関連事業)
  • ツーウイン(富山県小矢部市)
  • 協同組合富山県ニット工業センター(富山県小矢部市)(スポーツ用品関連事業)
  • イー・エス・ジー(東京都渋谷区)(スポーツ施設・スポーツ情報関連事業)
  • ゴールドウイントレーディング(神奈川県海老名市)(スポーツ用品関連事業)
  • カンタベリーオブニュージーランドジャパン(東京都墨田区)(スポーツ用品関連事業)
  • 北京奥冠英有限公司(中華人民共和国北京市)(スポーツ用品関連事業)

関連会社[編集]

  • GOLDWIN KOREA CORPORATION(韓国ソウル市)(スポーツ用品関連事業)
  • ゴールドウイン開発(富山県小矢部市)(スポーツ施設・スポーツ情報関連事業)
  • ナナミカ(東京都渋谷区)(スポーツ用品関連事業)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社ゴールドウイン公式サイト。

外部リンク[編集]