コネリアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コネリアーノ
Conegliano
コネリアーノの風景
コネリアーノの紋章
紋章
行政
イタリアの旗 イタリア
ヴェネト州の旗 ヴェネト
県/大都市 Blank.png トレヴィーゾ
CAP(郵便番号) 31015
市外局番 0438
ISTATコード 026021
識別コード C957
分離集落 Ogliano, Scomigo
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 34279 人 (2022-01-01 [1])
人口密度 943.5 人/km2
文化
住民の呼称 coneglianesi
守護聖人 ノブラのレオンハルト (San Leonardo di Noblac)
祝祭日 11月6日
地理
座標 北緯45度53分14秒 東経12度17分49秒 / 北緯45.88722度 東経12.29694度 / 45.88722; 12.29694座標: 北緯45度53分14秒 東経12度17分49秒 / 北緯45.88722度 東経12.29694度 / 45.88722; 12.29694
標高 72 (43 - 179) [2] m
面積 36.33 [3] km2
コネリアーノの位置(イタリア内)
コネリアーノ
コネリアーノの位置
トレヴィーゾ県におけるコムーネの領域
トレヴィーゾ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

コネリアーノ: Conegliano)は、イタリア共和国ヴェネト州トレヴィーゾ県の都市であり、その周辺地域を含む人口約34,000人の基礎自治体コムーネ)。県都トレヴィーゾに次ぎ、県内第2位のコムーネ人口を有する。

ワインの産地で、「プロセッコ・ディ・コネリアーノ」はDOCワインの指定を受けている。プロセッコは同名の品種の白ブドウから作られる白ワインで、一般に発泡ワインとして知られる。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

気候分類・地震分類[編集]

気候分類では、zona E, 2536 GGに分類される[4]。 また、イタリアの地震リスク階級 (itでは、zona 2 (sismicità media) に分類される[5]

産業・経済[編集]

コネリアーノは、白ワインのプロセッコ(一般に発泡ワインとして知られる)の産地として有名である。プロセッコは、同名の品種(プロセッコ種)のブドウから作られるワインで、炭酸の有無・濃度により、炭酸なしのトランクイッロ(tranquillo)、微炭酸のフリッツァンテ(frizzante)、発泡ワインのスプマンテ(spumante)の3種類に分けられる。

この地域のプロセッコ品種から出来る白(発泡)ワイン(DOCワインであるプロセッコ・ディ・コネリアーノit:Prosecco di Conegliano))だけが「プロセッコ」と言う名称を使用できる(欧州連合原産地名称保護制度)。

また、イタリア最古で由緒のあるワイン学校「Scuola enologica di Conegliano(コネリアーノ・ワイン学校)」がこの市にある。

文化・観光[編集]

10世紀に築かれた古城が丘の上に立つ。

毎年夏期に、実際の人間を駒として使ったチェス大会が行われる。この大会はトレヴィーゾに対しコネリアーノが勝利した歴史に因んでいる。

人物[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Popolazione residente al 1° Gennaio 2022” (イタリア語). 国立統計研究所(ISTAT). 2022年9月15日閲覧。左側メニューのRipartizione:Nord-est > Regione:Veneto > Provincia: Treviso > Conegliano を選択
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Treviso (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2014年2月10日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Treviso (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2014年2月10日閲覧。
  4. ^ Tabella dei gradi/giorno dei Comuni italiani raggruppati per Regione e Provincia”. 新技術エネルギー環境局(ENEA) (2011年3月1日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  5. ^ classificazione sismica aggiornata al 31-marzo-2022-provincia (xls)”. https://rischi.protezionecivile.gov.it/it/sismico/attivita/classificazione-sismica. イタリア市民保護局. 2022年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]