ヴィットリオ・ヴェネト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィットリオ・ヴェネト
Vittorio Veneto
ヴィットリオ・ヴェネトの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
ヴェネト州の旗 ヴェネト
県/大都市 Blank.png トレヴィーゾ
CAP(郵便番号) 31029
市外局番 0438
ISTATコード 026092
識別コード M089
分離集落 Carpesica, Confin, Cozzuolo, Fadalto, Formeniga, Longhere, Nove, San Giacomo di Veglia
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
地震分類 zona 2 (sismicità media)
気候分類 zona E, 2657 GG
公式サイト リンク
人口
人口 28,148 [1](2019-01-01)
人口密度 340.7 人/km2
文化
住民の呼称 vittoriesi
守護聖人 San Tiziano, Santa Augusta
祝祭日 1月16日, 8月22日
地理
座標 北緯45度59分 東経12度18分 / 北緯45.983度 東経12.300度 / 45.983; 12.300座標: 北緯45度59分 東経12度18分 / 北緯45.983度 東経12.300度 / 45.983; 12.300
標高 138 (89 - 1763) [2] m
面積 82.61 [3] km2
ヴィットリオ・ヴェネトの位置(イタリア内)
ヴィットリオ・ヴェネト
ヴィットリオ・ヴェネトの位置
トレヴィーゾ県におけるコムーネの領域
トレヴィーゾ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

ヴィットリオ・ヴェネトイタリア語: Vittorio Veneto)は、イタリア共和国ヴェネト州トレヴィーゾ県にある、人口約28,000人の基礎自治体コムーネ)。

第一次世界大戦においてイタリア戦線の帰趨を決したヴィットリオ・ヴェネトの戦い(1918年10月)の舞台として知られる。この戦いでのイタリア王国の勝利を記念し、イタリア国内の多くの街路や広場に「ヴィットリオ・ヴェネト」の名がつけられている。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トレヴィーゾ県の北部に所在する。ベッルーノから南南東へ約19km、ポルデノーネから西へ約27km、県都トレヴィーゾから北北東へ約35km、州都ヴェネツィアから北へ約60kmの距離にある。

ヴェネツィア・プレアルプス山脈 (Venetian Prealpsの南麓にあたり、ピアーヴェ川流域のベッルーノ県中心部とヴェネツィア平野 (Venetian Plainとを結ぶファダルト峠 (it:Sella di Fadalto越えの交通路の南側の出口にあたる。この交通路がアレマーニャ街道(アレマーニャはドイツの意)と呼ばれているとおり、古来よりイタリアと北方のドイツ語圏とを結ぶ交通の要衝であった。現在も、ヴェネツィアとベッルーノ(正確にはその東のポンテ・ネッレ・アルピ)とを結ぶ高速道路A27  (it:Autostrada A27 や鉄道路線がこの峠を越えている。

トレヴィーゾ県概略図

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。括弧内のBLはベッルーノ県所属を示す。

地勢[編集]

コムーネの北をヴェネツィア・プレアルプス山脈が走っており、最高地点はヴィセンティン峰 (it:Col Visentin(1,763m)である。山脈南麓に広がるラピシナ谷 (it:Val Lapisinaは、氷河が形成したU字谷である。モルト湖 (it:Lago Mortoやレステッロ湖 (it:Lago del Restelloなどが所在する。

ヴィセンティン峰からラピシナ谷を挟んだコムーネ北東部にはミリフレット山 (it:Monte Millifret(1.581m)がある。ラピシナ谷の奥、コムーネ北端にあるファダルト峠を北に越えれば、サンタ・クローチェ湖 (it:Lago di Santa Croce湖畔を経由してポンテ・ネッレ・アルピに至る。

ヴィットリオ・ヴェネトの中心地区には、リヴェンツァ川 (it:Livenzaの支流のメスキオ川 (it:Meschioが町を横切っている。

主要な市街・集落[編集]

ヴィットリオ・ヴェネトの中心市街は市域南部に位置する。チェネーダ (it:Cenedaと、その北にあるセッラヴァッレ (it:Serravalle (Vittorio Veneto)という二つの町が合わさって形成されている。チェネーダは司教座聖堂を中心に発展した都市で、セッラヴァッレはラピシナ谷からの出口にあたる要衝である。

歴史[編集]

古代[編集]

古代、この地にはウェネティ人ケルト人が暮らしていた。紀元前1世紀、皇帝アウグストゥスはヴェネツィア平原を防衛するために、谷の出口に Castrum Cenetense を建設した。今日のセッラヴァッレの中心部にあたる。ローマ時代、ポー川流域と南ドイツを結ぶクラウディア・アウグスタ街道がこの町の近くを通過していた。

サンタンドレア・ディ・ビゴンツォ教会 (it:Pieve di Sant'Andrea di Bigonzoは、4世紀にこの地にキリスト教がもたらされたことを示している。

中世[編集]

667年にオデルツォランゴバルド族によって破壊されると、チェネーダが重要な都市として浮上した。ランゴバルドはチェネーダをこの地域の拠点とし、その近くの戦略的な要衝に城塞を築いた。現在も町を見下ろすサンマルティノ城(castello di San Martino)である。

685年、ランゴバルド王グリモアルド (Grimoald I of Beneventoは、オデルツォ教区を分け、チェネーダ教区を編成した。領主の城と同じ高さの場所に聖堂が建設された。教区の守護聖人として、聖ティツィアーノ (Titian of Oderzoが選ばれた。

774年、ランゴバルド王国が滅亡すると、フランク王国の支配下に置かれた。のちにチヴィダーレトレヴィーゾヴィチェンツァでランゴバルド貴族の反乱が発生するが、チェネーダの領主はカール大帝に対する忠誠を保ったようである。

994年、神聖ローマ皇帝オットー3世は、チェネーダ司教に対して特権とこの土地の領主としての権力を与えた。これによりチェネーダ司教は北イタリアの政治状況に巻き込まれることとなり、ロンバルディア同盟への参加する。12世紀後半にはトレヴィーゾによる攻撃・略奪を受け、ローマ教皇の調停によって聖ティツィアーノの聖遺物を取り戻した。1389年12月19日、チェネーダはヴェネツィア共和国に平和裏に組み込まれた。チェネーダ司教のこの地の領主としての権利は残ったが、1447年と1514年にその一部の共和国への譲渡が行われ、チェネーダといくつかの村の領主権を持つのみとなった。1768年、司教の領主権は完全になくなった。

近代[編集]

ヴェネト州がイタリア王国に編入されて間もない1866年11月22日、チェネーダとセッラヴァッレは合併し、ひとつの町となった。この際、自治体名は「ヴィットリオ」となった。

1918年10月、ヴィットリオはイタリア軍とオーストリア・ハンガリー軍の最後の戦いの舞台となった。この地でのイタリアの勝利は、オーストリア・ハンガリー帝国との戦争の終結をもたらし、「ヴィットリオ・ヴェネト」の名を有名にした。1923年に正式に「ヴェネト」が加えられ、自治体名は「ヴィットリオ・ヴェネト」になった。なお、イタリア王国の戦勝を記念し、イタリア国内の多くの通りに「ヴィットリオ・ヴェネト」の名がつけられている。

社会[編集]

人口[編集]

人口推移[編集]

交通[編集]

ヴィットリオ・ヴェネト駅

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路
国道

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]