アーゾロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーゾロ
Asolo
アーゾロの風景
アーゾロの紋章
紋章
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Veneto.svg ヴェネト
Blank.png トレヴィーゾ
CAP(郵便番号) 31010, 31011
市外局番 0423
ISTATコード 026003
識別コード A471
分離集落 Casella, Pagnano, Villa d'Asolo
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 9,104 [1](2014-01-01)
人口密度 人/km2
文化
住民の呼称 asolaniまたはacelani
守護聖人 San Prosdocimo di Padova
祝祭日 11月7日
地理
座標 北緯45度48分0秒 東経11度55分0秒 / 北緯45.80000度 東経11.91667度 / 45.80000; 11.91667座標: 北緯45度48分0秒 東経11度55分0秒 / 北緯45.80000度 東経11.91667度 / 45.80000; 11.91667
標高 190 (74 - 379) [2] m
面積 25.34 [3] km2
アーゾロの位置(イタリア内)
アーゾロ
アーゾロの位置
トレヴィーゾ県におけるコムーネの領域
トレヴィーゾ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

アーゾロイタリア語: Asolo)は、イタリア共和国ヴェネト州トレヴィーゾ県にある、人口約9100人の基礎自治体コムーネ)。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トレヴィーゾ県西部に位置するコムーネ。県都トレヴィーゾから西北西へ約30km、ヴィチェンツァから北東へ約41km、州都ヴェネツィアから北西へ約51kmの距離にある[4]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

この町はもともとウェネティ人の集落であり、プリニウスの著作には Acelum として言及されている。

6世紀後半(588年もしくは591年)にマラーノで開催された教会会議の記録には、出席者の一人の名が Agnellus episcopus sanctae Acelinae ecclesiae と記されており、この時期には Acelum と呼ばれていたことがわかる。その後、9世紀前半(827年もしくは835年)にマントヴァで開催された教会会議の記録では出席者の一人の名が Arthemius episc. Asolensis とあり、この頃までにアーゾロ (Asolo)という地名が使われるようになったと考えられる。

899年、この町の付近で、マジャール人の軍勢がイタリア王ベレンガーリオ1世の軍勢を破っている。969年、皇帝オットー1世は、アーゾロ(Acelum)司教区の領域をトレヴィーゾ司教区に移譲しているが、これは先のマジャール人の侵攻の際に都市が破壊されたことと関連しているかもしれない。1049年、教皇レオ9世の下で開催されたローマでの教会会議では、出席した司教の一人が「アーゾロのウーゴ」と呼ばれている。しかし、実際に司教は赴任してはおらず、Acelum司教はカトリック教会の名義司教として現代に至っている[5]

中世初期、アーゾロはエッツェリーノ家 (it:Ezzeliniの所領であった。その後1489年キプロス女王カタリーナ・コルナーロが王国の統治権をヴェネツィア共和国に引き渡すのと引き換えに、ヴェネツィア共和国はカタリーナにアーゾロを与えた。アーゾロはカタリーナの領地の首都、また宮廷の所在地となった。しかし1509年カンブレー同盟はアーゾロを占領・略奪した(カンブレー同盟戦争)。カテリーナはヴェネツィアに亡命し、1年後に死去した。彼女の治世において、画家ジェンティーレ・ベリーニや人文学者・枢機卿ピエトロ・ベンボはその宮廷の一員であった。

1798年、カテリーナ・コルナーロのアーゾロ城 (it:Castello di Asoloのホールが改修され、アーゾロ劇場が設立された。なお、この劇場はのちにアメリカ合衆国フロリダ州によって購入され、1950年代に解体されてサラソータのジョン・アンド・メイベル・リングリング美術館 (John and Mable Ringling Museum of Artに移築された(当初は展示物であったが、さらに移築されて劇場 (Asolo Repertory Theatreとして利用されている)。

町は英国の詩人ロバート・ブラウニング、女優エレオノーラ・ドゥーゼ、探検家フレヤ・スターク、バイオリニストのウィルマ・ネルーダ (Wilma Neruda、作曲家ジャン・フランチェスコ・マリピエロも暮らしていた[6][7]

社会[編集]

レーシングスーツメーカーのアルパインスターズは当地に本社を置く。

文化・観光[編集]

イタリアの最も美しい村」クラブに加盟している。

19世紀イギリスの詩人ロバート・ブラウニングは当地に居住し、代表作と目される劇詩「ピッパが通る」(Pippa Passes、1841年)を著した。「ピッパが通る」はアーゾロの紡績工場で働く少女ピッパを主人公としており、ピッパが歌う詩の一節 "God's in his heaven. All's right with the world."(「神、そらに知ろしめす。すべて世は事も無し」、上田敏訳『海潮音』に「春の朝」として収録)で知られる。

人物[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2014 by sex and marital status” (英語). 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Treviso (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2015年6月7日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Treviso (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2015年6月7日閲覧。
  4. ^ 地図上で2地点の方角・方位、距離を調べる”. 2015年6月7日閲覧。
  5. ^ Annuario Pontificio 2013 (Libreria Editrice Vaticana 2013 ISBN 978-88-209-9070-1), p. 840
  6. ^ Richard Stillwell, ed. Princeton Encyclopedia of Classical Sites, 1976: "Acelum (Asolo), Italy"
  7. ^ Leslie E. Ellis, Ph.D. The Early History of the Asolo Theatre (Florida State University, Dissertation available through www.lulu.com)

外部リンク[編集]