ケネディ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ケネディ家
Kennedy
Coat of Arms of John F. Kennedy.svg
民族 アイルランド系アメリカ人
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
根拠地 ケネディー・コンパウンド
現居住地 ニューイングランド
家祖 パトリック・J・ケネディ
著名な人物 ジョン・F・ケネディ
ロバート・ケネディ
キャロライン・ケネディ
エドワード・ケネディ
ジョセフ・P・ケネディ
ジョセフ・P・ケネディ3世
キャスリーン・ケネディ
親族 オケネディ家
業績 多数の政治家を輩出

ケネディ家 (Kennedy family) は、アメリカ合衆国における著名な政治家や実業家を輩出しているアイルランド系の名門一族である。王室のないアメリカにおいて、ケネディ家は「ロイヤル・ファミリー」にも例えられることがある[1]

概要[ソースを編集]

ケネディ家の祖にあたるのは、アイルランドウェックスフォード州ニューロス出身の農民パトリック・ケネディ(1823年 - 1858年)である。アイルランドにおけるカトリック教徒への迫害や飢饉を背景として、1849年にパトリックは家族とともにアメリカ合衆国ボストンに移民として渡った。その子として生まれたパトリック・J・ケネディ(1858年 - 1929年)は、港湾労働者として身を起こし、やがて事業に成功してマサチューセッツ州下院・上院議員となった。その子のジョセフ・P・ケネディ(1888年 - 1969年)は投資家として資産を築き、証券取引委員会の初代委員長および外交官(駐英大使)として活躍した。

ジョセフ・P・ケネディの子(第三世代)に、第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディ(1917年 - 1963年)、司法長官・合衆国上院議員ロバート・ケネディ(1925年 - 1968年)、上院議員エドワード・ケネディ(1932年 - 2009年)らが輩出した。ジョン・F・ケネディの娘のキャロライン・ケネディは駐日大使を務める。

「第二世代」以降の略家系図を示せば以下の通りである。切れている先にユニス(Eunice Kennedy Shriver)がいる。夫の法律事務所でハーヴェイ・ピットが働いた。ロバートはIGファルベンも参照されたい。

ジョセフ・P・ケネディ・Sr
(1888年 - 1969年)
 
ローズ
(1890年 - 1995年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョセフ・P・ケネディ・Jr
(1915年 - 1944年)
 
ジョン・F・ケネディ
(1917年 - 1963年)
 
ジャクリーン
(1929年 - 1994年)
 
ロバート・ケネディ
(1925年 - 1968年)
 
エドワード・ケネディ
(1932年 - 2009年)
 
ローズマリー
(1918年 - 2005年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン・F・ケネディ・Jr
(1960年 - 1999年)
 
キャロライン・ケネディ
 
ジョセフ・P・ケネディ2世
(1952年 - )
 
エドワード・ケネディ・Jr
(1961年 - )
 

悲劇のケネディ家[ソースを編集]

ジョン・F・ケネディ一家

以下のように、多くの家族が不幸に見舞われていることから「悲劇のケネディ家」と呼ばれている。

ジョン
大統領暗殺事件により死亡。ジョン・F・ケネディの死後、ワシントンD.C.で国葬が行われ、参列する大統領夫人ジャクリーン・ケネディや、まだ幼かった息子のジョン・F・ケネディJr.が亡き父の葬列に敬礼を送る健気な姿は全世界の涙を誘った。なお、ジャクリーンはギリシアの海運王アリストテレス・オナシス1968年に再婚した。
ジョセフ・ジュニア
ケネディ兄弟の長兄ジョセフ・パトリック・ケネディ・ジュニア(1915年-1944年)は、一家の期待を背負った人物であったが、1944年8月、アメリカ海軍の一員として第二次世界大戦に従軍中、飛行機事故のためイギリス海峡を横断中に墜落死した。
ロバート
ジョンとロバート、エドワードのケネディ3兄弟
ジョンの弟ロバート・ケネディはケネディ政権下で司法長官となり、兄ジョンの暗殺後、1968年大統領選挙の予備選を戦っていた最中、カリフォルニア州ロサンゼルスのホテルで遊説中に、不可解な状況下で大学生のサーハン・ベシャラ・サーハン暗殺された。なお、この事件についても疑問点が多く、暗殺の背景については現在に至るまで様々な憶測を呼んでいる。
エドワード
ケネディ兄弟の末弟エドワード・ケネディは長く上院議員を務め一時は大統領候補として取りざたされた事もあったが、1969年に、パーティーからの帰りに飲酒したまま運転中に誤って川に転落し、同乗していた女性秘書を水死させる事件(チャパキディック事件)を起こした。事件後、警察への通報が9時間以上も遅れるなど不可解な行動に不審が持たれた。この事件によって事実上大統領への道は閉ざされることになった。
ローズマリー
ジョンの妹ローズマリー・ケネディは、先天性に軽い知的障害を患い、体面を気にした父親ジョセフにより、ロボトミー手術を無理矢理受けさせられた。結果、手術前よりも寧ろ知能が後退し、性格まで粗暴になってしまった。その後、マスコミの目を避けさせるかの様に、医療サナトリウム施設へ隔離入院させられてしまう。結局2005年にこの世を去るまでサナトリウム施設に入ったままという悲劇のヒロインであった。
『ローズマリーには障害があると周りには知らされていたが、それがどういう意味かは分かりません。いずれにせよケネディ家の理想の娘ではなかったということです。ダンス好きなローズマリーは男の子にのぼせ易いところがありました。望まない妊娠でもしたらケネディ家の輝かしい未来が台無しです。それを恐れた父ジョセフは彼女が23歳の時ロボトミー手術を受けさせました。当時この手術は心の病に効果的だと言われてしましたが、結果ローズマリーの精神年齢は3歳児程度になってしまったのです』[2]
キャスリーン
ジョンの妹キャスリーン・キャヴェンディッシュ英語版(1920年-1948年)は、1944年に家族の反対を押し切って、プロテスタントのイギリス貴族の第10代デヴォンシャー公エドワード・キャヴェンディッシュ法定推定相続人であるハーティントン侯(儀礼称号)ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語版と結婚。長兄ジョゼフ・P・ケネディ・ジュニア以外の親族は彼女の挙式に参列しなかった。わずか4ヶ月後、夫ウィリアム侯が第二次世界大戦で戦死。未亡人となったキャスリーンはイギリスにとどまり、既婚者の第8代フィッツウィリアム伯ピーターの愛人となった。2人は、フィッツウィリアム伯の離婚後に再婚するつもりであったが、1948年キャスリーンの親族との関係を修復するためアメリカに向かう際、搭乗した飛行機が墜落、2人とも事故死した。葬儀に参列したのは実父ジョゼフ・シニアのみで、実母ローズを含む親族は、『カトリックであるためプロテスタントの儀式に参加しない』ことを理由に欠席した。
デビッド
ロバートとエセルの次男であるデビッド・ケネディ(1955年-1984年)は、父の不慮の死をきっかけに常習的な麻薬中毒になった。クリニックで治療を受けるものの回復できず、1984年に麻薬の過剰摂取が原因で急死した。
『デイヴィットは亡くなる数年前に次のように書き残している。「もし祖父が生きていたら、僕もローズマリー伯母さんと同じ目に会っていただろう。一族の厄介者として一族の写真から消されていたに違いない」』[3]
マイケル
ロバートとエセルの三男であるマイケル・ケネディ(1958年-1997年)は、アスペンのスキー場で家族と休暇中、誤って木に激突して事故死した。
ジュニア
ジョンの長男のジョン・F・ケネディJr.は、1995年に大手出版社のアシェット・フィリパッキ・メディアから発行された政治雑誌「GEORGE」の発行人を務めており、これらのことによりマスコミなどからは「将来の大統領候補[4]」と呼ばれていたが、ケネディ家の別荘のあるハイアニスポートに自家用機を操縦して向かう途中、大西洋上で墜落し不慮の死を遂げる。

構成員[ソースを編集]

アイルランド時代[ソースを編集]

  • ジェームズ・ケネディ・シニア(1770年–1835年) - 農夫、ジョン・ケネディ1世(1738年-1803年)の子供としてアイルランドで生誕。
    1. メアリー・ケネディ
    2. ジョン・ケネディ2世(1804年–1864年)
    3. ジェームズ・ケネディ・ジュニア(1816年–1881年)
    4. パトリック・ケネディ(1823年–1858年)

第一世代[ソースを編集]

第二世代[ソースを編集]

  • パトリック・ジョセフ・ケネディ1世
    1. ジョセフ・パトリック・ケネディ・シニア(1888年-1969年) - 実業家、証券取引委員会委員長、駐英アメリカ大使。
    2. フランシス・ベネディクト・ケネディ(1891年–1892年)
    3. メアリー・ロレッタ・ケネディ(1892年–1972年)
    4. マーガレット・ルイス・ケネディ(1898年–1974年)

第三世代[ソースを編集]

第四世代[ソースを編集]

第五世代[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 華麗なる「王朝」の嫡流=キャロライン・ケネディ次期駐日米大使 時事通信 2013年7月25日
  2. ^ 2010年フランスProgram33製作のドキュメンタリー番組「There is not such thing as a Happpy Kennedy」のケネディ家養育係の述懐より。
  3. ^ 2010年フランスProgram33製作のドキュメンタリー番組「There is not such thing as a Happpy Kennedy」のケネディ家養育係の述懐より。
  4. ^ ジュニアは政治的な野心を自らは表明してはいなかった。

関連項目[ソースを編集]