アシェット・フィリパッキ・メディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アシェット・フィリパッキ・メディア
Hachette Filipacchi Médias
設立 1826年、フランス
創業者 ルイ・アシェット
解散 2008年2月21日 ウィキデータを編集
本社
親会社 ラガルデール・アクティブ英語版
ウェブサイト www.hachette.com/en/ ウィキデータを編集

アシェット・フィリパッキ・メディア(Hachette Filipacchi Médias, S.A.、略称HFM)は、フランスに本社を置く雑誌出版社である。フランスのメディアコングロマリットラガルデールの一部門であるラガルデール・アクティブ英語版の完全子会社である。

歴史[編集]

アシェット・リーブルは、ルイ・アシェットが1826年にリブレリー・ブレディフ(Librairie Brédif)を買収して設立した会社で、後にL・アシェット商会(L.Hachette et Compagnie)となった。

アシェット社は1980年にマトラに買収された。アシェット・フィリパッキは1981年に国有化されたが、引き続き上場企業である。2004年にラガルデール・メディアに買収され、その子会社となった[1]

出版物[編集]

アシェット・フィリパッキ・メディアは、『パラン』(Parents)、『パリ・マッチ』(Paris Match)、『ジュルナル・デュ・ディマンシュ英語版』(Le Journal du Dimanche)を発行している。

1985年からは、フランス国外でも様々なタイトルを発行している[2]。2011年に『ELLE』『カー・アンド・ドライバー』などの国外タイトルをハースト・コーポレーションに売却した。

日本における活動[編集]

婦人画報社から改称したアシェット婦人画報社が、『婦人画報』、『25ans』、『ELLE japon』、『marie claire』(現在は読売傘下の中央公論新社発行)などを発行した。前述の国外タイトルのハースト社への売却に伴い、2011年にハースト婦人画報社に改称している。

教育や語学など専門書や教材はアシェット・ジャポン (Hachette Japon) を代理店として、株式会社三善紀伊国屋書店丸善出版などが販売している。

脚注[編集]

  1. ^ Nicholas Hewitt (2003-09-11). The Cambridge Companion to Modern French Culture. Cambridge University Press. p. 97. ISBN 978-0-521-79465-7. https://books.google.com/books?id=qczzKXFmPCYC&pg=PA97 2021年4月13日閲覧。 
  2. ^ Mania Strube (2010). “Entering emerging media markets: Analyzing the case of the Chinese magazine market”. The International Journal on Media Management 12 (3-4): 183-204. https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/14241277.2010.527313?casa_token=hN0JA5s-Q5IAAAAA%3AnW97AWzU_-zluY4duiIfCz_SDN_ANc1pz7bXa6k5P5r5B5EUrgjt4O3nZPJ6gOJYNbh_T6-LZLEO& 2020年3月29日閲覧。. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]