クラックダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラックダウン
ジャンル アクションシューティング
ステルスアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 セガ第1AM研究開発部
発売元 セガ
音楽 川上泰広
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板(2.02メガバイト
稼働時期 INT 1989041989年4月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
ニュージーランドの旗OFLC:PG
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Fantasy Violence
ヨーロッパ Violence
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 セガ・システム24
CPU MC68000 (@ 10 MHz)×3
サウンド MC68000 (@ 10 MHz)
YM2151 (@ 4 MHz)
DAC
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
496×384ピクセル
58.00Hz
パレット16384色
テンプレートを表示

クラックダウン』 (Crack Down) は、1989年4月セガから稼働されたアーケードアクションシューティングゲームおよびステルスアクションゲーム[1]。使用基板はセガ・システム24で、2人同時プレイが可能となっている。

移植に関しては、日本ではメガドライブ版(ホット・ビィによる移植)のみだが、欧米では各種ホビーパソコンに移植された。

メガドライブ版は2007年にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて、2010年にWindows用ソフトとしてSteamにてそれぞれ配信された。

概要[編集]

ステージは迷路のような構造となっており、画面は上部に面全体が、下部の左右に1P/2Pそれぞれの周囲が表示されており、この両画面を見ながらゲームを進めていく。×印が書かれた点に移動すると自動的に爆弾を設置。制限時間内にステージ中の全ての×印に移動し爆弾を設置した後に特定の脱出口に移動すると面クリアとなる。

操作は8方向レバーによる移動に加え、遠距離であれば射撃(連射性の高いマシンガンと貫通弾のキャノン)、近距離であれば打撃を行う攻撃ボタンと全画面に攻撃と緊急回避を兼ねるボンバー。アイテムを手に入れることで補充・交換できる。また、壁側にレバーを倒すことで壁に貼りつき、当たり判定が縮小する。キャラクターの移動が遅く、動きが全体的に細かいため、壁張り付きを使って攻撃を避ける・敵をやり過ごすなど、細かな駆け引きがゲームの要となっている。敵・攻撃に当たる・タイムオーバーになるとミス、残機が無くなるとゲームオーバー。

一定の時間に爆弾を設置する、射撃を一回も使わずに面をクリアすると特別ボーナス(通称忍ボーナス)、貫通弾で複数の敵を倒す、敵の銃撃で敵を倒す(新バージョンのみ)など得点稼ぎシステムが多い。

システム24上で開発された作品として、同じく画面が見下ろした2D画面でハードの持つ高解像度を生かした戦略性の高いゲーム性を持つ『ゲイングランド』(1988年)と並べて語られることが多く、サイトロンから発売されているサウンドトラック同梱の攻略DVDも『ゲイングランド』とのカップリングとなっている。

ストーリー[編集]

21世紀初頭、狂気の科学者「ミスターK」の作り出した戦闘用人工生命体の手によって未来工業都市「アトランティス」が占領された。

これに対し招集された2人の破壊工作のプロ「ベン・ブレイカー」、「アンディ・アタッカー」は、新型時限爆弾「シグマ」を用い、「アトランティス」の破壊及び「ミスターK」の野望阻止を目指す。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 Crack Down ヨーロッパ 1990年
Amiga
Amstrad CPC
Atari ST
コモドール64
ZX Spectrum
Arc Developments U.S. Gold フロッピーディスク
カセットテープ
- -
2 Crack Down アメリカ合衆国 1990年
PC/AT互換機 セガ セガ フロッピーディスク - -
3 クラックダウン 日本 199012101990年12月10日
ヨーロッパ 1991011991年1月
アメリカ合衆国 1991031991年3月
メガドライブ ホット・ビィ 日本 セガ
ヨーロッパ セガ
アメリカ合衆国 Sage's Creation
4メガビットロムカセット[2] 日本 G-4024
ヨーロッパ 1111-50
アメリカ合衆国 T-47046
-
4 クラックダウン 日本 200708072007年8月7日
ヨーロッパ 200709072007年9月7日
Wii ホット・ビィ セガ ダウンロード
バーチャルコンソール
- - メガドライブ版の移植
5 Crack Down アメリカ合衆国 201006012010年6月1日
ヨーロッパ 201006012010年6月1日
Windows ホット・ビィ セガ ダウンロード
(Steam)
- - メガドライブ版の移植

スタッフ[編集]

メガドライブ版
  • プランニング:KUBOPAN
  • プログラミング:SA.160A、EC.NA.DF.OE(えんどうきみひろ)、EBUC、SOFT MA
  • グラフィック・デザイン:KANAZAWA、NAGASAKI、GUNMA
  • ミュージック・コンポーズ:SEGA
  • ミュージック・アレンジ:MECANOIZE
  • サウンド・デザイン:YMOIMO by MS(すずきまさる)
  • スペシャル・サンクス:HOKKAIDO、CHIBA、KANAGAWA、HELP 1、HELP2、HELP 3
  • ディレクター:SA.160A
  • プロデューサー:2468DRIVE
  • カバー・イラストレーション:きむらひでふみ

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3/5stars (MD)[3]
Computer and Video Games75% (AC)[4]
91% (C64)[5]
Eurogamer6/10点 (Wii)[6]
ファミ通23/40点 (MD)[7]
NintendoLife7/10stars (Wii)[6]
Sinclair User8/10点 (AC)[4]
68% (ZX)[8]
Your Sinclair78% (AC)[4]
ACE3/5stars (AC)[4]
Aktueller Software Markt8.4/12点 (Amiga)[9]
6.8/12点 (CPC)[10]
8.2/12点 (ST)[11]
7/12点 (C64)[5]
Amiga Power2/6stars (Amiga)[9]
The Games Machine90% (ST)[11]
87% (C64)[5]
88% (ZX)[8]
ST Format81% (ST)[11]
Commodore Format71% (C64)[5]
メガドライブFAN16.71/30点 (MD)[2]
Mean Machines84% (MD)[3]
Raze78% (MD)[3]
メガドライブ大全肯定的 (MD)[12]
受賞
媒体受賞
第4回ゲーメスト大賞年間ヒットゲーム38位[13]
アーケード版

ゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第3回ゲーメスト大賞」(1989年度)において年間ヒットゲームで38位を獲得した[13]

メガドライブ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)になっている[7]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.71点(満30点)となっている[2]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.63 2.61 2.57 3.02 2.80 3.08 16.71
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「『ゲイングランド』と同じ頃に発売されたものの、いまいち有名になりきれなかったアクションゲーム」、「世界的に大ヒットした『メタルギアソリッド』シリーズに通じる面白さがある」と評している[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GAMING HISTORY
  2. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 11頁。
  3. ^ a b c Crack Down for Genesis (1990)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  4. ^ a b c d Crack Down for Arcade (1989)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  5. ^ a b c d Crack Down for Commodore 64 (1990)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  6. ^ a b Crack Down for Wii (2007)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  7. ^ a b クラックダウン まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月30日閲覧。
  8. ^ a b Crack Down for ZX Spectrum (1990)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  9. ^ a b Crack Down for Amiga (1990)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  10. ^ Crack Down for Amstrad CPC (1990)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  11. ^ a b c Crack Down for Atari ST (1989)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  12. ^ a b 「Chapter 03 1990年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、56頁。ISBN 9784872338805
  13. ^ a b 「ゲーメスト大賞11年史」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 20 - 21頁、 ISBN 9784881994290

外部リンク[編集]