キルン・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キルン・ハウス
フリートウッド・マックスタジオ・アルバム
リリース 1970年9月18日
録音 1970年6月-7月
ジャンル ロック
時間 33:54
レーベル Reprise
プロデュース フリートウッド・マック
専門評論家によるレビュー
フリートウッド・マック 年表
ゼン・プレイ・オン
(1969年)
キルン・ハウス
(1970年)
フューチャー・ゲーム
(1971年)
テンプレートを表示

キルン・ハウス(Kiln House)はイギリスのバンド、フリートウッド・マックが発表したアルバムである。1970年に発売した。ピーター・グリーンが脱退してから初のアルバムである。そして、ジェレミー・スペンサーが参加した最後のアルバムである。クリスティン・マクヴィーがレコーディング・セッションに現れ、バッキング・ボーカルとアルバムカバー作成の手助けをした。彼女はメンバーでは無かったが、アルバムが完成してから正式なメンバーとなった。

スペンサーのレトロな50年代へのあこがれとパロディがアルバムを占めているが、ダニー・カーワンのより誠実な歌はほぼ同じくらいに目立っている。「バディーズ・ソング」はバディ・ホリーの母がクレジットされているが、実際の曲は「ペギー・スーの結婚」にバディ・ホリーの曲名をリストアップした新しい歌詞を付けた物である。

カーワンのインストゥルメンタル、「アール・グレイ」の初期版「フェアウェル」が後のコンピレーション、ボードビル・イヤーズに収録された。

曲順[編集]

  1. ディス・イズ・ザ・ロック - "This Is the Rock" (Spencer) – 2:45
  2. ステイション・マン - "Station Man" (Kirwan/Spencer/J McVie) – 5:49
  3. ブラッド・オン・ザ・フロアー - "Blood on the Floor" (Spencer) – 2:44
  4. ハイ・ホー・シルヴァー - "Hi Ho Silver" (Waller/Kirkeby) – 3:05
  5. 愛しのジュディー - "Jewel Eyed Judy" (Kirwan/Fleetwood/J McVie) – 3:17
  6. バディーズ・ソング - "Buddy's Song" (Buddy Holly) – 2:08
  7. アール・グレイアール・グレイ - "Earl Gray" (Kirwan) – 4:01
  8. ワン・トゥゲザー - "One Together" (Spencer) – 3:23
  9. 君のすべてを教えておくれ - "Tell Me All the Things You Do" (Kirwan) – 4:10
  10. ミッション・ベル - "Mission Bell" (Hodges/Michael) – 2:32

クレジット[編集]

フリートウッド・マック

外部ミュージシャン

制作[編集]