ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック
フリートウッド・マックコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1975年-1997年
ジャンル ロック
レーベル リプリーズ・レコード
プロデュース フリートウッド・マック
リンジー・バッキンガム
キース・オルセン
リチャード・ダシュット
ケン・キャレイ
グレッグ・ラダニー
エリオット・ シャイナー
フリートウッド・マック 年表
ザ・ダンス
(1997年)
ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック
(2002年)
セイ・ユー・ウィル
(2003年)
テンプレートを表示

ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック』 (The Very Best of Fleetwood Mac) は2002年に発売になったフリートウッド・マックのコンピレーション・アルバムである。2003年に発売するアルバム『セイ・ユー・ウィル』のプロモートとして発売された。アメリカでは2枚組アルバムとして発売され、イギリスでは1枚組アルバムで発売された。ビルボード200では2002年11月2日付で12位に現れた。42週チャート入りした。RIAAはアルバムに対して2002年11月12日にゴールドを認定し、2003年1月10日にプラチナムを認定した。

アメリカ版は黄金時代(1975年以降)のフリートウッド・マックの曲が収録されている。それまでリリースされていなかった「シルヴァー・スプリングス」と『ザ・ダンス』の「ゴー・インセイン」の演奏、そしてエンハンスドエリアにライブ演奏、インタビュー、音楽ビデオやバンドが新作アルバムを作る場面が含まれている。

イギリス版にはエンハンスドエリアは存在せず、ピーター・グリーン時代のフリートウッド・マックの曲が収録されている。

イギリス版曲順[編集]

  1. オウン・ウェイ - "Go Your Own Way" (Lindsey Buckingham)
  2. ドント・ストップ - "Don't Stop" (Christine McVie)
  3. ドリームス - "Dreams" (Stevie Nicks)
  4. リトル・ライズ - "Little Lies" (C. McVie, Eddy Quintela)
  5. エヴリホエア - "Everywhere" (C. McVie)
  6. アルバトロス (あほうどり) - "Albatross" (Peter Green)
  7. ユー・メイク・ラヴィング・ファン - "You Make Loving Fun" (C. McVie)
  8. リアノン - "Rhiannon" (Nicks)
  9. ブラック・マジック・ウーマン - "Black Magic Woman" (Green)
  10. タスク - "Tusk" (Buckingham)
  11. セイ・ユー・ラヴ・ミー - "Say You Love Me" (C. McVie)
  12. マン・オブ・ザ・ワールド - "Man of the World" (Green)
  13. セブン・ワンダーズ - "Seven Wonders" (Sandy Stewart, Nicks)
  14. ファミリー・マン - "Family Man" (Buckingham, Richard Dashut)
  15. セーラ - "Sara" (Nicks)
  16. マンデイ・モーニング - "Monday Morning" (Buckingham)
  17. 愛のジプシー - "Gypsy" (Nicks)
  18. オーヴァー・マイ・ヘッド - "Over My Head" (C. McVie)
  19. ランドスライド - "Landslide" (Nicks)
  20. ザ・チェイン - "The Chain" (Buckingham, Mick Fleetwood, C. McVie, John McVie, Nicks)
  21. ビッグ・ラヴ - "Big Love (Live, 1997)" (Buckingham)

アメリカ版曲順[編集]

ディスク1[編集]

  1. マンデイ・モーニング - "Monday Morning" (Buckingham) – 2:48
  2. ドリームス - "Dreams" (Nicks) – 4:14
  3. ユー・メイク・ラヴィング・ファン - "You Make Loving Fun" (C. McVie) – 3:31
  4. オウン・ウェイ - "Go Your Own Way" (Buckingham) – 3:38
  5. リアノン - "Rhiannon" (Nicks) – 4:09
    • 1976年のシングル版。
  6. セイ・ユー・ラヴ・ミー - "Say You Love Me" (C. McVie) – 4:09
  7. アイム・ソー・アフレイド - "I'm So Afraid (Live, 1997)" (Buckingham) – 6:00
  8. シルヴァー・スプリングス - "Silver Springs" (Nicks) – 4:35
    • スタジオ版の編集。
  9. オーヴァー・マイ・ヘッド - "Over My Head" (C. McVie) – 3:34
    • 1975年のシングル版。
  10. もう帰らない - "Never Going Back Again" (Buckingham) – 2:02
  11. セーラ - "Sara" (Nicks) – 6:26
  12. ラヴ・イン・ストアー - "Love in Store" (C. McVie, Jim Recor) – 3:23
  13. タスク - "Tusk" (Buckingham) – 3:29
  14. ランドスライド - "Landslide" (Nicks) – 3:16
  15. ソングバード - "Songbird" (C. McVie) – 3:20
  16. ビッグ・ラヴ - "Big Love (Live, 1997)" (Buckingham) – 3:39
    • ザ・ダンスに収録
  17. 夜ごとの嵐 - "Storms" (Nicks) – 5:28

多くのコンピュータで利用できるマルチメディア部分には、ミュージック・ビデオやインタビュー、ディスコグラフィやこのディスクでしか得られないスペシャル・ウェブサイトへのパスワードなどが入っている。

ディスク2[編集]

  1. ザ・チェイン - "The Chain" (Buckingham, Fleetwood, Nicks, C. McVie, J. McVie) – 4:28
  2. ドント・ストップ - "Don't Stop" (C. McVie) – 3:11
  3. 何が貴女を - "What Makes You Think You're the One" (Buckingham) – 3:30
  4. 愛のジプシー - "Gypsy" (Nicks) – 4:23
  5. セカンド・ハンド・ニュース - "Second Hand News" (Buckingham)" – 2:43
  6. リトル・ライズ - "Little Lies" (C. McVie, Quintela) – 3:38
  7. シンク・アバウト・ミー - "Think About Me" (C. McVie) – 2:44
    • 1980年のシングル版。
  8. ゴー・インセイン - "Go Insane (Live, 1997)" (Buckingham) – 4:20
    • ザ・ダンスのときに演奏しているがDVD版のみに収録されていた。
  9. ゴールド・ダスト・ウーマン - "Gold Dust Woman" (Nicks) – 4:51
  10. ホールド・ミー - "Hold Me" (C. McVie, Robbie Patton) – 3:46
  11. セブン・ワンダース - "Seven Wonders" (Stewart, Nicks) – 3:38
  12. ワールド・ターニング - "World Turning" (Buckingham, C. McVie) – 4:25
  13. エブリホエア - "Everywhere" (C. McVie) – 3:43
  14. 月世界の娘 - "Sisters of the Moon" (Nicks) – 4:37
    • 1980年のシングル版。
  15. ファミリー・マン - "Family Man" (Buckingham, Dashut) – 4:01
  16. ユー・フォロー - "As Long As You Follow" (C. McVie) – 4:08*
  17. ノー・クエスチョンズ - "No Questions Asked" (Nicks) – 4:40*
  18. スカイズ・ザ・リミット - "Skies The Limit" (McVie) – 3:44
  19. ペーパー・ドール - "Paper Doll" (Nicks) – 3:56*
  • 「ユー・フォロー」と「ノー・クェスチョンズ」 はスタジオ・アルバムの収録曲ではない。最初に登場したのは1988年のアルバムグレイテスト・ヒッツである。
  • 「ペーパー・ドール」もスタジオ・アルバム収録曲ではない。初めて収録されたのは1992年のコンピレーション・アルバム、25イヤーズ・ザ・チェインである。