キプリヌス・ルブロフスクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C. rubrofuscus
Cyprinus rubrofuscus Bleeker.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : コイ亜科 Cyprininae
: コイ属 Cyprinus
: C. rubrofuscus
学名
Cyprinus rubrofuscus
(Lacépède, 1803)
シノニム
  • Cyprinus haematopterus Temminck & Schlegel, 1846
  • Cyprinus viridiviolaceus Lacépède, 1803
英名
Amur carp

Cyprinus rubrofuscus(アムールコイ)はコイ科の魚のである。東アジアに広く分布しており、アムール川から紅河流域までのラオスベトナム中国が原産である。自然生息地外にも移入している[1]。よく知られているニシキゴイの野生種である。泥臭さと骨っぽさで知られており、したがって煮込みを除いては土地の人たちによって一般的に食されない[2]

過去には、しばしばC. carpio haematopterusシノニム)という学名の下でコイCyprinus carpio)の亜種と見なされていたが、これらは遺伝学[3][4]ならびに計数形質英語版的に異なっている。そのため、近年の出典はこれらを別種と認めている[1][2]。初期の研究も、東アジアの北部("haematopterus")と南部("viridiviolaceus")の集団の間に計数形質[5]および遺伝学[3]におけるわずかな相違を見出していたものの、後の研究でそれらは単系統群ではないことが明らかにされた[6]。しかしながら、異なる地域間でコイが幅広く移動するため、系統学的構造を構築するのは困難である[6]。観賞用に改良されたニシキゴイの祖先種は東アジアのコイ、( C. carpioではなく)おそらくC. rubrofuscusである[7][8]

出典[編集]

  1. ^ a b c Allen, D. & Freyhof, J. (2012年). "Cyprinus rubrofuscus". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2016.2. International Union for Conservation of Nature. Retrieved 7 November 2016.
  2. ^ a b Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2016). "Cyprinus rubrofuscus" in FishBase. November 2016 version.
  3. ^ a b Zhou, J.; Wu, Q.; Wang, Z.; Ye, Y. (2004). “Molecular phylogeny of three subspecies of common carp Cyprinus carpio, based on sequence analysis of cytochrome b and control region of mtDNA”. J. Zool. Syst. Evol. Res. 42 (4): 266–269. doi:10.1111/j.1439-0469.2004.00266.x. 
  4. ^ Xu, Peng; Zhang, Xiaofeng; Wang, Xumin; Li, Jiongtang; Liu, Guiming; Kuang, Youyi; Xu, Jian; Zheng, Xianhu et al. (2014). “Genome sequence and genetic diversity of the common carp, Cyprinus carpio”. Nat. Genet. 46 (11): 1212–1219. doi:10.1038/ng.3098. 
  5. ^ Kirpitchnikov, V.S., and Billard, R. (1999). Genetics and Breeding of Common Carp. p. 5. INRA. 978-2-7380-0869-5
  6. ^ a b Wang, Chenghui; Liu, Hao; Liu, Zhizhi; Wang, Jun; Zou, Jixin; Li, Xuejun (2010). “Mitochondrial genetic diversity and gene flow of common carp from main river drainages in China”. Freshwater Biology 55 (9): 1905–1915. doi:10.1111/j.1365-2427.2010.02424.x. 
  7. ^ Freyhof, J. & Kottelat, M. (2008年). "Cyprinus carpio". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2016.2. International Union for Conservation of Nature. Retrieved 7 November 2016.
  8. ^ Craig, J.F., eds. (2015). Freshwater Fisheries Ecology. p. 297. Wiley-Blackwell. 978-1-118-39442-7.