カシオペア連邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カシオペア連邦(カシオペアれんぽう)は、岩手県北部の5市町村(設立当時)の連合体(二戸郡浄法寺町一戸町二戸市九戸郡九戸村軽米町)の通称名である。ミニ独立国のひとつで、1991年に建国された。

名称の由来[編集]

  • 岩手県北部の浄法寺・一戸・二戸・九戸・軽米の5市町村(設立当時)を点と線でつなぐと星座カシオペヤ座」のW形になることから、これら5市町村の連携を深めようと名付けられた。

市町村合併の動き[編集]

  • 「平成の大合併」に伴い、カシオペア連邦内でも二戸市が中心となって他の4町村に合併協議への参加を呼びかける形で市町村合併の動きが起こり、合併協議会が立ち上げられた。しかし一戸町と軽米町は協議会に参加せず、九戸村も一旦は協議会に参加したものの離脱し、現状では、2006年(平成18年)1月1日に旧・二戸市と浄法寺町が合併して、新たな二戸市が誕生するに留まっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]