イノブータン王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イノブータン王国(イノブータンおうこく、英称THE KINGDOM OF INOBOOTAN)は、日本国和歌山県すさみ町が過疎対策や観光資源として興した、町おこし戦略。同町を領土とする「イノブータン王国」なるパロディ国家であると自称し、様々なイベントを行う、施設の呼称「イノブタ」を「独立国家」に関連させたものに変更するなど、かなり真剣なものである。略称は「イブ王国」。

概要[編集]

すさみ町が観光資源としているイノブタを扱ったイベントの第一歩は、1981年(昭和56年)に第1回が行われたイノブタダービーである。その5年後、イノブータン王国は建国された。

イノブータン王国の主張によると、1986年(昭和61年)3月4日に当時の内閣総理大臣中曽根康弘建国宣言書を手渡している。翌日の3月5日には、当時の通商産業大臣渡辺美智雄通商友好条約を締結。国家権力にも止められない外交手腕を発揮した。その2ヶ月後の5月4日にイノブータン王国が建国した。

しかし、日本国外務省は「イノブータン王国」の名称を、実在するブータン王国[1]を侮辱することにもなりかねないと懸念を表明している[2]。(ただし2000年頃には既にブータン王国と和解済み/イブ王国に改名済みとの情報もある)[要出典]

そして、恒例行事として、毎年5月3日には建国記念祭とイノブタダービーが行われる。その他、王国夏祭り・王国運動会・王国通常国会・王国グルメンピックなど、年中通してさまざまなイベントが開かれている。

なお、イノブータン大王と今くるよを結婚させる計画がかつて持ち上がっていたが、「実在の人物と結婚させるのは『人権問題』に触れる」との批判が寄せられたため、破談となったことがある。

googleマップでは「イノブータン王国」と検索すると、「649-3141」という郵便番号とともに「和歌山県すさみ町見老津1-32」という住所が表示される。なお、この郵便番号を日本郵便の公式サイトで検索した場合は「和歌山県西牟婁郡すさみ町」という住所が表示される。[3]

王国[編集]

王室[編集]

イノブタファミリーは、イノブータン大王キララ王妃サミー君イブちゃんの"4体"。「王&王妃」はリアル系、「サミー&イブ」はコミカル系と、デザインの路線が異なる。

王と王妃は、居城であるイノブータン城(道の駅イノブータンランド・すさみ)に鎮座されており、いつでも謁見できる。ただし、固定されているので動かない。

  • 国王 - イノブータン大王
    • 王国は、大王をイギリスの「ザ・タイムズ」において20世紀の100人に選ばれていると主張している[4]。ザ・タイムズという新聞は実在するものの、これとは別に「タイム100」というニュース雑誌が「20世紀で最も重要な100人」というリストを発表したことはあるが、イノブータン大王は掲載されていないほか、同誌はアメリカの雑誌である。[5]
  • 王妃 - キララ王妃
  • 筆頭執事 - サミー君
  • サミー君の恋人 - イブちゃん

閣僚[編集]

現行のものとは異なる。現行の閣僚は王国の公式ウェブサイトを参照されたい。

  • 総理大臣 - 岩田 勉
  • 国会議長 - 岡本克敏
  • 熱烈歓迎庁長官 - 朝本紀夫
  • 国民養成庁長官 - 西岡行男
  • レタス輸出庁長官 - 二見圭一
  • かつお捕獲庁長官 - 岩田幸男
  • ナイスミディ庁長官 - 上野みさ代
  • 郵政大臣 - 泰間学
  • 軽財奇画庁長官 - 鈴木茂
  • 運輸大臣 - 瀬戸幸信
  • 王国迎賓館館長 - 坂本信也
  • 元湯湯船庁長官 - 上中冨士夫
  • イノブータン宮殿総長 - 中谷節子
  • マリンレジャー庁長官 - 松田猛司
  • 王国通訳 - 金谷 哲男
  • 王国枢密院議長 - 上田勝司

国旗[編集]

下記建国宣言書ページを参照

国歌[編集]

建国宣言書[編集]

王国が示す範囲[編集]

同町全域をイノブータン王国として扱っていると思われる(道の駅イノブータンランド・すさみに掲示された資料ではイノブータン王国の面積として、日本国和歌山県すさみ町の面積と殆ど同じ数値が表記されていたという情報がある[要出典])。ただし、2017年に道の駅すさみにて行われた第9回すさみちマルシェでは、会場が同町内であるにもかかわらず「イノブータン王国から出張中」という表現がみられ、少なくとも道の駅すさみ敷地内は同町内でありながらイノブータン王国ではないという見解が存在するものと思われる。[1]

施設呼称の変更例[編集]

また、施設ではないが「イノブータン王国陸上クラブ」というクラブもある。

イノブタの誕生[編集]

イノブタの肉

「イノブタ君の家」(和歌山県農林水産技術センター・畜産試験場)のイノブタ1970年イノシシを父に、ブタを母に誕生している。

通貨単位[編集]

通貨単位「ブータン」[要出典]。100ブータン=100円の固定相場制

年号[編集]

年号は「猪豚」、猪豚元年=1986年昭和61年)で、これ以前は紀元前であり、さかのぼって数えられる。つまり、イノブタその物が誕生した1967年(昭和42年)は紀元前19年である。

関連商品[編集]

鎮座するイノブータン大王とキララ王妃

300円。無論、持っていなくても入国できるが、すさみ町や王国の宿泊・特産品情報やアクセスマップをはじめとした機密事項を網羅、さらには町内でのスタンプラリーに参加できたりと、持っていればすさみ町観光がさらに楽しめる。

イノブタマニアのコレクター魂をくすぐる商品展開となっている。[要出典]
上記の商品は「道の駅イノブータンランド・すさみ」(イノブータン城ともいう)等で購入する事ができ、外貨獲得に一役買っている。また、国歌「GO GO ブータン」が、携帯電話の着信メロディーとして有料で全国配信されている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ブータンは国名をKingdom of Bhutanと表記し、イノブータンの英語表記とはまったく異なる。また、日本国はブータンを国家承認しているものの、イノブータンを自国領とみなしており、外務省公式サイトにおいてもイノブータンに言及していない。英語表記では似ておらず、ブータンでは使用されていない文字では似ていることが、懸念を表明する理由になるのか(何を根拠に外務省が懸念しているのか)は不明。
  2. ^ ただし、日本国内には日高市の一部や南アルプス市など、他国の地名を元とした地名が多数存在し、これらにおいて元となった地名の地域の住人が侮辱されていると主張した例は確認されていない。高麗にいたっては侮辱どころか大韓民国京畿道烏山市友好都市にさえなっているほか、高麗神社にいたっては在日本大韓民国民団将軍標の寄贈さえ行っている。
  3. ^ 日本郵便株式会社の公式サイトによる検索結果2015年1月30日検索
  4. ^ 当該主張が掲載されているページ2015年1月30日閲覧
  5. ^ タイム100が発表したリスト及び同誌がアメリカの雑誌である出典2015年1月30日閲覧