カオスコントロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カオスコントロール
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 セガサターンPlayStationフィリップス CD-iMS-DOSMacintosh
開発元 インフォグラム
発売元 ヴァージンインタラクティブエンターテインメント
人数 1人
発売日 1995年12月29日(SS)、1996年10月4日(PS)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

カオスコントロールは、インフォグラムが開発したフィリップス CD-iMS-DOSで発売され、1995年12月29日セガサターンと、1996年10月4日PlayStationにてヴァージンインタラクティブエンターテインメントから発売されたシューティングゲーム

概要・システム[編集]

説明書には「飛行コースはあらかじめ設定されているので、面倒な自機の操作は必要ありません。シューティングシーンでは、敵の動きだけに集中して、ひたすら撃ちまくる快感に浸ることができるのです」とある。しかし裏を返せば仕様として敵の攻撃を避けることができないことを意味しており、敵の攻撃を無効化するべく撃墜しようにも敵の動きに照準が追い付かないこともままある。とはいえ難易度は決して高くなく、スタートからクリアまで1時間程度が目安となる。ステージの間のムービーが2秒で終わる、そうしたムービーの一部がでも画面で見られるといった点も特筆される。

ストーリー[編集]

宇宙船が携えた、まだ見ぬ宇宙の同胞へのメッセージ。メッセージは友ではなく、敵を呼び込んでしまった。異星人ケシュラーンは宇宙船のデータをもとに太陽系を襲撃。このままでは地球が危ない!地球人と異星人、異種族同士の決戦の幕はいま切って落とされた。


参考文献[編集]

  • 太田出版『超クソゲーVR』(多根清史、阿部弘樹、箭本進一著)89ページから91ページ