クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クイーン・エリザベス
・オリンピック・パーク
(Queen Elizabeth II Olympic Park)
2012年4月の公園
2012年4月の公園
公園の地図
公園の地図
座標: 北緯51度32分46秒 西経0度00分46秒 / 北緯51.54615度 西経0.01269度 / 51.54615; -0.01269座標: 北緯51度32分46秒 西経0度00分46秒 / 北緯51.54615度 西経0.01269度 / 51.54615; -0.01269
イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
都市 ロンドン
ロンドン特別区 ニューアムタワーハムレッツウォルサム・フォレストハックニー
地区 ストラトフォードボウレイトンホマートン
等時帯 UTC(UTC+0
 - 夏時間(DST BST(UTC+1
ウェブサイト queenelizabetholympicpark.co.uk
クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク
正式名称 Queen Elizabeth Olympic Park
旧名 オリンピック・パーク
(2012年夏季オリンピック)
中核施設 ロンドン・スタジアム
収容人数: 66,000
他スポーツ施設 アクアティクス・センター
カッパー・ボックス
リー・バレー・ホッケー・アンド・テニス・センター英語版
ヴェロパーク
建設
建設期間 2008–2011
開業 2012

クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク: Queen Elizabeth II Olympic Park)は、イギリスロンドンにある、2012年ロンドンオリンピックおよび同パラリンピックのために建てられたスポーツ複合施設で、同市の東側ストラトフォード・シティ開発地区に隣接した場所にある。敷地内には選手村のほか、ロンドン・スタジアムアクアティクス・センターを初めとする競技施設が複数入っている。

イギリス最大のパブリックアート作品であり展望台のアルセロール・ミッタル・オービットからこの公園が一望できる。五輪期間中はオリンピック・パークと呼ばれていたが、五輪閉幕後に現在の名前に改称された。これは2012年に女王エリザベス2世が即位60年となることを記念して付けられたものである[1](ただしロンドンの公式な王立所有地ではない)[2]

所在地[編集]

パークの敷地は4つのイースト・ロンドン自治区、すなわちニューアム区タワーハムレッツ区ハックニー区ウォルサム・フォレスト区にまたがっている。この場所はかつて未開発緑地とブラウンフィールド[注釈 1]が混在しており、ハックニー・マーシュズ(という湿地帯)を一部含んでいた[3]

ロイヤルメールはこの公園とストラトフォード・シティにポストコード"E20"を割り当てており、それはかつて連続テレビドラマ「イーストエンダーズ」における架空の郊外ウォルフォードに付されていた番号である[4]

2011年8月2日、そこには住宅および快適環境の整った5つの近隣地区ができると発表された。

  • チョバーム・マナー(ニューアム・ロンドン自治区内)
  • イーストウィック(ハックニー・ロンドン自治区内)
  • スウィートウォーター(タワーハムレッツ・ロンドン自治区内)
  • プディング・ミル(ニューアム・ロンドン自治区内)
  • マーシュゲート・ワーフ(ニューアム・ロンドン自治区内)

これらの名前には同地域に関連した歴史がある[5]。ウォルサム・フォレスト区を除いて、4つのイーストロンドン自治区全てがこのような近隣地区でパーク敷地を囲んでいる。

設計[編集]

オリンピック・パークは (EDAWBuro Happoldから成る) EDAWコンソーシアムによって設計され、アラップおよびWSアトキンスと協働している。詳細な景観構築は、ハーグレイブス・アソシエイツとLDAデザインの共同で行われた。同パークの照明はサットン・ベイン・アソシエイツの設計で実施された[6]

ロンドン・オリンピックおよびパラリンピックの招致活動において、当初はメイン会場に加えて4つの屋内競技場がオリンピック・パーク内にあると提案されていたが、2006年に公表されたマスタープランでは3つに削減された[7]。フェンシング競技場も中止され、同競技はエクセル展覧会センターで開催された。残りの屋内競技施設はバスケットボール・アリーナカッパー・ボックスであるが、これに加えてウォーター・ポロ・アリーナアクアティクス・センターヴェロパークがある。最終設計案はオリンピック会場建設委員会 (Olympic Delivery Authority) [8]によって承認された。

レガシー・リスト慈善団体[編集]

ザ・レガシー・リストはクイーン・エリザベス・オリンピック・パークのための独立した慈善団体で、大会の遺産を支援するため2011年に設立された。 アルメイダ劇場の業務執行取締役でイングランド芸術評議会英語版を運営していたサラ・ウィアー(Sarah Weir)が、ザ・レガシー・リストというクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク慈善団体を創設した。 2013年秋、サラはワデスドン・マナー[注釈 2]の最高経営責任者に就任した[9]

建設[編集]

建設期間中、8万人超の作業者がこのプロジェクトに携わった[10]。オリンピック・パークの建設は、CH2M Hill、Laing O'Rourke、MaceからなるCLMデリバリー・パートナーによって管理されていた。CLMは内部道路網の管理を含め、会場建設区域の間の「空白」スペースを特に管理していた。建設が本格的に始まると、作業を円滑に進めるために、建設予定地周辺に設置されていた最大高さ65mの送電用鉄塔52基が撤去され、その電力はPLUGプロジェクトで建設された新たな地下トンネルを通して供給されるようになった[11]。 また公園敷地に関しては土壌の浄化作業が行われ、イギリス在来種の動植物が移植され、産業化前の植生の再現が試みられた。

パーク内の施設[編集]

加えて、オリンピックおよびパラリンピック大会時は以下の物もあった。

批判[編集]

ローワン・ムーアは、クイーン・エリザベス・オリンピック・パークがオープンしたときに、ガーディアン紙に書いて次のようにコメントした[12]。「狂ったように奇抜な、照明器具、競技場の設備、座席、木の種類、花崗岩の彫刻の塊、キオスク、手すりと表面の色合い...誰もが有名になろうとオリンピック・シンドロームに罹っています。賞賛に値するOudolfを除けば、落ち着いたものを誰もやろうとしていないのです」。

ロバート・ホールデンとトム・ターナーは、オリンピック・パークの景観構築のレビューにおいて[13]、基本的に「景観プランのほうが景観デザインよりもはるかに優れている」と指摘。景観プランでは、パーク北部区画にあるリー川の開放、居住環境創造の戦略、同パークと周辺地区との優れた繋がりが考慮されている。景観デザインは広大な歩行者用コンコースばかりで、それは大会期間中こそ混み合うだろうが、それ以外の時は未使用の空港滑走路同然だ、と述べている。

五輪後の用途[編集]

この公園はロンドン五輪閉幕後も様々な用途で使用されていたり、使用する計画がある。

インターナショナル・クォーター・ロンドン[編集]

インターナショナル・クォーター・ロンドン英語版は、2012年ロンドン五輪・パラリンピックの開催地ストラトフォードにある新しい商業地区である[23]。そこは複合用途で開発が行われており[24]、総投資額は13億ポンドを超え、レンドリース (建設業)英語版ロンドン・アンド・コンティネンタル・レイルウェイズによって50/50の合弁事業で実施されたものである[25]

インターナショナル・クォーター・ロンドンには、400万平方フィートの商業オフィス空間[26]、グラスハウス・ガーデンズとして知られる住宅330戸、そして新しいホテルが入っている[27]。同地域へはストラトフォード駅を経由して行くことができる。

その後の国際スポーツ大会[編集]

2012年ロンドン五輪終了後、同パークにあるスポーツ施設の規模は縮小されたが、遺産の一部は恒久的な施設として残っている。それは地元や地域コミュニティの資源として、また五輪のように世界水準の施設を使う主要な国際スポーツ大会のために継続的に利用されている。

スポーツクラブの拠点[編集]

国際大会のための会場使用に加えて、施設の一部は様々なスポーツのアマチュアおよびプロチームによる定期的な利用も考慮している。

2011年2月11日、ウェストハム・ユナイテッドFCトッテナム・ホットスパーFCに先んじて、大会終了後にオリンピック・スタジアムをサッカー場として引き継ぐ優先交渉者に選ばれた。しかし、5日後にレイトン・オリエントFCの会長バリー・ハーンがウェストハムFCを同スタジアムに移転させる決定に異議を唱えると発表した、というのも彼はウェストハムがブリスベン・ロード・スタジアムから1マイル(1.6km)以内でプレーすることで、オリエントFCのサポーター達やその支援をも失いかねないと考えたのである[37]。ハーンは何年か前からオリエントFCをオリンピック・パークに移動させ、その収容人数を25000席に減らすことに関心を示していた[38]、一方でウェストハムFCは自分達の移転が行われた際には容量を6万人に削減する予定だった[39]。またトッテナム・ホットスパーはこの決定に対する法的措置を追求し、最終的には2011年10月11日に法的圧力のためウェストハムとの契約は破談となった。ただウェストハムはその後のテナント入札に勝ち続け、2016-17年のサッカーシーズン初頭から同スタジアムをメインのテナントとして使用するようになった[40]

カッパー・ボックスは2012年ロンドン五輪終了後に残る唯一の恒久的な屋内競技場であった。主にハンドボールおよびゴールボール競技会の使用のために建設されたものだが、それはバスケットボールでの利用を含むだろう多目的会場に変えられた。ミルトン・キーンズにあるプレステージ・ホームズ・アリーナの所有者がリースを終了した結果、バスケットボールクラブのロンドン・ライオンズ(London Lions)が2013-14年のBBLシーズンに向けてカッパー・ボックスに移転した[41]

リー・バレー・ホッケー・センターは旧イートン・マナーの改修から生まれた。この施設は現在ワッピング・ホッケー・クラブ(Wapping Hockey Club)のグラウンドとなっている[42]。同センターには最先端のホッケー競技場が2面あり、リー・バレー・リージョナル・パーク・オーソリティー(LVRPA)によって運営されている。

オリンピック終了後に元のウォームアップコースの解体に続いて、オリンピックスタジアム南側に新しい6レーンの施設が建設された。そこは2017年世界陸上に続いて、ニューアム&エセックス・ビーグルズ体操クラブのためのコミュニティ会場および新拠点として使用されている[43]

コンサート[編集]

2013年1月、音楽コンサートのプロモーター社ライブ・ネイションがスタジアムとその周辺の公園でショーを上演する権利を獲得した。2013年7月に同パークで音楽イベントが開催されたものの、スタジアムは使用されなかった[44]。リバーバンク・アリーナの以前の場所は、ハード・ロック・コーリングワイヤレス・フェスティバルエレクトリック・デイジー・カーニバルといった音楽祭の開催に使用された[45][46]

以来、スタジアムではガンズ・アンド・ローゼズAC/DCロビー・ウィリアムズなどの様々なコンサートが開催されている。

交通[編集]

鉄道[編集]

ロンドンバス[編集]

停留所[編集]

ストラトフォード・シティバス停留所

バス乗り継ぎ[編集]

  • ボウ教会には、中央(8,25,205,N8,N205)、北部(276,488)、北東部(425,488)、南東部(108)への運行路線がある。
  • ハックニー・ウィックには中央(26,30,388)、北部(236,276,488)、東部(276,488)への運行路線がある。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ イギリスではおおむね「工業的に放棄された空き地で、残された土壌汚染のために次の開発が難しい地区」を指す。未開発緑地(グリーン・フィールド)と対をなす都市開発用語。詳細は、英語版en:Brownfield landを参照。
  2. ^ 富豪ロスチャイルド男爵のために建てられたマナー・ハウス(別荘)で現在は観光名所。英国バッキンガムシャー州のワデスドン村にある。
  3. ^ 2014年から始まった障害者スポーツの国際大会の一つ。英国王室のヘンリー (サセックス公)王子が大会の創設や運営に深く関わっている[29]
出典
  1. ^ “Games site renamed the Queen Elizabeth Olympic Park”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-11492273 2007年10月10日閲覧。 
  2. ^ Minton, Anna (2012). Ground Control (2nd ed.). Penguin. オリジナルの20 June 2012時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120620115013/http://www.annaminton.com/Ground_Control.htm 2012年6月25日閲覧。. 
  3. ^ Protest stirs in troubled east - Paul Kelso in The Guardian February 15, 2005 date accessed: 30 October 2006
  4. ^ BBC News: London - Olympic Park to share EastEnders' Walford E20 postcode Accessed 19 March 2011
  5. ^ “London 2012 Olympic Park Neighbourhood Names Revealed”. BBC News. (2011年8月2日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-14364485 
  6. ^ London 2012 Olympic Parklands”. Michael Grubb Studio (2013年10月28日). 2014年2月20日閲覧。
  7. ^ “London unveils Olympic masterplan”. BBC News. (2006年6月7日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/other_sports/olympics_2012/5055306.stm 
  8. ^ 自治体国際化協会ロンドン事務所の公表資料「(財)自治体国際化協会ロンドン事務所 マンスリートピック(2013年10月)」に基づく訳語
  9. ^ Sarah Weir OBE - Birkbeck, University of London”. www.bbk.ac.uk. 2016年12月8日閲覧。
  10. ^ HRSID London Olympic Park Project Stats”. hrsid.com. 2013年12月19日閲覧。
  11. ^ Last pylon removed from Olympic Park as £250m powerlines project delivered on time and to budget Archived 4 January 2013 at Archive.is London 2012, 9 December 2008
  12. ^ Moore, Rowan (2014年4月6日). “Queen Elizabeth Olympic Park review - no medals for visual flair”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/uk-news/2014/apr/06/queen-elizabeth-olympic-park-review-disneyfied-new-york-high-line 
  13. ^ Gardenvisit.com Archived 14 July 2014 at the Wayback Machine. Gardenvisit.com and YouTube
  14. ^ “Cameron reveals Silicon Valley vision for east London”. BBC News. (2010年11月4日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-11689437 2010年11月4日閲覧。 
  15. ^ “London Games Promises Beautiful Green Legacy”. London Press Service. (2012年2月1日). http://www.londonpressservice.org.uk/lps/environmentenergy/item/253720.html 
  16. ^ a b New £1.1bn plan for Olympic Park” (2018年6月5日). 2018年7月27日閲覧。
  17. ^ Last Stand on Olympic Allotments BBC News, 24 September 2007; Retrieved 16 July 2012
  18. ^ Brown, Mark (2010年3月31日). “Climb This: Anish Kapoor's Massive Artwork That Will Tower over London”. guardian.co.uk. https://www.theguardian.com/uk/2010/mar/31/anish-kapoor-artwork-tower-london 
  19. ^ Olympic Museum To Be Opened on Olympic Park after London 2012 Inside the Games, 27 February 2012
  20. ^ Exclusive: London Olympic museum plans shelved Inside the Games, 24 July 2013
  21. ^ a b Smithsonian considers London outpost in Olympic Park”. BBC News. 2019年3月20日閲覧。
  22. ^ “Transport for London to move HQ to the Olympic Park”. Evening Standard. https://www.standard.co.uk/news/transport/transport-for-london-to-move-hq-to-the-olympic-park-9373688.html 2017年3月27日閲覧。 
  23. ^ TIQ Stratford City. "Stratford Renaissance Partnership", Lend Lease. Retrieved on 27 January 2014.
  24. ^ Unattributed. "East London’s Glasshouse Gardens launches in Singappore" Archived 17 February 2014 at the Wayback Machine., Property Report. Retrieved on 27 January 2014.
  25. ^ Morby, Aaron. "Lend Lease London Stratford resi towers approved", Construction Enquirer. Retrieved on 27 January 2014.
  26. ^ NLA. "The International Quarter" Archived 24 February 2014 at the Wayback Machine., NLA. Retrieved on 27 January 2014.
  27. ^ Starboard Hotels. "TIQ Stratford - New East London Hotel Development" Archived 24 February 2014 at the Wayback Machine., Starboard Hotels. Retrieved on 27 January 2014.
  28. ^ Olympic Stadium to host Diamond League meeting”. BBC News. 2013年2月7日閲覧。
  29. ^ BBC News (2016年4月29日). “The Queen vs The President: 'Boom'”. YouTube. 2019年3月20日閲覧。
  30. ^ Prince Harry Launches the Invictus Games at the London Queen Elizabeth Olympic Park - Royal Foundation” (2014年3月6日). 2018年10月4日閲覧。
  31. ^ IAAF.org (2007年8月25日). “London selected to host 2017 IAAF World Championships”. iaaf.org. 2011年11月13日閲覧。
  32. ^ England To Host 2015 European Hockey Championships at Olympic Park Inside the Games, 21 March 2012
  33. ^ Olympic Stadium set to host 2017 World Paralympic Championships. Telegraph. Retrieved on 17 July 2013.
  34. ^ “Olympic Park to stage NEC Wheelchair Tennis Masters”. ITF tennis. (2012年12月3日). http://www.itftennis.com/wheelchair/news/articles/olympic-park-to-stage-nec-wheelchair-tennis-masters.aspx 2012年12月18日閲覧。 
  35. ^ Double celebration for capital's cyclists as Mayor and British Cycling announce London to bid for Track Cycling World Championships - London & Partners”. Londonandpartners.com (2012年7月22日). 2012年8月29日閲覧。
  36. ^ London bids for European Swimming Championships 2016 - London & Partners”. Londonandpartners.com. 2012年8月29日閲覧。
  37. ^ Olympic Stadium Ruling Challenged”. FootballFanCast.com. Snack Media (2011年2月21日). 2012年1月21日閲覧。
  38. ^ McNulty, Phil (2006年11月8日). “Orient Reveal Olympic Switch Hope”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/l/leyton_orient/6129870.stm 2012年6月8日閲覧。 
  39. ^ Orient Enters Arena over Olympic Stadium Future”. FMWorld. British Institute of Facilities Management (2011年2月16日). 2012年1月21日閲覧。
  40. ^ “West Ham get Olympic Stadium after government ups funding”. BBC Sport. (2013年3月22日). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/21889864 
  41. ^ “REVEALED: Lions to leave Milton Keynes for Olympic Park in London”. Milton Keynes Citizen. (2012年8月9日). http://www.miltonkeynes.co.uk/sport/basketball/mk-lions/revealed-lions-to-leave-milton-keynes-for-olympic-park-in-london-1-4140859 2012年9月11日閲覧。 
  42. ^ BBC Television (19 June 2014) "Lee Valley: Latest Olympic Legacy Venue Opens in Stratford BBC London News. Retrieved on August 2014.
  43. ^ The future of the Stadium”. 2014年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月23日閲覧。
  44. ^ Mark Sweney (2013年1月22日). “Live Nation strikes deal to exclusively host gigs at Olympic Stadium”. The Guardian. 2013年7月17日閲覧。
  45. ^ Live Nation secures Olympic Park for concerts”. BBC News (2013年1月22日). 2013年7月17日閲覧。
  46. ^ Insomniac Events (2013年4月5日). “EDC London 2013 Official Trailer”. YouTube. 2017年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]