オペル・インシグニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インシグニアInsignia )はドイツの自動車メーカー・アダム・オペルが2008年7月の英国国際モーターショーで発表、生産している中型乗用車で、かつて日本にも輸入されたオペル・ベクトラの後継車種。


初代(インシグニアA、2008年-2016年)[編集]

セダン

GMイプシロンIIプラットフォームを用いている。イギリスおよびアイルランドではボクスホールブランドで販売されている。2009年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

インシグニアのセールスポイントは前身のベクトラCと同じ全長4830mm・ホイールベース2730mmでありながらニールームを3cm拡大し更に余裕ある居住空間を実現したこと、世界初のモニターカメラによる道路標識認識システムを実用化したこと、全車種ユーロ5排気ガス規制をクリアしていること等である。

ボディタイプは4ドアセダン、5ドアハッチバック、「スポーツツアラー」と呼ばれるステーションワゴン、そして、スポーツツアラーをベースにクロスオーバーSUV風の外観を持たせた「カントリーツアラー(CT)」の4種から構成される。

中国北米市場では5代目ビュイック・リーガルとして販売され、オセアニア市場ではホールデン・インシグニアとして販売された(ともにセダンのみ)。

チリではサンティアゴモーターショーにて旧モデルと同名の「シボレー・ベクトラ」として参考出品されたものの市販には至らなかった。


エンジンは

  • 1.6エコテック - ガソリン直列4気筒1598cc・115PS/6000rpm
  • 1.6ターボエコテック - ガソリン直列4気筒1598cc・180PS/5500rpm
  • 1.8エコテック - ガソリン直列4気筒1796cc・140PS/6300rpm
  • 2.0ターボエコテック - ガソリン直列4気筒1998cc・220PS/5300rpm
  • 2.8V6エコテック - V型6気筒2792cc・260PS/5500rpm
  • 2.0CDTIエコテック - ディーゼル直列4気筒1956cc・110PS/4000rpm
  • 2.0CDTIエコテック - ディーゼル直列4気筒1956cc・130PS/4000rpm
  • 2.0CDTIエコテック - ディーゼル直列4気筒1956cc・160PS/4000rpm
  • 2.0ビターボCDTIエコテック - 1956cc・190PS/4000rpm

がある。

ギアボックスはいずれも6段のMTまたはAT(1600/1800ccガソリンを除く)が選択可能。グレードは「エクスクルーシヴ」「S」「SE」「SRi」「エリート」から構成される。2009年1月にはV6ガソリンエンジンをターボ化して320馬力とし、6速MTと四輪駆動システムを持つホットモデル・「OPC」も追加されている。

2代目(インシグニアB、2017年-)[編集]

スポーツツアラー

プラットフォームをシボレー・マリブと同じ「E2XX」に刷新し、ボディは一回り大型化された。エンジンは先代をほぼ継承し、ガソリンが1.5Lと2.0Lの2種の直噴(SIDI)、ディーゼルが1.6Lと2.0Lの2種の直噴(CDTI、後者はBiTURBOの設定あり)を用意する。尚、BiTURBOのみ4WDの設定もある。

ボディタイプは4ドアセダンが廃止され、4ドアセダンのデザインエッセンスを併せ持った5ドアハッチバック(GRAND SPORT)、スポーツツアラー、カントリーツアラー(CT)の3種となった。

尚、当代は2代目ボクスホール・インシグニア、6代目ビュイック・リーガルの他、先代にあたる「ホールデン・インシグニア」を吸収統合する形で5代目ホールデン・コモドアとしてオセアニア市場でも販売される。北米向けリーガルは5ドア(スポーツバック)に加え、新たにカントリーツアラーに相当する「Tour X」を設定したことで、ボディタイプが2種となった。コモドアは5ドアとカントリーツアラーに相当する「ツアラー」の2種を設定する。


外部リンク[編集]

INSIGNIA