エレンズバーグ (ワシントン州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレンズバーグ市
City of Ellensburg
1890年に建てられた歴史的建造物、デイビッドソン・ビルディング
1890年に建てられた歴史的建造物、デイビッドソン・ビルディング
位置
右上: ワシントン州におけるキッティタス郡の位置 左下: キッティタス郡におけるエレンズバーグの市域の位置図
右上: ワシントン州におけるキッティタス郡の位置
左下: キッティタス郡におけるエレンズバーグの市域
座標 : 北緯46度59分49秒 西経120度32分42秒 / 北緯46.99694度 西経120.54500度 / 46.99694; -120.54500
歴史
市制施行 1883年11月26日
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  ワシントン州
  キッティタス郡
 市 エレンズバーグ市
地理
面積  
  市域 20.23 km2 (7.81 mi2)
    陸上   20.04 km2 (7.74 mi2)
    水面   0.20 km2 (0.08 mi2)
標高 470 m (1,542 ft)
人口
人口 (2010年現在)
  市域 18,174人
    人口密度   906.9人/km2(2,348.1人/mi2
  都市圏 40,915人
その他
等時帯 太平洋標準時 (UTC-8)
夏時間 太平洋夏時間 (UTC-7)
公式ウェブサイト : https://www.ci.ellensburg.wa.us/

エレンズバーグEllensburg)は、アメリカ合衆国ワシントン州中央部に位置する都市。同州内陸部、カスケード山脈の東、コロンビア川の支流であるヤキマ川の北東岸に位置する。州中央部の主要都市であるヤキマからは北へ約45km、シアトルからは東南東へ約150kmに位置する。人口は18,174人(2010年国勢調査[1]。エレンズバーグに郡庁を置くキッティタス郡1郡のみで成る小都市圏は人口40,915人(2010年国勢調査)[1]を数える。

エレンズバーグはセントラル・ワシントン大学の大学町でもある。

地理[編集]

エレンズバーグは北緯46度59分49秒 西経120度32分42秒 / 北緯46.99694度 西経120.54500度 / 46.99694; -120.54500に位置している。市はワシントン州中央部、カスケード山脈の東、ヤキマ川流域の、オオアワガエリの産地として名高いキッティタス・バレーと呼ばれる地域に位置する。ヤキマ川はコロンビア川の支流で、市の南西を北西から南東へと流れている。ヤキマからは北へ約45km、シアトルからは東南東へ約150kmである。

アメリカ合衆国統計局によると、エレンズバーグ市は総面積20.23km2(7.81mi2)である。このうち20.04km2(7.74mi2)が陸地で0.20km2(0.08mi2)が水域である。総面積の0.99%が水域となっている。市の標高は470mである。

気候[編集]

エレンズバーグ
雨温図説明
123456789101112
 
 
33
 
0
-9
 
 
18
 
4
-6
 
 
20
 
10
-3
 
 
15
 
16
1
 
 
18
 
21
6
 
 
15
 
23
9
 
 
7.6
 
29
12
 
 
5.1
 
28
12
 
 
13
 
24
7
 
 
15
 
16
2
 
 
28
 
7
-3
 
 
38
 
2
-6
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Weatherbase.com
インペリアル換算
123456789101112
 
 
1.3
 
32
15
 
 
0.7
 
40
22
 
 
0.8
 
50
27
 
 
0.6
 
60
34
 
 
0.7
 
69
42
 
 
0.6
 
74
49
 
 
0.3
 
84
54
 
 
0.2
 
82
53
 
 
0.5
 
75
45
 
 
0.6
 
61
36
 
 
1.1
 
44
27
 
 
1.5
 
36
22
気温(°F
総降水量(in)

エレンズバーグの気候は、カスケード山脈の風下側にあたるがために1年を通じて乾燥し、特に乾燥が強く日中は暑いが夜は冷涼になる夏と、寒く降雪も多い冬に特徴付けられる。また、乾燥しているために、気温の日較差も大きい。最も暖かい7月の平均気温は20℃、最高気温の平均は29℃程度まで上がり、日中32℃を超えることは平年で月に8日程度あるものの、最低気温の平均は12℃程度で、「涼しい」を通り越して冷え込む。最も寒い1月の平均気温は氷点下5℃、最低気温の平均は氷点下9℃まで下がり、最高気温でも0℃で、ほぼ毎日気温が氷点下に下がる。降水量は冬季の11-1月は特に降雪のために多く月間25-40mm、夏季の7-8月は少なく月間5-7mm、その他の月は月間12-20mmである。また、冬季の12-1月には月間25-40cm程度、11月や2-3月にも月間7-17cm程度の降雪がある。年間降水量は約225mm、年間降雪量は約100cmである[2]ケッペンの気候区分では、エレンズバーグは高地地中海性気候(Dsb)、もしくはステップ気候 (BS) に属する。

エレンズバーグの気候[2]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温( -5.0 -0.6 3.3 8.3 12.8 16.1 20.6 19.4 15.6 8.9 1.7 -1.7 8.3
降水量(mm 33.0 17.8 20.3 15.2 17.8 15.2 7.6 5.1 12.7 15.2 27.9 38.1 225.9
降雪量(cm 38.6 17.3 7.4 - - - - - - 0.3 11.4 26.2 101.2

政治[編集]

キッティタス郡庁舎

エレンズバーグはシティー・マネージャー制を採っている。シティー・マネージャーは市の行政実務の最高責任者で、市議会に雇われ、市議会の採択した政策の施行、および市政府各局の人事・管理・指揮監督に責任を負う[3]

市の立法機関である市議会は7人の議員から成っている。市は小選挙区に分けられてはおらず、7人の市議員全員が全市から選出され、その任期は4年である。また、市長および市長代行は市議員の中から選出され、その任期は2年である[4]

交通[編集]

エレンズバーグに最も近い商業空港はヤキマのダウンタウンから南へ約5.5km[5]、エレンズバーグの中心部からは南へ約50km離れたヤキマ・エア・ターミナル(マカリスター飛行場、IATA: YKM)である。この空港にはアラスカ航空が就航しており、同社のハブ空港であるシアトル・タコマ国際空港への便がある[6]。しかし、エレンズバーグから直接シアトル・タコマ国際空港へは車で所要約2時間で着くことができ、ヤキマ・エア・ターミナルへ飛ぶには結局シアトル・タコマ国際空港で乗り継ぐことになるため、セントラル・ワシントン大学はシアトル・タコマ空港の利用を推奨している[7]。シアトル・タコマ国際空港からは、ヤキマとの間を結ぶシャトルバスも運行されており、エレンズバーグにも、セントラル・ワシントン大学キャンパス内にあるバスストップに停車する[8]

I-90とI-82のジャンクション

州間高速道路I-90は市の西と南を通っている。I-90は大陸を横断する幹線の中で最も北を通るもので、西はシアトルに至り、東はスポケーンを通ってそれ以遠、五大湖岸や東海岸へも通ずる。また、市の南東には、I-90がI-82と合流/分岐するジャンクションが設けられている。I-82はワシントン州中央部を半縦貫する高速道路で、エレンズバーグから南へ、ヤキマやトライシティズケニウィックパスコリッチランド)へと通じ、オレゴン州ハーミストンI-84に接続している。

グレイハウンドのバスストップは市北西端、国道97号線に設けられたI-90のインターチェンジのすぐ近くにあり[9]、シアトルとスポケーンとを結ぶバスが停車する。公共交通機関としては、市がセントラル・トランジットという、5系統から成る路線バス網を運行し、市内をカバーしている[10]

教育[編集]

セントラル・ワシントン大学

セントラル・ワシントン大学は市中心部のすぐ北東に380エーカー(1,538,000m2)のキャンパスを構えている。同学は1891年にワシントン州立師範学校として創立した州立大学で、数回の名称変更を経て、1977年に現称に改称した[11]。現在では、同学は135以上の専攻プログラムを提供する総合大学で、学部生約15,000人、大学院生約900人の学生を抱え、特に音楽地学救急医療物理学、および教育学の分野に特に力を入れている。また、同学のスポーツチーム、ワイルドキャッツはNCAAディビジョンIIに属するグレート・ノーザン・アスレチック・カンファレンス(GNAC)に所属しており、男子6種目、女子7種目で競っている[12]。セントラル・ワシントン大学は、USニューズ&ワールド・レポート誌の大学ランキングでは、西部の「地方区の大学」の中で上位50位以内に入る評価を受けている[13]

エレンズバーグにおけるK-12課程はエレンズバーグ学区の管轄下にある公立学校によって主に支えられている。同学区は就学前教育校1校、小学校(幼稚園・1-5年生)3校、中学校(6-8年生)1校(モーガン中学校)、高校(9-12年生)1校(エレンズバーグ高校)、および小中高一貫校1校(K-12エレンズバーグ学習センター)を有し、約3,500人の児童・生徒を抱えている[14]

人口推移[編集]

以下にエレンズバーグ市における1870年から2010年までの人口推移をグラフおよび表で示す[15]。エレンズバーグ小都市圏はキッティタス郡1郡のみで成っている。

統計年 人口
1870年 150人
1880年 150人
1890年 2,768人
1900年 1,737人
1910年 4,209人
1920年 3,967人
1930年 4,621人
1940年 5,944人
1950年 8,430人
1960年 8,625人
1970年 13,568人
1980年 11,752人
1990年 12,361人
2000年 15,414人
2010年 18,174人

エレンズバーグに因むもの[編集]

[編集]

  1. ^ a b American FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日.
  2. ^ a b Historical Weather for Ellensburg, Washington, United States of America. Weatherbase.com. 2021年10月14日閲覧.
  3. ^ City Manager. City of Ellensburg, Washington. 2021年10月14日閲覧.
  4. ^ City Council. City of Ellensburg, Washington. 2021年10月14日閲覧.
  5. ^ Yakima Air Trml/McAllister Fld. Airport Master Record. Federal Aviation Administration. 2021年10月7日. 2021年10月14日閲覧.
  6. ^ Traveler Info. Yakima Air Terminal, City of Yakima. 2021年10月14日閲覧.
  7. ^ How to Get Ellensburg. Central Washington University. 2021年10月14日閲覧.
  8. ^ Yakima to Sea-Tac. Airporter Shuttle/Bellair Charters. 2021年10月14日閲覧.
  9. ^ Ellensburg Bus Station in Ellensburg, Washington. Greyhound. 2021年10月14日閲覧.
  10. ^ Home. Central Transit, City of Ellensburg, Washington. 2021年10月14日閲覧.
  11. ^ History. Central Washington University. 2021年10月14日閲覧.
  12. ^ Quick Facts. Central Washington University. 2021年10月14日閲覧.
  13. ^ Best Regional Universities West Rankings. U.S. News & World Report. 2021年. 2021年10月14日閲覧.
    2022年版(2021年発行)では46位であった。
  14. ^ Ellensburg School District. U.S. News & World Report. 2021年10月14日閲覧.
  15. ^ Gibson, Campbell. Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places in the United States: 1790 to 1990. US Census Bureau. 2005年.
  16. ^ (3711) Ellensburg = 1983 QD”. MPC. 2021年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯46度59分49秒 西経120度32分42秒 / 北緯46.996964度 西経120.545000度 / 46.996964; -120.545000