エミル・スパヒッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミル・スパヒッチ Football pictogram.svg
20150331 2025 AUT BIH 2135.jpg
名前
ラテン文字 Emir Spahić
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 1980年8月18日(34歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア クロアチア
Flag of Dubrovnik-Neretva County.pngドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡ドゥブロヴニク
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ハンブルガーSV
ポジション DF
利き足 右足
ユース
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 クライナ・ツァジン
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 チェリク・ゼニツァ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 チェリク・ゼニツァ 19 (1)
1999-2001 クロアチアの旗 GOŠKドゥブロヴニク 22 (0)
2001-2004 クロアチアの旗 NKザグレブ 38 (2)
2004-2005 ロシアの旗 シンニク・ヤロスラヴリ 26 (6)
2005-2006 ロシアの旗 トルペド・モスクワ 15 (0)
2006-2009 ロシアの旗 ロコモティフ・モスクワ 63 (3)
2009-2011 フランスの旗 モンペリエ 57 (3)
2011-2013 スペインの旗 セビージャ 44 (1)
2013 ロシアの旗 アンジ・マハチカラ (loan) 7 (1)
2013-2015 ドイツの旗 レバークーゼン 49 (3)
2015- ドイツの旗 ハンブルガーSV
代表歴2
2000-2002 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ U-21 15 (0)
2003- ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 80 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年4月13日現在。
2. 2015年3月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エミル・スパヒッチ(Emir Spahić、1980年8月18日 - )は、ユーゴスラビア(現クロアチア)・ドゥブロヴニク出身のサッカー選手。ハンブルガーSV所属。クロアチア人の父とボスニア人の母を持ち、5歳下の弟アレンもサッカー選手としてプレーした[1]

従兄弟のエディン・ジェコもサッカー選手であり、マンチェスター・シティFCに所属している[2]

来歴[編集]

クロアチアのNKザグレブから、ロシアFCロコモティフ・モスクワFCトルペド・モスクワシンニク・ヤロスラヴリといったクラブに所属した。

2009年6月24日、2009-10シーズンよりリーグ・アンに昇格したモンペリエHSCに加入[3]。リーグデビュー戦となったパリ・サンジェルマンFC戦では94分に得点をあげ、1対1の引き分けでクラブは昇格後初の勝ち点を獲得した。その後も守備の要として活躍し、空中戦にも強さを見せた[4]。2010年1月、クラブはスパヒッチとの契約を2014年6月まで延長した[5]

2011年7月4日スペインセビージャFCと3年契約を結んだ。移籍金は200万ユーロ。2013年2月26日ロシア・プレミアリーグFCアンジ・マハチカラにレンタル移籍することが決まった。

2013年6月、バイエル・レバークーゼンへ2年契約で完全移籍[6]

2015年4月8日に行われたDFBポカールFCバイエルン・ミュンヘン戦後に、スタジアムの警備員に対しての傷害事件を起こして検察の捜査対象となり[7]、この事件が原因で4月12日にレヴァークーゼンとの契約を解除された[8]

2015年7月5日、ハンブルガーSVと2016年6月までの1年契約で移籍[9]

また、スパヒッチは現在ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の主将を務めている[10]。スパヒッチの代表戦での初ゴールは2006年2月28日ドイツドルトムントヴェストファーレンシュタディオンで行われた日本代表戦(2-2)だった。

2014年8月に代表引退を表明したが[11]、10月に復帰した[12]

所属クラブ[編集]

ロシアの旗 FCアンジ・マハチカラ 2013.2-2013.6


脚注[編集]

  1. ^ Playerhistory Profile Playerhistory 2010年7月26日閲覧
  2. ^ Magath: Was läuft da mit Dzekos Cousin? bild.de 2009年6月3日
  3. ^ Spahic zu Montpellier transfermarkt.de 2009年7月3日
  4. ^ 『ワールドサッカーキング増刊 ヨーロッパサッカーガイド 2010-2011シーズン選手名鑑』、朝日新聞出版、2010年、p.113。
  5. ^ “Spahic staying at Montpellier”. PA. (Published by FIFA.com). (2010年1月25日). http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1161614.html 2010年4月18日閲覧。 
  6. ^ Bayer 04 verpflichtet Emir Spahic vom FC Sevilla Bayer Leverkusen 2013年6月28日
  7. ^ レヴァークーゼンDFスパヒッチが傷害容疑で捜査対象に バイエルン戦後に警備員に暴行? Goal 2015年4月11日
  8. ^ レヴァークーゼン、傷害容疑のスパヒッチと契約解消 Goal 2015年4月13日
  9. ^ HSV verpflichtet Emir Spahic ハンブルガーSV 2015年7月5日
  10. ^ Gute Karten im Spahic-Poker bild.de 2009年6月2日
  11. ^ ボスニア主将スパヒッチが代表引退 Goal 2014年8月8日
  12. ^ ボスニア代表DFスパヒッチが代表引退を撤回!10月の代表戦にも招集 Qoly 201410月5日

外部リンク[編集]