セナド・ルリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セナド・ルリッチ Football pictogram.svg
Senad Lulic Lazio Auronzo 2016.jpg
名前
ラテン文字 Senad Lulić
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
スイスの旗 スイス
生年月日 (1986-01-18) 1986年1月18日(35歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア モスタル
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF/DF
背番号 19
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2006 スイスの旗 FC Chur 97 24 (0)
2006-2008 スイスの旗 ベッリンツォーナ 63 (13)
2008-2010 スイスの旗 グラスホッパー 41 (6)
2010-2011 スイスの旗 ヤングボーイズ 31 (6)
2011-2021 イタリアの旗 ラツィオ 280 (28)
代表歴2
2008-2017 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 57 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月11日現在。
2. 2017年10月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セナド・ルリッチ(Senad Lulić, 1986年1月18日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナモスタル出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

経歴[編集]

クラブ[編集]

スイスでプロデビューし、グラスホッパー・クラブ・チューリッヒBSCヤングボーイズでプレーした後、2011年6月16日、SSラツィオへ3年契約で移籍した[1]

ラツィオ移籍直後は、左サイドバックとして使われ安定感のない守備力に疑問がもたれるが、ポジションを上げた左WGにポジションを変えると、その推進力やエリア内での勝負強さでブレイク。

2014年にステファノ・ピオリが就任して以降は、インサイドハーフとしても使われ、2017年からキャプテンも務め[2]、そのユーティリティ性からチームには欠かせない存在として、2018年11月、ラツィオでの300試合出場を達成した[3]

代表[編集]

2008年6月1日のアゼルバイジャンとの親善試合に途中出場し代表デビュー。2013年6月7日のワールドカップ予選ラトビア戦で代表初得点を挙げた。2014 FIFAワールドカップに臨むメンバー23人に選出され、初戦のアルゼンチン戦で先発出場した。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ
SSラツィオ

脚注[編集]