エイジ オブ エンパイアII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エイジ オブ エンパイア II: エイジ オブ キングマイクロソフトが発売しているリアルタイムストラテジーゲームで、『エイジ オブ エンパイア』シリーズの第二作目である。前作同様時代の進化を扱っているが、今作は暗黒時代から中世を4つ(暗黒の時代、領主の時代、城主の時代及び帝王の時代)に分けている。アメリカでの発売は1999年。数々の賞を受賞しており、名作としての評価が高い。PlayStation 2にも移殖され、コナミが発売を行い、日本でも発売された。ドリームキャスト版の移殖はキャンセルされている。

前作同様歴史に基づいたシングルプレイとインターネット対戦の両方ができる。また前作との相違点として、各文明が固有のユニットとテクノロジーを有し、それによって各文明の個性がさらに際立ったものとなった。

2013年4月10日にHD解像度やマッチメイキングシステム、さらにWindows 8などの最新OSに対応したAge of Empires II HDが発売された。さらに同年10月には、10年以上の時を経て、新しい拡張パック(新規の文明の追加など)として「The Forgotten」も発売された(いずれも日本語に対応)。

2015年11月6日に拡張パック「The African Kingdoms」が発売された。

2016年12月20日に拡張パック「Rise of the Rajas」が発売された。

シングルプレイ[編集]

シングルプレイは歴史上の登場人物の生涯をもとにした幾つかのキャンペーンにより構成されている。キャンペーンは実際の戦闘を下地にした複数のゲームを順に攻略することで完了するようになっている。

エイジ オブ キング[編集]

覇者たちの光陰(拡張パック)[編集]

The Forgotten (HD版 拡張パック)[編集]

The African Kingdoms (HD版 拡張パック)[編集]

Rise of the Rajas (HD版 拡張パック)[編集]

登場する文明[編集]

エイジ オブ キング[編集]

覇者たちの光陰(拡張パック)[編集]

The Forgotten (HD版 拡張パック)[編集]

  • イタリア 固有ユニット-ジェノヴァ石弓射手(騎兵に強い射手)コンドッティエーレ(火器に強い歩兵)
  • インカ 固有ユニット-カマヤック(射程を持った槍兵)スリンガー(歩兵に強い射手)
  • インド 固有ユニット-象弓騎兵(耐久力・攻撃力が高く動きの遅い弓騎兵)
  • マジャール 固有ユニット-マジャールハサー(作成速度が低く耐久力・攻撃力が高い騎兵)
  • スラヴ 固有ユニット-ボヤール(近接ユニットに強い騎兵)

The African Kingdoms (HD版 拡張パック)[編集]

  • ベルベル 固有ユニット-ジェニトゥール(騎乗散兵)らくだ弓騎兵(弓騎兵に強い弓騎兵)
  • マリ 固有ユニット-グベト(投斧で攻撃する歩兵)
  • エチオピア 固有ユニット-ショーテルウォリア(コストが少なく短時間で作成できる歩兵)
  • ポルトガル 固有ユニット-オルガン砲(砲弾を一斉発射する砲撃兵器)キャラベル船(貫通性能のある矢を発射する軍船)

Rise of the Rajas (HD版 拡張パック)[編集]

  • マレー 固有ユニット-カランビットウォリア(低コストで弱い歩兵)
  • クメール 固有ユニット-バリスタエレファント(スコーピオンを搭載した重装騎兵)
  • ビルマ 固有ユニット-アランバイ(投げ矢で攻撃する騎兵)
  • ベトナム 固有ユニット-籐弓兵(重装の射手)

登場ユニット[編集]

(*)は拡張パック「覇者たちの光陰」にて追加されたユニット。 (**)はHD版拡張パック「The Forgotten」にて追加されたユニット。

ファンパッチ[編集]

2011年より、UserPatchと称するファンパッチが、scripterという人物(あるいは団体)によって作られており、以下の通り数多くの不具合修正・機能追加が行われている。

  • 1.0cに存在しているバグの修正(以下、一部主要なものを抜粋)
    • 斥候バグ(一定条件を満たすと敵の斥候がナンバリングで登録される)
    • 建造バグ(一定条件を満たすと建造が修理の速度で完了する:[例]城の建造が数秒で完了する等)
    • 投石器が動いてる時に修理を試みても修理されない
    • 色バグ(Windows Vista以降のOSでゲームを起動すると、配色が不適切な状態になる)
    • 羊、果実の木、猪鹿、魚、畑の肉資源がそれぞれ別資源として扱われる
  • AIシステムの強化[1]
  • ゲームの解像度オプション追加(4Kディスプレイ等にも対応)
  • ウィンドウモードの追加
  • AoMLoLなどに代表される観戦機能(シークバーはない)
  • リプレイ再生速度の向上
  • オンライン対戦時の通信安定性向上
  • 復元したゲームのリプレイが閲覧可能
  • ポート開放無しでもゲームに参加可能
  • その他、UIの改善等

2017年8月現在における最新のバージョンは、UserPatch.v1.5.20170810-000000である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]