ウリミバエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウリミバエ
Melon fly Bactrocera cucurbitae.jpg
ウリミバエの成虫
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハエ目(双翅目) Diptera
亜目 : ハエ亜目(短角亜目) Brachycera
下目 : ハエ下目 Muscomorpha
上科 : ミバエ上科 Tephritoidea
: ミバエ科 Tephritidae
: Bactrocera
: ウリミバエ B. cucurbitae
学名
Bactrocera cucurbitae
(Coquillett, 1849)
シノニム

Chaetodacus cucurbitae
Dacus cucurbitae
Strumeta cucurbitae
Zeugodacus cucurbitae

和名
ウリミバエ
英名
Melon fly
野外に放つ前に不妊化を行う

ウリミバエBactrocera cucurbitae)は、ハエ目(双翅目)・ミバエ科に属するハエの一種。東南アジア原産で、日本では南西諸島外来種として侵入して重要な農業害虫となったが、不妊虫放飼法により根絶された。

分布[編集]

東南アジア原産[1]アフリカの一部、インドオーストラリアミクロネシアハワイといった広い地域に分布が拡大している[2]

特徴[編集]

体長7-8mm。孵化してから20~30日ほどで成虫になり、10日ほどで交尾を行い、メスは腹の先にある産卵管を果実に突き刺し、果実の中に卵を産み付ける。一生(2~3ヶ月)で1000個以上の卵を産むといわれている。その名のとおりスイカキュウリなどのウリ類を食べるが、ほかにもトマトピーマンパパイヤといったさまざまな植物へ加害する。野生植物も宿主とし、沖縄ではオキナワスズメウリがよく宿主となる。

外来種問題[編集]

日本では1919年に八重山列島で初めて存在が確認され、その後も1929年に宮古列島、1970年に久米島、1972年に沖縄本島、1973年に与論島沖永良部島、1974年に奄美群島、1977年に大東諸島と分布が拡大していった[2][3]

ウリミバエはウリ類などの農作物に深刻な被害を発生させる[3]日本生態学会では、本種を日本の侵略的外来種ワースト100に選定している。これ以上の分布拡大を阻止するため、植物防疫法によって発生地から本種の寄生植物の移動が規制されている[2]

ウリミバエを防除する方法として不妊虫放飼と呼ばれる手段がとられた。これは、羽化2日前にガンマ線を照射して不妊化した飼育個体を大量に野外へ放虫して野生個体の繁殖を阻止する方法で、個体数を減らし、最終的に根絶を目指すものである[2]。繁殖力が高く、世代交代が早いハエ類だからこそ、効果を発揮する方法で、ウリミバエに対するこの技術はマリアナ諸島で1963年に最初に確立された[2]。不妊雌は繁殖能力がないものの、交尾行動は正常に行う[3]。また、不妊雌は産卵管を果実などに挿入して被害を出すことは極めて少ない[2]。しかし、マリアナ諸島での根絶以後は世界50の地域で試されたものの、一度も成功していない。原因として個体数の把握ができなかった事にあり、そこで採用されたのがマーキング法(一区画に仕掛けられたトラップに入ったマークしたオスと野生のオスの割合に基づき、その区画の個体数を割り出し、最終的に島全体のウリミバエの数を推定する)と呼ばれる調査方法である。[4]その結果、実験地に選ばれた久米島では約250万匹のオス(メスも同数として約500万匹)が生息しているのを始め、沖縄全体では最終的に3億匹まで増殖した。最初は石垣島にあった増殖施設で週100万匹の生産だったが、後に大規模な増殖工場が建設されて[4]週に1-2億匹を生産できる体制を整え、久米島ではバケツに入れた蛹が羽化して放飼する方法を採ったが、沖縄諸島等ではヘリコプターなどを使って週に250-400万匹が放虫された[2]。こうした大規模な取り組みによって、1993年に根絶を達成することができた[3]。根絶までに費やした経費は全体で204億円に上る[2]。根絶に成功した現在でも、再侵入の危険性が高いと予想される地域では不妊虫放飼が継続されている[3]

尚、ウリミバエは日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている生物で唯一根絶に成功した生物である。

参考文献[編集]

  1. ^ ウリミバエ 国立環境研究所 侵入生物DB
  2. ^ a b c d e f g h 小山重郎「日本におけるウリミバエの根絶」、『日本応用動物昆虫学会誌』第38巻第4号、日本応用動物昆虫学会、1994年11月25日、 219-229頁、 NAID 110001124396
  3. ^ a b c d e 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著) 『外来種ハンドブック』 地人書館2002年9月30日ISBN 4-8052-0706-X
  4. ^ a b 伊藤嘉昭・垣花廣幸(著) 『農薬なしで害虫とたたかう』 岩波ジュニア新書1998年12月21日ISBN 4-00-500311-7

関連項目[編集]