ウジェーヌ・フロマンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウジェーヌ・フロマンタン(Eugene Fromentin、1820年10月24日 - 1876年8月27日)は、フランス小説家、画家。ラ・ロシェルで生まれた。フランス・ロマン主義時代後期に画家、評論家で活躍した。半自伝的小説の『ドミニック』(Dominique)で名を残している。プルースト風心理描写のさきがけとされる。

最晩年(1876年春)に出版した代表作ベルギーオランダ絵画(フランドル絵画で、著名な画家ではルーベンスファン・ダイクを扱う)紀行評論(旅行自体は前年75年7月に行った)『昔日の巨匠たち』(Les maîtres d'autrefois Belgique-Hollande)は、画壇・文壇で絶賛されただけでなく、1910年までに21版を重ねるほど一般読者にも好評を博したが、フロマンタン自身は初版刊より3ヶ月後に、故郷郊外の別荘で死去した。なお本書は、若き日のマルセル・プルーストの愛読書だった。

他に紀行文で、アルジェリア滞在記『サハラの夏』(Un été dans le Sahara, 1856年刊)と、チュニジア滞在記『サヘルの一年』(Une année dans le Sahel, 1858年刊)がある。絵画作品は、オリエンタリスト派として長期滞在した北アフリカ風景画が多い。

著作(日本語訳)[編集]

  • 高橋裕子訳『オランダ・ベルギー絵画紀行 昔日の巨匠たち』(岩波文庫 全2巻、1992年)
  • 杉本秀太郎訳『昔の巨匠たち ベルギーとオランダの絵画』(白水社、1992年)
  • 鈴木祥史訳『昔日の巨匠たち ベルギーとオランダの絵画』(叢書ウニベルシタス:法政大学出版局、1993年)
  • 川端康夫訳『サハラの夏』(叢書ウニベルシタス:法政大学出版局、1988年) ※なお『サヘルの一年』は未訳。

絶版訳書[編集]

  • 『昔日の巨匠たち』は、抄訳版が戦後間もなくに刊行。
    • 三輪福松西洋美術史学者)訳『昔の巨匠達』
    • 関口俊吾・三輪啓三(画家)共訳『オランダ絵画紀行 過ぎし日の巨匠たち』
    • 三輪訳は、『レンブラント その作品と生涯』(1968年、三彩社)で再刊。
  • 『ドミニック』は、那須辰造訳『悲恋 ドミニツク』で、戦後間もなくに刊行。
  • 池田公麿訳『ドミニック』、『世界文学全集40 メリメノディエ、フロマンタン』(講談社、1979年)
    • なお新版(1989年刊)は、『世界文学全集40 メリメ、ノディエ、リラダン』に変更された。

作家論[編集]

  • フランソワ・フォスカ『文学者と美術批評 デイドロからヴァレリーへ』 大島清次訳、(美術出版社、初版1962年) - フロマンタンの章で「昔日の巨匠」を論ず。
  • アルベール・ティボーデ『内面の作家 ボードレール・フロマンタン・アミエル』 梶野吉郎・金井裕・川端康夫訳(而立書房、1974年)
  • 『杉本秀太郎文粋1 エロスの図柄』(筑摩書房、1996年)- 作品論 「フロマンタンの『ドミニック』」