ウォルフ359

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォルフ359
Wolf 359
しし座の星図。赤線で示された黄道のすぐ上にウォルフ359がある。(中央下)
しし座の星図。赤線で示された黄道のすぐ上にウォルフ359がある。
(中央下)
星座 しし座
視等級 (V) 13.507[1]
変光星型 くじら座UV型変光星[2]
分類 赤色矮星
発見
発見年 1918年
発見者 マックス・ヴォルフ
発見方法 天体写真の分析から
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 10h 56m 28.865s[1]
赤緯 (Dec, δ) +07° 00′ 52.77″[1]
赤方偏移 0.000043 ± 0.000017[1]
視線速度 (Rv) 13 ± 5 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -3842 ± 8 ミリ秒/[1]
赤緯: -2725 ± 8 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 418.3 ± 2.5 ミリ秒/年[1]
距離 7.86 ± 0.03 光年
(2.409 ± 0.009 パーセク)
絶対等級 (MV) 16.65[3]
物理的性質
半径 0.16 R[4]
質量 0.09 M[5]
表面重力 5.5 (log g)[6]
自転速度 < 3.0 km/s[7]
スペクトル分類 M5Ve[1]
表面温度 2800 ± 100 K[8]
HZ内縁距離 0.024 au[9]
HZ外縁距離 0.052 au[9]
明るさ(可視光 0.00002 L
明るさ(全波長 0.0014 L
色指数 (B-V) 2.034[10]
色指数 (U-B) 1.165[10]
金属量[Fe/H] +0.18 ± 0.17[11]
年齢 1億 - 3.5億年[8]
別名称
別名称
しし座CN星、GJ 406、2MASS J10562886+0700527、GSC 00261-00377、G 45-20、CSI+07-10541、LHS 36、UBV 10028、GCRV 6780、PM 10541+0719、NLTT 25782、Zkh 147
■Project ■Template

ウォルフ359 (英語:Wolf 359) は地球から見てしし座の方向にある赤色矮星である。地球からの距離は約7.8光年、見かけの等級は13.5で、観測には大型の望遠鏡が必要である。太陽をのぞけば、ケンタウルス座α星系(プロキシマ・ケンタウリを含む)、バーナード星褐色矮星WISE 1049-5319WISE 0855-0714に次いで地球に近い恒星である。地球に近い恒星であって、SF作品の舞台になる事もある。

ウォルフ359は既知の恒星の中で、最も規模が小さい分類である「超低質量星」の一つである。この恒星の名は、1918年にドイツの天文学者マックス・ウォルフ(ドイツ語での発音に忠実な日本語表記は"ヴォルフ")が天体写真によって発見したことに由来する。ウォルフ359に最も近い恒星はロス128で、3.79光年(1.16パーセク)離れている。

フィクション[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Wolf 359 -- Flare Star”. SIMBAD. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2016年9月19日閲覧。
  2. ^ Gershberg, R. E. et al. (1983). “Characteristics of activity energetics of the UV Cet-type flare stars”. Astrophysics and Space Science 95 (2): 235–253. Bibcode 1983Ap&SS..95..235G. doi:10.1007/BF00653631. 
  3. ^ 距離による星間減光を無視した場合、絶対等級は下のように計算出来る。
    M = m – 5(log10( D ) – 1)
    = 13.54 – 5(log10( 2.39 ) – 1)
    = 13.54 – 5(0.378 – 1) = 16.65

    mは見かけの明るさ、Dは距離は表す。以下も参照。

    Lang, Kenneth R. (2006). Astrophysical formulae. Astronomy and Astrophysics Library. 1 (3rd ed.). Birkhäuser. p. 31. ISBN 3-540-29692-1. 
  4. ^ Doyle, J. G. et al. (1990). “Optical and infrared photometry of dwarf M and K stars”. Astronomy and Astrophysics 235 (1-2): 335–339. Bibcode 1990A&A...235..335D. 
  5. ^ Staff (2007年6月8日). “List of the nearest 100 stellar systems”. Research Consortium on Nearby Stars. 2016年9月19日閲覧。
  6. ^ Fuhrmeister, B. et al. (September 2005). “PHOENIX model chromospheres of mid- to late-type M dwarfs”. Astronomy and Astrophysics 439 (3): 1137–1148. arXiv:astro-ph/0505375. Bibcode 2005A&A...439.1137F. doi:10.1051/0004-6361:20042338. 
  7. ^ Mohanty, Subhanjoy et al. (2003). “Rotation and activity in mid-M to L field dwarfs”. The Astrophysical Journal 583 (1): 451–472. arXiv:astro-ph/0201455. Bibcode 2002astro.ph..1455M. doi:10.1086/345097. 
  8. ^ a b Pavlenko, Ya. V. et al. (2006). “Spectral energy distribution for GJ406”. Astronomy and Astrophysics 447 (2): 709–717. arXiv:astro-ph/0510570. Bibcode 2006A&A...447..709P. doi:10.1051/0004-6361:20052979. 
  9. ^ a b Cantrell, Justin R. et al. (October 2013), “The Solar Neighborhood XXIX: The Habitable Real Estate of Our Nearest Stellar Neighbors”, The Astronomical Journal 146 (4): 99, arXiv:1307.7038, Bibcode 2013AJ....146...99C, doi:10.1088/0004-6256/146/4/99. 
  10. ^ a b Landolt, Arlo U. (May 2009). “UBVRI photometric standard stars around the celestial equator: Updates and Additions”. The Astronomical Journal 137 (5): 4186–4269. arXiv:0904.0638. Bibcode 2009AJ....137.4186L. doi:10.1088/0004-6256/137/5/4186.  See table II.
  11. ^ Rojas-Ayala, Bárbara et al. (April 2012). “Metallicity and temperature indicators in M dwarf K-band spectra: testing new and updated calibrations with observations of 133 solar neighborhood M dwarfs”. The Astrophysical Journal 748 (2): 93. arXiv:1112.4567. Bibcode 2012ApJ...748...93R. doi:10.1088/0004-637X/748/2/93. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]