ロス128

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロス128
Ross 128
星座 おとめ座
視等級 (V) 11.13[1]
変光星型 閃光星[2]
分類 赤色矮星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 11h 47m 44.405s[2]
赤緯 (Dec, δ) +00° 48′ 16.44″[2]
赤方偏移 -0.000104[2]
視線速度 (Rv) -31.173 ± 0.087 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: 605.26 ミリ秒/[2]
赤緯: -1219.28 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 298.04 ± 2.30 ミリ秒
距離 11.03 ± 0.02 光年
(3.381 ± 0.006 パーセク)
絶対等級 (MV) 13.51[1]
物理的性質
半径 0.21 R[3]
質量 0.15 M[4]
表面重力 3.40 (log g)[4]
スペクトル分類 M4V[2]
表面温度 3,180 K[5]
明るさ(可視光 0.00036 L[6]
明るさ(全波長 0.035 L[7]
色指数 (B-V) 1.59[8]
色指数 (U-B) 2.685[9]
別名称
別名称
おとめ座FI星, GCTP 2730, LHS 315, GJ 447, Gl 010-050, Vyssotsky 286, LTT 13240, LFT 852, HIP 57548, LCC 0150, 2MASS J11474440+0048164
■Project ■Template
大きさの比較
太陽 ロス128
太陽 Exoplanet

ロス128英語: Ross 128)はおとめ座の方向にある小型の恒星である。ロス128の見かけの等級は11.13[1]で、肉眼での観測は不可能である。年周視差に基づく測定では、地球からの距離は10.89光年(3.34パーセク)で、地球に近い恒星の一つである。ロス128は1925年フランク・エルモア・ロスによって発見され、翌年の1926年にカタログに登録された[10]

ロス128のスペクトル分類はM4Vで、赤色矮星に分類される[2]質量は太陽の0.15倍[4]半径は太陽の0.21倍[3]であり、太陽と比べて、わずかなエネルギーしか放出しておらず、明るさは太陽の0.035倍しかない[7]。しかし、そのほとんどのエネルギーは赤外線として放射されており、可視光での明るさは太陽の0.00036倍[6]になる。表面温度は3,180K[1]と、赤色矮星にしては低温である。

ロス128は、銀河系の円盤部に存在する恒星にしては、水素ヘリウム以外の物質の存在量を示す金属量が少ない。これは、ロス128が年老いた、古い恒星であることを示す[11]。ロス128は閃光星なので、わずか数分という時間の間で不規則な変光を劇的に繰り返している[12]

過去2万年から今後8万年までの、近隣の恒星との距離の変動を表したグラフ。唯一、水平になっている黄色線は現在のプロキシマ・ケンタウリまでの距離。ロス128は約7万年後に太陽系に最接近する。

これまで何度か、ロス128で太陽系外惑星褐色矮星などの伴星を発見する観測が行われている。理論上は1auの距離付近に褐色矮星などが存在する可能性が残されているが、2016年時点でこのような天体は発見されていない[13][14]。ロス128には強い赤外線が観測されている。このような赤外超過は、周囲に塵円盤が存在する恒星によく見られる[15][16]

ロス128は銀河系の中心を軌道離心率0.122で公転しており、銀河中心からの距離は2万6800から3万4200光年の範囲で変動する[17]。ロス128は約7万1000年後に地球から6.233±0.085光年(1.911±0.026パーセク)の距離まで最接近するとされている[18]

惑星系[編集]

ハッブル宇宙望遠鏡を利用した調査では探知可能な木星型惑星は確認されなかった。もしロス128から0.015天文単位の距離に惑星があれば、液体で存在するために適切な熱量を受けることができるであろう。[要出典]しかし、ロス128は爆発型変光星のため、フレアによる急激な増光やそれに伴う電磁波が発生し、生命が生存する隙を与えないであろう。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d The One Hundred Nearest Star Systems, Research Consortium on Nearby Stars, (2009-01-01), http://www.chara.gsu.edu/RECONS/TOP100.posted.htm 2016年9月22日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i Ross 128 -- Flare Star”. SIMBAD. 2016年9月22日閲覧。
  3. ^ a b White, Stephen M.; Jackson, Peter D.; Kundu, Mukul R. (December 1989), “A VLA survey of nearby flare stars”, Astrophysical Journal Supplement Series 71: 895–904, Bibcode 1989ApJS...71..895W, doi:10.1086/191401 
  4. ^ a b c Rodonò, Marcello, “The Atmospheres of M Dwarfs: Observations”, The M-Type Stars, Washington: NASA, pp. 409–453 
  5. ^ Gautier, Thomas N., III et al., “Far Infrared Properties of M Dwarfs”, Bulletin of the American Astronomical Society 36: 1431, Bibcode 2004AAS...205.5503G 
  6. ^ a b Zombeck, Martin V. (2007), Handbook of Space Astronomy and Astrophysics (Third ed.), Cambridge, UK: Cambridge University Press, pp. 109, ISBN 0-521-78242-2 
  7. ^ a b “HIP 57548”, NASA Exoplanet Archive, http://exoplanetarchive.ipac.caltech.edu/cgi-bin/Sieve/nph-sieve?mission=NStED&currentForm=Result&objectSearch&dump&stripped=&obj=HIP+57548&id=57548&aliases=/work/TMP_P6zv6s_29116/NStED/default/aliases_57548 2016年9月22日閲覧。 
  8. ^ Warren, W. H., Jr. (1978), “Photoelectric Photometric Catalogue of Homogeneous Means in the UBV System”, Observatory (Geneva) 
  9. ^ Rufener, F. (October 1976), “Second catalogue of stars measured in the Geneva Observatory photometric system”, Astronomy & Astrophysics Supplement Series 26: 275–351, Bibcode 1976A&AS...26..275R 
  10. ^ Ross, Frank E. (1926), “New proper-motion stars, (second list)”, Astronomical Journal 36 (856): 124–128, Bibcode 1926AJ.....36..124R, doi:10.1086/104699 
  11. ^ Sánchez, F. (1990), Vazquez, M., ed., New windows to the universe, 2, Cambridge University Press, p. 313, ISBN 0-521-38429-X 
  12. ^ Kunkel, W. E. (July 29 – August 4, 1974), “Solar neighborhood flare stars - A review”, Variable stars and stellar evolution; Proceedings of the Symposium, Moscow, USSR: D. Reidel Publishing Co, pp. 15–46, Bibcode 1975IAUS...67...15K 
  13. ^ Hinz, Joannah L. et al. (April 2002), “A Near-Infrared, Wide-Field, Proper-Motion Search for Brown Dwarfs”, The Astronomical Journal 123 (4): 2027–2032, arXiv:astro-ph/0201140, Bibcode 2002AJ....123.2027H, doi:10.1086/339555 
  14. ^ Schroeder, Daniel J. et al. (2000), “A Search for Faint Companions to Nearby Stars Using the Wide Field Planetary Camera 2”, The Astronomical Journal 119 (2): 906–922, Bibcode 2000AJ....119..906S, doi:10.1086/301227 
  15. ^ Jura, M. et al. (September 2004), “Mid-Infrared Spectra of Dust Debris around Main-Sequence Stars”, The Astrophysical Journal Supplement Series 154 (1): 453–457, arXiv:astro-ph/0405632, Bibcode 2004ApJS..154..453J, doi:10.1086/422975 
  16. ^ Gautier, Thomas N., III et al. (September 2007), “Far-Infrared Properties of M Dwarfs”, The Astrophysical Journal 667 (1): 527–536, arXiv:0707.0464, Bibcode 2007ApJ...667..527G, doi:10.1086/520667 
  17. ^ Allen, C.; Herrera, M. A. (1998), “The galactic orbits of nearby UV Ceti stars”, Revista Mexicana de Astronomia y Astrofisica 34: 37–46, Bibcode 1998RMxAA..34...37A 
  18. ^ García-Sánchez, J. et al. (2001), “Stellar encounters with the solar system”, Astronomy and Astrophysics 379 (2): 634–659, Bibcode 2001A&A...379..634G, doi:10.1051/0004-6361:20011330 


外部リンク[編集]