マックス・ヴォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マックス・ヴォルフ
(Max Wolf)
Max Wolf.jpg
Max Wolf
生誕 1863年6月21日
ドイツの旗 ドイツ ハイデルベルク
死没 (1932-10-03) 1932年10月3日(満69歳没)
ハイデルベルク
国籍 ドイツの旗 ドイツ
研究分野 天文学
研究機関 ハイデルベルク大学
出身校 ハイデルベルク大学
主な業績 天体写真を使った小惑星の探索
ウォルフ359の発見
主な受賞歴 王立天文学会ゴールドメダル(1914年)
ブルース・メダル(1930年)
プロジェクト:人物伝

マックス・ヴォルフ(Max Wolf、1863年6月21日1932年10月3日)は、ドイツ天文学者で、写真を使った天文学のパイオニアである。本名マクシミリアン・フランツ・ヨーゼフ・コルネリウス・ヴォルフ(Maximilian Franz Joseph Cornelius Wolf)。

生涯[編集]

ハイデルベルクに生まれた。1888年ハイデルベルク大学で博士号を取り、同大学で研究した。1891年に小惑星 (323) ブルーシアを発見したのを皮切りに、ハイデルベルクで248個の小惑星を発見した。ヴォルフは従来の肉眼による小惑星の探索に代わって、天体写真を使った小惑星の探索を行った。この方法によって発見される小惑星は急激に増加した。

ヴォルフの発見した小惑星には、最初に発見されたトロヤ群の (588) アキレスなどがある。248個目の発見を行ったすぐ後の1933年に小惑星の発見数はヴォルフの弟子のカール・ラインムートに抜かれることになった。

いくつかの彗星も発見し、その中には14P/ヴォルフ彗星と43P/ヴォルフ・ハリントン彗星があり、SN 1895A、SN 1909A、SN 1920A、SN 1926A の4個の新星の発見者または共同発見者となった。

太陽系に近い星の1つである赤色矮星ウォルフ359の発見者でもある。1910年カール・ツァイス社にプラネタリウムの製作を提案し、第一次世界大戦を挟んで1923年に最初のプラネタリウムは完成した。

1914年王立天文学会ゴールドメダルを受賞し、1930年にはヴォルフが最初に発見した小惑星ブルーシアの命名の由来となったキャサリン・ブルースの基金で設けられたブルース・メダルを受賞した。1932年にハイデルベルクで死去。

彼の功績を称えて、クレーターヴォルフクレーター)、小惑星(827)ヴォルフィアナが彼の名を取り命名されている。

賞・叙勲等[編集]

命名