WISE J104915.57-531906.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WISE J104915.57-531906.1 A
WISE J104915.57-531906.1 B
Wise1049-5319 Multi-Color (No Marker).png
WISEにより2010年1月8日に撮影されたWISE 1049-5319。この時には2つの天体に分離されるほどの解像度で撮影されていなかった。
星座 ほ座[1]
分類 褐色矮星[1][2][3]
軌道の種類 二重星[1]
発見
発見年 2013年[1]
発見者 Kevin Luhman[1]
発見方法 WISEで撮影された画像の分析[1]
初観測日 1978年4月19日[1]
軌道要素と性質
太陽からの平均距離 ~3 AU
~1.5 [1]
軌道周期 ~25 年[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 10h 49m 15.57s[1]
赤緯 (Dec, δ) -53° 19′ 06.1″[1]
固有運動 (μ) 赤経: 2759 ± 6 mas/年
赤緯: 354 ± 6 mas/年[1]
年周視差 (π) 496 ± 37 mas[1]
距離 6.52 ± 0.49 光年
(2.00 ± 0.15 (pc[1])
物理的性質
スペクトル分類 A: L8 ± 1
B: L/T 境界[1]
J等級 10.68 ± 0.05
10.73 ± 0.03[1]
K等級 8.87 ± 0.08
8.84 ± 0.02[1]
H等級 9.56 ± 0.03[1]
i 14.94 ± 0.03[1]
3.4μm 7.89 ± 0.02[1]
4.6μm 7.33 ± 0.02[1]
12μm 6.20 ± 0.02[1]
22μm 5.95 ± 0.04[1]
別名称
別名称
WISE 1049-5319,
WISE 1049-5319 A,
WISE 1049-5319 B,
WISE J104915.57-531906,
DENIS J104919.0−53191,
2MASS J10491891−5319100[1].
■Project ■Template

WISE J104915.57-531906.1とは、地球から見てほ座の方向に約6.52光年離れた位置にある褐色矮星同士の二重星である。名称が長いので通常WISE 1049-5319と略される[1][2]

距離[編集]

WISE 1049-5319は、地球から約6.52光年離れた位置にある[1]。これは褐色矮星としては地球に最も近い。また恒星を含めると、プロキシマ・ケンタウリの約4.2光年(1917年)、ケンタウルス座アルファ星AとBの約4.4光年(1839年)、および単独星のバーナード星の約6.0光年(1916年)に次いで3番目に近い場所にある5番目の天体である[注釈 1][注釈 2][2][3]

この距離は年周視差から推定された。視差は約0.5秒角とかなり大きい。また、年間で赤経方向に約2.8秒角、赤緯約0.4秒角という非常に大きな固有運動を持つ[1]

なお、最も近い距離にある単独の褐色矮星はWISEPC J150649.97+702736.0の約11.1光年である[4]

WISE J104915.57-531906.1の位置[1]
観測 座標 (J2000.0) 観測日時
赤経 (度) 赤緯 (度) 誤差 (秒角) UTC ユリウス日
DSS 10h 49m 25.4s -53° 19′ 17.8″ 0.40 1978年4月19日0時 2443617.5
10h 49m 21.2s -53° 19′ 12.9″ 0.30 1992年3月9日2時 2448690.6
DENIS 10h 49m 19.1s -53° 19′ 10.6″ 0.08 1999年2月11日7時 2451220.8
2MASS 10h 49m 18.9s -53° 19′ 10.1″ 0.06 1999年5月16日14時 2451315.1
WISE 10h 49m 15.7s -53° 19′ 6.6″ 0.07 2010年1月8日19時 2455205.3
10h 49m 15.5s -53° 19′ 5.8″ 0.07 2010年7月1日19時 2455379.3
10h 49m 15.4s -53° 19′ 6.3″ 0.12 2011年1月5日19時 2455567.3

発見[編集]

WISE 1049-5319は、2013年ケビン・ルーマンによって発見された。ルーマンはWISE(広域赤外線探査衛星)によって2010年1月8日、同年7月1日、に撮影された画像からWISE 1049-5319を発見した[1]。10光年以内に発見された恒星や褐色矮星は、1948年に発見されたルイテン726-8以来65年ぶりである。

WISE 1049-5319はWISEによる撮影以前にもDSS1978年4月19日および1992年3月9日)、DENIS1999年2月11日)、2MASS(1999年5月16日)によって撮影されていたが、WISE 1049-5319自体が非常に暗く、また銀河面の方向にあるため背景に多数の明るい恒星があり[3]、発見するのは困難であったと推定される[1][2]

WISE J104915.57-531906.1のJ等級とK等級[1]
測定 J等級 K等級
DENIS 10.68±0.05 10.73±0.03
2MASS 8.87±0.08 8.84±0.02

二重星の性質[編集]

WISE 1049-5319は両方とも褐色矮星の二重星である。これはチリにあるジェミニ天文台ジェニミマルチオブチェクト分光器 (Gemini Multi-Object Spectrograph・GMOS) によって2013年2月23日に分離された。それ以前に撮影された画像では、解像度が低いために分離されることがなかった[1]

WISE 1049-5319の2つの天体はそれぞれWISE 1049-5319 AおよびWISE 1049-5319 Bと呼ばれる。AとBの等級の差は0.45等級であり、それぞれのスペクトル分類は、AはL7型からL9型、BはL型とT型の境目に存在する[5]。AのスペクトルはL8型の2MASS J16322911+1904407と比較された[1]

AとBは見かけでは約1.5秒角離れている。実際には互いに約4億5000万km (~3AU) 離れており、約25年周期で公転していると考えられている[1]

注釈[編集]

  1. ^ プロキシマ・ケンタウリとケンタウルス座アルファ星は三重連星である説が有力である。仮に重力で結合していない場合、WISE 1049-5319は4番目に近い場所にあることになる。
  2. ^ ケンタウルス座アルファ星Bには太陽系外惑星が1つ発見されている。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

座標: 星図 10h 49m 15.57s, -53º 19' 06.1''