ウィリアム・ヘンリー・スミス (1825-1891)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ウィリアム・ヘンリー・スミス
William Henry Smith
William Henry Smith (1825–1891).jpg
生年月日 1825年6月24日
出生地 イギリスの旗 イギリスイングランドロンドングローブナー・スクエア英語版
没年月日 (1891-10-06) 1891年10月6日(満66歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス・イングランド・ケント州ウェルマー城英語版
前職 W・H・スミス社長
所属政党 保守党
称号 枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)
配偶者 初代ハンブルデン女子爵エミリー

内閣 第2次ディズレーリ内閣
在任期間 1877年8月14日 - 1880年4月18日[1]

内閣 第1次ソールズベリー侯爵内閣
第2次ソールズベリー侯爵内閣
在任期間 1885年6月24日 - 1886年1月26日[1]
1886年8月3日 - 1887年1月[1]

内閣 第2次ソールズベリー侯爵内閣
在任期間 1887年1月14日 - 1891年10月6日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ウェストミンスター選挙区英語版[2]
ストランド選挙区英語版[2]
在任期間 1868年11月17日 - 1885年11月24日[2]
1885年11月24日 - 1891年10月6日[2]
テンプレートを表示

ウィリアム・ヘンリー・スミス: William Henry Smith, PC, FRS1825年6月24日 - 1891年10月6日)は、イギリス政治家実業家

W・H・スミスの社長として活躍した後、政界に転じ、保守党政権下で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

バニティ・フェア』誌に描かれた似顔絵

1825年6月24日、新聞や書籍の販売業者W・H・スミスの創設者ウィリアム・ヘンリー・スミス英語版の息子としてロンドングローブナー・スクエア英語版のデュークストリートに生まれる[3]タヴィストック英語版にあるグラマースクールを卒業した。

21歳の時(1846年)から父とともにW・H・スミスの経営に参画する。「鉄道狂時代」の中、駅の構内での書籍の販売業の拡大に成功し、1850年にはダブリンバーミンガムマンチェスターリヴァプールに新聞の卸売倉庫を所持するに至った。1857年に父が引退し、代わって社長となる。やがて政治家への転身を希望し、政治活動の時間を作るために1864年ウィリアム・レスブリッジ英語版をパートナーとした。さらに1874年には政治に専念するため社長を辞職している[4]

1868年から1885年にかけてウェストミンスター選挙区英語版選出の保守党所属の庶民院議員を務める。ついで1885年から死去する1891年まではストランド選挙区英語版から選出された[5]

第2次ディズレーリ内閣では1874年から1877年まで財務政務次官英語版、ついで1877年から1880年まで海軍大臣英語版を務めた[1]

1880年にディズレーリ保守党政権は総選挙英語版に敗れてグラッドストン率いる自由党に政権を奪われた。ディズレーリは、総選挙の敗北で崩れかけた保守党組織の引き締めを図るべく、スミスを委員長とする党改革委員会を設置させた。しかしスミスは委員会執行幹事のジョン・エルドン・ゴースト英語版と対立を深め、ゴーストをランドルフ・チャーチル卿率いる党内反執行部勢力「第四党英語版」に追いやってしまった[6]。1882年7月6日には野党保守党を代表し、イギリス半植民地エジプトで発生したウラービー革命の武力鎮圧を訴え、グラッドストン政権に腰を上げさせた[7]

第1次ソールズベリー侯爵内閣では1885年6月から1886年1月まで陸軍大臣英語版[1]、ついで1886年1月中のごく短期間アイルランド担当大臣英語版を務めた。第2次ソールズベリー侯爵内閣では1886年8月から1887年1月まで陸軍大臣[1]、1887年から死去する1891年にかけては第一大蔵卿庶民院院内総務を務めた[5]

1891年10月6日ケント州ウェルマー城英語版で死去した[3]。66歳だった[5]

栄典[編集]


家族[編集]

夫人の初代ハンブルデン女子爵エミリーと一女(リチャード・バックナー英語版画)

1858年にエミリー・ダンヴァース(彼女は1891年に初代ハンブルデン女子爵英語版に叙される)と結婚し、彼女との間に以下の6子を儲けた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 秦(2001) p.510
  2. ^ a b c d UK Parliament. “Mr W.H. Smith” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年3月13日閲覧。
  3. ^ a b c Smith; William Henry (1825 - 1891)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2014年8月20日閲覧。
  4. ^ History of WH Smith, W H Smith plc, accessed 10 October 2012
  5. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “Rt. Hon. William Henry Smith” (英語). thepeerage.com. 2014年3月13日閲覧。
  6. ^ ブレイク(1979) p.180-181
  7. ^ 坂井(1994) p.100

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョン・ジョージ・ドドソン英語版
イギリスの旗 財務政務次官英語版
1874年1877年
次代:
フレデリック・スタンリー閣下
先代:
ジョージ・ワード・ハント英語版
イギリスの旗 海軍大臣英語版
1877年1880年
次代:
初代ノースブルック伯爵
先代:
ハーティントン侯爵
イギリスの旗 陸軍大臣英語版
1885年1886年
次代:
初代クランブルック子爵
先代:
サー・ウィリアム・ハート・ダイク准男爵英語版
イギリスの旗 アイルランド担当大臣英語版
1886年
次代:
ジョン・モーレイ英語版
先代:
サー・ヘンリー=キャンベル・バナマン
イギリスの旗 陸軍大臣英語版
1886年1887年
次代:
エドワード・スタンホープ閣下英語版
先代:
第3代ソールズベリー侯爵
イギリスの旗 第一大蔵卿
1887年1891年
次代:
アーサー・バルフォア
先代:
ランドルフ・チャーチル卿
イギリスの旗 庶民院院内総務
1887年1891年
党職
先代:
ランドルフ・チャーチル卿
保守党庶民院院内総務英語版
1887年 - 1891年
次代:
アーサー・バルフォア
名誉職
先代:
第2代グランヴィル伯爵
Lord Warden Cinque Ports (Lord Boyce).svg 五港長官英語版
1891年
次代:
初代ダファリン侯爵