イースト・ロンドン・サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コースレイアウト

イースト・ロンドン・サーキット(East London Circuit)又はプリンス・ジョージ・サーキット(Prince George Circuit)は南アフリカ東ケープ州イースト・ロンドンにあるサーキット

1962年1963年1965年F1南アフリカGPが開催された、港沿いの幅の狭いサーキット。元々は23.4kmのロングコース。1936年に17.7kmに縮小され、その後1959年にF1の規格に合わせるため現在の形となった。やがてF1を開催するには小さすぎるようになり、南アフリカのレースの中心地はキャラミへと移されていった。

関連項目[編集]