イナズマアマリリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イナズマアマリリス
Inazuma Amaryllis.jpg
2009年4月12日 阪神競馬場
欧字表記 Inazuma Amaryllis
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年4月25日(12歳)
登録日 2008年10月15日 (JRA)
抹消日 2010年11月11日
スエヒロコマンダー
イナズマラム
母の父 ラムタラ
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 (有)小泉牧場
馬主 小泉賢悟
調教師 角川秀樹門別
松元茂樹栗東
競走成績
生涯成績 19戦4勝(通算)
5戦2勝(地方競馬
14戦2勝(中央競馬
獲得賞金 5146万6000円(通算)
144万円(地方競馬)
5002万6000円(中央競馬)
テンプレートを表示

イナズマアマリリス (Inazuma Amaryllis) とは、日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた父内国産競走馬である。馬名冠名の「イナズマ」との「アマリリス」を組み合わせたものである。

経歴[編集]

2歳(2008年)[編集]

ホッカイドウ競馬能力試験に合格後の6月26日に以降転厩するまで主戦騎手となる桑村真明が騎乗してデビューしたが5着だった。続く未勝利戦は2着、そしてデビュー3戦目の未勝利戦を制して初勝利を挙げた。初勝利後初戦のアタックチャレンジ競走も制し2連勝したものの、次の浦河商工会議所青年部40周年特別は7着という結果に終わった。次走は中央競馬に初挑戦し、札幌競馬場で行われた2歳500万下競走に出走し、11頭中最低人気という評価だったが、レースでは低評価を覆して勝利し波乱を演出した。この勝利は鞍上の桑村真明にとっても中央競馬初勝利となった。次走も中央競馬で走り、すずらん賞でルシュクルにクビ差で敗れ2着となった。

レース後の10月15日付で地方競馬全国協会(NAR)の競走馬登録を抹消され、同日日本中央競馬会(JRA)へ競走馬登録された。その為松元茂樹厩舎へ転厩することになった。

そして転厩初戦は重賞競走初挑戦となるファンタジーステークスに出走することになったが、14頭中13番人気という低評価だった。しかしレースではまたも低評価を覆し、最後の直線でしぶとく脚を伸ばし1着でゴールし重賞競走初勝利を挙げた。この勝利は父スエヒロコマンダーにとっては産駒の重賞競走初勝利となり、生産者にとっては1999年鳴尾記念をスエヒロコマンダーが制して以来約9年ぶり、馬主にとっては1991年クイーンステークスイナズマクロスが制して以来約17年ぶりの中央の重賞競走制覇となった。そして迎えた大一番、阪神ジュベナイルフィリーズに出走したが、5着に敗れた。

3歳(2009年)[編集]

明け3歳となった2009年初戦は1月11日フェアリーステークスに出走したが、見せ場がなく8着に敗れた。続くチューリップ賞でも8着となり、桜花賞への優先出走権を獲得できなかったが、無事に本番の桜花賞に出走するも16着と大敗を喫した。続く優駿牝馬では17着とシンガリ負けを喫した。その後は休養に入り、3歳シーズンを終えた。

4歳(2010年)[編集]

2010年2月13日のバレンタインステークスで復帰。先行集団でレースを進めるも直線で一杯になり、9着に敗れた。 続く春雷ステークスと天王山ステークスでは共に16着と殿負けを喫した。その後、準オープンに降格し7月24日の北九州短距離ステークスに出走したが、見せ場なく15着と大敗した。この後、障害未勝利戦に2度出走するがそれぞれ7着、8着に終わった。11月11日付けで競走馬登録を抹消して現役を引退。新冠町のヒノデファームで繁殖牝馬となる。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2008 6. 26 旭川 フレッシュチャレンジ 6 5 5 9.9 (2人) 5着 桑村真明 53 ダ1000m(良) 1:07.5(43.4) 3.4 ガンバルオー
7. 10 旭川 2歳未勝利 7 6 6 5.0 (4人) 2着 桑村真明 53 ダ1000m(良) 1:04.2(40.2) 0.1 ホワイトフィガロ
7. 22 旭川 2歳未勝利 8 5 5 1.7 (1人) 1着 桑村真明 53 ダ1000m(不) 1:01.7(37.5) -0.2 (コーニハラショウ)
8. 26 旭川 アタックチャレンジ 9 8 9 2.0 (1人) 1着 桑村真明 53 ダ1000m(良) 1:03.4(38.9) -0.4 (テツコジーン)
9. 10 旭川 40周年特別 OP 7 6 6 12.1 (4人) 7着 桑村真明 53 ダ1000m(良) 1:04.5(40.5) 1.9 ティアラマドンナ
9. 20 札幌 2歳500万下 11 3 3 154.5 (11人) 1着 桑村真明 54 芝1200m(良) 1:10.2(34.9) 0.0 (ケイアイジンジン)
10. 5 札幌 すずらん賞 OP 16 8 5 8.4 (5人) 2着 桑村真明 54 芝1200m(良) 1:11.4(36.7) 0.0 ルシュクル
11. 9 京都 ファンタジーS JpnIII 14 3 3 74.6 (13人) 1着 池添謙一 54 芝1400m(良) 1:23.7(34.5) 0.0 ワンカラット
12. 14 阪神 阪神JF JpnI 18 3 5 21.1 (8人) 5着 吉田豊 54 芝1600m(良) 1:36.2(35.9) 1.0 ブエナビスタ
2009 1. 11 中山 フェアリーS JpnIII 16 7 14 7.5 (5人) 8着 池添謙一 55 芝1600m(良) 1:37.5(36.5) 1.0 ジェルミナル
3. 7 阪神 チューリップ賞 JpnIII 13 2 2 48.0 (6人) 8着 池添謙一 54 芝1600m(良) 1:37.9(36.2) 1.4 ブエナビスタ
4. 12 阪神 桜花賞 JpnI 18 6 12 123.2 (12人) 16着 池添謙一 55 芝1600m(良) 1:35.9(35.1) 1.9 ブエナビスタ
5. 24 東京 優駿牝馬 JpnI 18 6 11 135.0 (14人) 17着 武幸四郎 55 芝2400m(良) 2:29.4(36.4) 3.3 ブエナビスタ
2010 2. 13 東京 バレンタインS OP 16 3 6 49.3 (14人) 9着 吉田豊 51 芝1400m(稍) 1:23.1(35.7) 1.0 ゲイルスパーキー
4. 11 中山 春雷S OP 16 6 11 23.5 (10人) 16着 的場勇人 53 芝1200m(良) 1:10.0(35.8) 1.3 アポロフェニックス
6. 5 京都 天王山S OP 16 4 7 47.7 (9人) 16着 国分恭介 50 ダ1200m(良) 1:13.9(38.5) 3.5 サマーウインド
7. 24 小倉 北九州短距離S 17 5 9 94.6 (12人) 15着 金折知則 55 芝1200m(良) 1:08.9(35.4) 2.2 デグラーティア
8. 28 小倉 障害未勝利 8 3 3 7.7 (4人) 7着 金折知則 58 障2900m(良) 3:22.0(13.9) 8.1 スーパーヴァイザー
9. 4 小倉 障害未勝利 12 8 11 23.2 (7人) 8着 中村将之 58 障2900m(良) 3:16.0(13.5) 4.5 カシノヨウスケ

エピソード[編集]

  • 転厩先の松元茂樹厩舎はかつてスエヒロコマンダーを管理していた厩舎でもある。

血統表[編集]

イナズマアマリリス血統リファール系/Nijinsky 5×3=15.63%、Northern Dancer 5×4=9.38%) (血統表の出典)

スエヒロコマンダー
1995 鹿毛
父の父
*コマンダーインチーフ
Commander in Chief
1990 鹿毛
*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
Lyphard
Navajo Princess
Slightly Dangerous Roberto
Where You Lead
父の母
スエヒロジョウオー
1990 鹿毛
トウショウペガサス *ダンディルート
Dandy Lute
ソシアルトウショウ
イセスズカ マルゼンスキー
サリュウエイション

イナズマラム
1999 鹿毛
*ラムタラ
Lammtarra
1992 栗毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Snow Bride Blushing Groom
Awaasif
母の母
イナズマクロス
1988 黒鹿毛
シービークロス *フォルティノ
ズイショウ
ポーロニアオリオン *セダン
ミスオリオンの弐 F-No.2-i

血統背景[編集]

外部リンク[編集]