イオン津南ショッピングセンターサンバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオン津南ショッピングセンター
サンバレー
AEON Tsu-Minami Shopping Center
SUNVALLEY
遠景(2013年1月)
遠景(2013年1月)
店舗概要
所在地 514-0812
三重県津市高茶屋小森町145
座標 北緯34度40分11.5秒 東経136度31分4.5秒 / 北緯34.669861度 東経136.517917度 / 34.669861; 136.517917座標: 北緯34度40分11.5秒 東経136度31分4.5秒 / 北緯34.669861度 東経136.517917度 / 34.669861; 136.517917
開業日 1978年9月15日[2]
閉業日 2016年2月29日[4]
正式名称 イオン津南ショッピングセンター サンバレー[1]
施設所有者 イオンモール株式会社
施設管理者

津南郊ショッピングセンター株式会社
イオンの完全子会社) ↓

イオンモール株式会社
敷地面積 約68,200 m²[2][3]
延床面積 約44,900 m²[2]
商業施設面積 20,100 m²[5]
中核店舗 イオン津南店[3]
ゴルフ5[3]
スポーツDEPO[3]
エディオン[3]
店舗数 ÆONと約65の専門店[2][3]
営業時間 8:00 - 22:00
(イオン食品売り場)
その他イオン売場 9:00 - 22:00
専門店 10:00 - 22:00
(日曜日は専門店が9:30開店)
駐車台数 約2,000台[2]
後身 イオンモール津南[3]
最寄駅 高茶屋駅
最寄IC 久居IC
外部リンク 公式ウェブサイト - ウェブアーカイブ
AEON w logo.svg

イオン津南ショッピングセンターサンバレー(イオンつみなみショッピングセンターサンバレー)は、三重県津市高茶屋小森町に位置するイオン子会社の津南郊ショッピングセンター株式会社が運営していたショッピングセンター[3]1978年(昭和53年)に開業し、2016年(平成28年)に閉店した[4]。閉店後、店舗を解体し、周辺の土地を含めて新たにイオンモール津南2018年11月9日に開業した[6]

サンバレーの愛称があった[4][7]。津市と松阪市を主な商圏とし、2015年(平成27年)時点では約420万人の来店があった[8]

沿革[編集]

解体中の様子
建て替えを予告する看板

1978年(昭和53年)9月15日に津南郊ショッピングセンターが複合商業施設「サンバレー」として開業させた[8]。開業当時、衣料品店や雑貨店など約50店が出店していた[1][7]。水田地帯に突如として現れたこのショッピングセンターは地域のランドマークとなった[7]2000年(平成12年)にイオンが入店し[8]、専門店がリニューアルされ「イオン津南ショッピングセンター」を正式名称とした[1]。このときのリニューアルで、当時としては斬新だった商店街形式のショッピングモールとなった[7]2002年(平成14年)には新館を開業し、スポーツ用品店や家電量販店が出店した[1]。2003年(平成15年)時点では約80店舗が入店し、520万人が来店していた[8]。これが来店客数のピークとなった[7]2008年(平成20年)に開業30周年を契機として、一度正式名称から外された「サンバレー」の名を復活させ、「イオン津南ショッピングセンター サンバレー」に店名を改めた[1]

2011年3月1日には核店舗の名称を「ジャスコ津南店」からイオン津南店」に変更した。

2015年(平成27年)12月17日に、津南郊ショッピングセンター株式会社とイオンリテール株式会社イオン津南店の連名で2016年(平成28年)春での全館閉店が告知された[2]。閉店理由は、施設の老朽化とそれに伴う客足の減少であるとされる[1]。12月時点では、閉店後について担当者は「買い物難民が出ないようにしたいが未定」と伊勢新聞の取材に答えている[8]。その後、2016年(平成28年)1月5日中日新聞が閉店日を2月末であると報じ[1]1月22日産経新聞がイオンリテールの店長の談話として、「具体化はしていないが、国道23号沿いの好立地の土地を再開発し、新しく生まれ変わり、オープンを目指す。」との記事を掲載した[7]

2016年(平成28年)2月29日、午後6時から閉店セレモニーが1階で行われ、三重大学のアカペラサークルによるコンサートの後、イオン津南店の店長が挨拶し、「蛍の光」が流れる中、午後7時に37年の歴史に幕を下ろした[4]。店舗は2016年(平成28年)5月頃から解体工事が行われ[4]、同年10月現在跡地では整地作業が行われている[9]。同年10月時点で正式決定ではないもののイオンモールが跡地への出店を計画していると中日新聞が報じた[9]

閉店時に営業していた店舗のうち、エディオンは近隣地に移転して営業を続けている[10]

閉店当時の主なテナント[編集]

1階
2階

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 大島宏一郎"「サンバレー」愛されて37年 イオン津南SC 来月末閉店"中日新聞2016年1月5日付朝刊、広域三重15ページ
  2. ^ a b c d e f イオン津南ショッピングセンターの閉店について”. 津南郊ショッピングセンター株式会社・イオンリテール株式会社イオン津南店 (2015年12月17日). 2016年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 三重)津の「サンバレー」来春閉店へ 1978年開店”. 朝日新聞 (2015年12月25日). 2016年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e 大島宏一郎 (2016年3月1日). “37年間ありがとう イオン津南が閉店”. 中日新聞. 2016年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  5. ^ "来月3日、増床オープン、津南郊SCの「サンバレー」"1993年8月24日付、日本経済新聞地方経済面、中部7ページ
  6. ^ “「イオンモール津南」11月9日(金) AM9:00 グランドオープン!” (PDF) (プレスリリース), イオンモール株式会社・イオンリテール株式会社・イオン株式会社, (2018年9月6日), http://tsuminami-aeonmall.com/files/pdf/4/pdf.pdf 
  7. ^ a b c d e f 「サンバレー」38年、歴史に幕 老朽化など、来月29日閉店 三重”. 産経新聞 (2016年1月22日). 2016年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e 津 サンバレーが来春閉店 37年の歴史に幕”. 伊勢新聞 (2015年12月18日). 2016年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月5日閲覧。
  9. ^ a b 池内琢 (2016年10月13日). “イオンモールが出店を検討 津の「サンバレー」跡地”. 中日新聞. 2016年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月14日閲覧。
  10. ^ “「エディオン津南店」新設オープンのお知らせ” (プレスリリース), エディオン, (2016年12月16日), http://www.edion.co.jp/release/detail.php?id=844 2017年1月9日閲覧。