アンドリューW.K.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドリューWKから転送)
移動先: 案内検索
アンドリューW.K.
Andrew WK.jpg
アンドリューW.K.
基本情報
出生名 Andrew Fetterly Wilkes-Krier
生誕 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パロアルト
(1979-05-09) 1979年5月9日(38歳)
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
パンク
ダンスパンク
職業 ミュージシャン
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
ピアノ
キーボード
ギター
ベース
ドラムス
活動期間 1998年 -
レーベル ハンソン・レコードマーキュリー・レコードアイランド・レコードバルブ・レコード
公式サイト 公式サイト
公式サイト(日本語)

アンドリューW.K.(Andrew W.K.、1979年5月9日 - )は、アメリカミュージシャン、および彼の率いるロックバンド。本名はアンドリュー・ファタリー・ウィルクス=クライアー(Andrew Fetterly Wilkes-Krier)。

激しいロックサウンドでパーティーチューンを歌い上げるのが最大の特徴(パーティー以外の内容の楽曲も存在する)。数々のパフォーマンスと奇行から「パーティーバカ」と評され、近年の洋楽には珍しく日本盤に収録された全ての楽曲に邦題がつけられている。

経歴[編集]

幼い頃からジャズピアノなどを学びつつハードロックヘヴィメタルに傾倒しバンド活動を経て17歳でソロ活動を開始。1998年インディーズデビュー。ストリート活動と激しいライヴパフォーマンスでフー・ファイターズのオープニング・アクトに抜擢されるなど人気を集め2001年に「I Get Wet(邦題:アイ・ゲット・ウェット〜パーティー・一直線!)」でメジャーデビュー。アンドリュー自身が鼻血を出している衝撃的なジャケットがイギリスで問題視されるなど話題を呼び、アルバムからのシングル「Party Hard(邦題:パーティー・一直線!)」が大ヒット。日本でも人気に火がつき2002年2006年サマーソニックに来日している。

2008年2月20日には小島よしおのギャグ「そんなの関係ねぇ」「オッパッピー」を歌詞に取り入れた「そんなの関係ねぇロック」を着うた限定で発売し、累計で5万ダウンロード超のヒットになった[1]。以後、同年7月23日にはGReeeeNの「キセキ」、7月30日には「安藤竜」名義で鼠先輩の「六本木〜GIROPPON」のカバーをそれぞれ着うた限定で発売した。さらに、それら邦楽ヒット曲のカヴァーばかりを収録したアルバム『一発勝負〜カヴァーズ』を2008年11月26日に発売、それと同時に新曲「パーティー絶叫!」を収録したキャリア初のベスト・アルバム『一網打尽〜ベスト』、ベスト・アルバムとカヴァー・アルバムをセットにした2枚組アルバム『一挙両得〜ベスト&カヴァーズ』も発売した。

人物[編集]

  • 1stアルバムのジャケットの撮影で鼻血を出した写真を撮影するために必要もないのに自ら壁に顔面を打ちつけた。しかし血の量が足りなかったため結局ブタの血を代用した。
  • 幼いころから学んでいたピアノの腕は現在でもライブで披露されるほか、ドラムも演奏することができる。
  • アメリカの幼児向けアニメ「マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜」が好きで、ファンイベントに何度も参加している[2][3]

バンドメンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • アイ・ゲット・ウェット〜パーティー・一直線!(I Get Wet2001年
  • 一匹狼(The Wolf2003年
  • 兄貴、危機一髪!(Close Calls With Brick Walls2006年
  • KISEKI(KISEKI2008年
  • 一網打尽〜ベスト(Premium Collection - The Very Best So Far2008年
  • 一発勝負〜カヴァーズPremium Collection - The Japan Covers2008年
  • 一挙両得〜ベスト&カヴァーズ(Premium Collection2008年
  • ガンダム・ロック(Gundam Rock2009年

主な出演番組[編集]

レギュラー番組[編集]

ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アンドリューW.K.、GReeeeNから羞恥心、鼠先輩まで猛烈摂取、BARKS、2008年7月23日。
  2. ^ Andrew W.K. Feels the Love at 'My Little Pony' Convention”. Rolling Stone. 2015年9月2日閲覧。
  3. ^ News: ANDREW TO GIVE LECTURE AT MY LITTLE PONY CONVENTION 2012!”. Andrew W.K. (2012年6月12日). 2012年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]