オビチュアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オビチュアリー
OBITUARY
Hellfest2017Obituary 03.jpg
フランス・クリソン公演 (2017年6月)
基本情報
別名 Executioner (1984-1986)
Xecutioner (1986-1988)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
ジャンル デスメタル[1][2][3]
ヘヴィメタル[3]
活動期間 1984年 - 1997年
2003年 - 現在
レーベル ロードランナー・レコード
キャンドルライト・レコード
リラプス・レコード
公式サイト obituary.cc
メンバー ジョン・ターディ (ボーカル)
トレヴァー・ペレス (リズムギター)
ケニー・アンドルース (リードギター)
テリー・バトラー (ベース)
ドナルド・ターディ (ドラムス)
旧メンバー マーク・ヴィト (ギター)
アレン・ウェスト (リードギター)
ジェリー・ティッドウェル (ギター)
JP・シャルティエ (ギター)
ジェームズ・マーフィー(リードギター)
ラルフ・サントーラ (ギター)
ジェローム・グレイブル (ベース)
ダニエル・タッカー (ベース)
フランク・ワトキンス (ベース)

オビチュアリーOBITUARY)は、アメリカ合衆国出身のデスメタルバンド

同スタイルの形成初期から活動する、先駆的グループの一つ。一度解散したが、2003年より活動を再開した。

概要[編集]

デス」「モービッド・エンジェル」「ディーサイド」らと共にフロリダを中心に活動を行い、「カンニバル・コープス」「サフォケイション」「マルヴォレント・クリエイション」らニューヨーク勢と共に、1990年代初頭の米デスメタルシーンの創生期を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。

また彼らがレコーディングに使用したタンパのモリサウンドと、そこを拠点に活躍していたプロデューサースコット・バーンスが作り出すサウンドは、世界中のデスメタルバンドの憧れになり、各国のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。

グルーヴィなミドルパートを基本とし、曲の半ばでスラッシュメタル風のファストパートになだれこむスタイルが特徴。

略歴[編集]

カナダ・トロント公演 (2009年4月)

1984年に「Executioner」(エクゼキューショナー)の名前で結成。1986年、更に綴りを「Xecutioner」に変更。

1988年ロードランナーと契約するが、その際にバンド名を現行の「OBITUARY」(オビチュアリー)に改名する(ボストンに同名のスラッシュメタルバンドが存在したため)。

1992年、初来日公演。

1997年に解散するが、2003年から活動を再開。

2008年、HR/HMフェス『LOUD PARK』にて来日公演[4]

2013年、5年ぶりの来日公演[5]

2017年、10作目の節目となるセルフタイトルのオリジナル・アルバム『Obituary』を発表[6]

備考[編集]

  • 今まで出たどのアルバムにも歌詞カードがついていない。ボーカルのジョン・ターディによれば意味の無い言葉で構成されているとのこと。
  • 1992年に海外のデスメタル・バンドとして初めて来日公演を行った。(川崎クラブチッタ、サポートはSHELLSHOCK)。但し1989年にグラインド・コアバンドの「ナパーム・デス」が来日公演を行っている。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル・アルバム
ライブ・アルバム
コンピレーション

脚注[編集]

外部リンク[編集]