アンディ・アロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンディ・アロー
Andy Allo - Gruenspan 2013.jpg
ハンブルクGruenspanで演奏するアンディ・アロー
基本情報
生誕 (1989-01-13) 1989年1月13日(29歳)
バメンダ, 北西州, カメルーン
ジャンル ファンク, ソウルミュージック, ネオ・ソウル, リズム・アンド・ブルース, ポップ・ミュージック
職業 俳優, ミュージシャン, モデル, シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル, ギター, ピアノ
共同作業者 プリンス
公式サイト www.andyallo.com

アンディ・アロー(Andy Allo, 1989年1月13日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライターギタリスト俳優[1]カメルーンバメンダ出身[2]

アンディはコメディドラマシリーズのThe Game[3]トークショーAttack of the Show![4]への出演や、トークショーのジミー・キンメル・ライブ!での音楽のパフォーマンスで知られている[5]2017年までに5つのアルバムを発表しており[6][7]、「Hello」はプレッジミュージック英語版から資金の提供を受けている[8][9]

経歴[編集]

若年期と学歴[編集]

カメルーン北西州のバメンダで、5人兄妹の末っ子として生まれた[2]。父は生態学者である[10][11]。早くから音楽への関心を持っており、母はアンディが7歳のときにギターの演奏を教えた。カメルーンのPNEU school Bamendaにも通った[2]。アンディは米国とカメルーンの二重国籍であり、12歳のときに姉のSuzanneと共に米国のサクラメントへ移住し、他の3人の兄姉と合流した[12]

米国でのアンディの学校生活はサクラメントのArden Middle Schoolの7年生から始まり、2006年にEl Camino High Schoolを卒業した。その後、サクラメント郡の北部にあるAmerican River Community Collegeに通った[12]。その頃、アンディは自身のバンド「Allo and the Traffic Jam」を組み、チップを稼ぐためにサクラメントの22番通りとJストリートとの角で演奏をした[12]

キャリア[編集]

アンディは、2008年にサクラメントの都心部のFox & Goose Public Houseで行われた夜のオープンマイクにおいて、初めてのソロでの公演(ギグ)をした[12]2009年、自作の12曲を収めた自主制作の初めてのアルバム『UnFresh』をリリースした[13][14]。1曲目の「Dreamland」ではラッパーのBluが主演している[15]

ミュージシャンとしてのアンディの名声により、2011年プリンスのバンド「The New Power Generation」での歌手およびギタリストとなった[16]。ツアーの間、アンディはプリンスと作詞作曲を始め[17]、アンディのアルバムに収録されている「Superconductor」、「The Calm」、「Long Gone」の3曲を合作した[18][19]

2枚目のアルバム『Superconductor』は2012年11月20日にリリースされ、フランス英国・米国のAmazon.comソウルR&Bのチャートで1位となった[20][21]。同アルバムにはメイシオ・パーカートロンボーン・ショーティ英語版も出演している。

2014年10月にシングルの「Tongue Tied」をリリースした。プレッジミュージックから資金を提供された「Hello」を2015年4月にリリースした。同年、カヴァーのプロジェクトでプリンスとコラボした[22]

2017年ルビー・ローズと共に映画ピッチ・パーフェクト3」にSerenityという役名で出演し、Evermoistというバンドのメンバーを演じた。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Daily Feed with Andy Allo 4.22.11”. G4 TV (2011年4月22日). 2013年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c Andy Allo Bio”. 2018年2月9日閲覧。
  3. ^ Andy Allo – Filmopgraphy”. Internet Movie Database. 2013年1月5日閲覧。
  4. ^ Full cast crew”. Internet Movie Database. 2013年1月5日閲覧。
  5. ^ Chanel, Paris (2013年4月1日). “WATCH: Andy Allo Performs "People Pleaser" On Jimmy Kimmel Live”. www.thevinylbridge.com. 2016年10月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Andy Allo - Music”. 2018年2月9日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Andy AlloのDiscogsにおけるディスコグラフィ”. Discogs. 2018年2月9日閲覧。
  8. ^ Andy Allo”. Last FM. 2013年1月5日閲覧。
  9. ^ Andy Allo”. SoundCloud. 2015年5月18日閲覧。
  10. ^ Darden, Jenee (2010年1月26日). “Cocoa Fly: You Need To Know.... Andy Allo”. www.cocoafly.com. 2016年5月1日閲覧。
  11. ^ Echenique, Jeannie (1979年9月12日). “Business, pleasure, bring African to Lodi”. news.google.com. Lodi News-Sentinel. 2016年5月1日閲覧。
  12. ^ a b c d Towne, Stephanie (2012年8月). “A profile of singer-songwriter Andy Allo”. sactownmag.com. Sactown Magazine. 2016年5月1日閲覧。
  13. ^ Bounce-Worthy: Andy Allo”. www.soulbounce.com. 2013年1月5日閲覧。
  14. ^ “Andy Allo - Unfresh (2009) (Review)”. SoulTracks - Soul Music Biographies, News and Reviews. (2009年12月21日). http://www.soultracks.com/review-andy-allo-unfresh 2016年10月15日閲覧。 
  15. ^ iRock Jazz”. irockjazz.com. 2016年4月21日閲覧。
  16. ^ Andy Allo Listening Party, Sun, 9/23 @ Chicago House of Blues w/Special Guests New Power Generation Band”. Prince.org. 2013年1月5日閲覧。
  17. ^ Ramirez, by Erika (2013年3月26日). “Andy Allo Talks Working With Prince, Performs Two Songs”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/columns/the-juice/1554479/andy-allo-talks-working-with-prince-performs-two-songs 2016年10月15日閲覧。 
  18. ^ [Interview Andy Allo: Prince's Protégé Comes into Her Own]”. Ebony. 2013年1月5日閲覧。
  19. ^ Andy Allo on New Album and Working with Prince & The New Power Generation”. LifeandTimes.com (2012年11月9日). 2013年1月5日閲覧。
  20. ^ Prince Protégé Andy Allo Tops Amazon Charts with Superconductor”. www.noise11.com. 2016年4月21日閲覧。
  21. ^ Andy Allo Tops Amazon Charts with "Superconductor"”. www.drfunkenberry.com (2012年11月21日). 2013年1月5日閲覧。
  22. ^ Petridis, Alexis (2015年11月12日). “Prince: ‘Transcendence. That's what you want. When that happens – Oh, boy'” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/music/2015/nov/12/prince-interview-paisley-park-studios-minneapolis 2016年5月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]